転職したい人がやるべきこと

転職の面接でよく聞かれる質問集!元中途採用担当者がポイントを解説

転職活動が進むと、面接の対策を進めることになります。

面接は新卒の時に対策をしたから大丈夫と思っている方は要注意。

実は新卒と中途の面接では質問の内容が変わります。

そのため、転職の際には改めて面接の対策をすることをおすすめします。

本記事では、新卒と中途両方の採用経験がある筆者が、面接でよく聞かれる質問とポイントについて解説します。

転職活動は面接が重要

転職活動は面接が重要

転職活動では、面接を重視される傾向にあります。

それは、直接話をする中で、初めて一緒に働くことができるかを判断できるからでしょう。

書類で輝かしいキャリアがあったとしても、コミュニケーションがうまくとれないと困ることもあります。

また、書類では伝わらない良さが伝わってくることも。

仕事では人と人との関わりがあることがほとんど。

そのため、面接は人材を見極めるために重要視している企業が多いのです。

よく聞かれる質問

よく聞かれる質問

まずは、転職の際にどんな人でも聞かれる質問をお5つピックアップしました。

どれも聞かれる頻度が高いので、しっかりと考えを整理しておくことをおすすめします。

よく聞かれる質問
  • 「なぜ転職をしようと思ったのですか?」
  • 「今までの経歴を教えて下さい」
  • 「前職の退職理由を聞かせてください」
  • 「弊社(法人)の選考を受けようと思った理由を教えて下さい」
  • 「同業他社ではなく弊社を受けようと思ったのはなぜですか?」
  • 「転職活動の状況を教えて下さい」

よくある質問の意図を理解し、どんな回答をするのが良いかを順番に見ていきましょう。

「なぜ転職をしようと思ったのですか?」

転職の理由については、必ず尋ねます。

ここで採用担当者が見ているのは、「転職がポジティブな理由から行われているか」です。

仮にここでネガティブな理由を話した場合には、入社後またすぐに転職してしまうかもしれないという不安を採用担当者に与えてしまうでしょう。

そのため、ネガティブな転職理由であってもポジティブに変換して話すことをおすすめします。

「今までの経歴を教えて下さい」

この質問では、会社で活躍できる人材かを判断しています。

中途採用では、どんなスキルの人材がほしいかが明確になっていることがほとんどです。

そのため、応募者が会社とマッチングするかを見ています。

面接の対策としては、自分の能力が会社の求める能力とどう結びつくのかを整理しておくことをおすすめします。

必ずしも完璧に一致している必要はありません。

しかし、会社の求める力を理解して経歴を話すことで、より採用担当者に響くアピールができるでしょう。

「前職の退職理由を聞かせてください」

採用担当者としては、前職の退職理由は気になるものです。

採用にもコストがかかるため、できるだけ長く働いてほしいと考えている担当者がほとんど。

そのため、この質問は「自社も同じ理由で辞めないだろうか」、「長く働ける人材だろうか」という意図でしています。

面接の中では、ポジティブな退職理由を伝えるとよいでしょう。

ここは転職のきっかけと同じになっても構いません。

「弊社(法人)の選考を受けようと思った理由を教えて下さい」

この質問では、会社の事業内容やビジョンを理解しているかを尋ねています。

そのため、事前に会社について調べておくとよいでしょう。

その会社を受けるのには、何か惹かれるところがあったはずです。

理由を箇条書きなどにして整理するとよいでしょう。

「同業他社ではなく弊社を受けようと思ったのはなぜですか?」

先程の質問に対して深堀りして聞かれることが多いのがこの質問。

会社の魅力を同業他社と比較して伝える必要があります。

業界から見た応募先の立ち位置や、応募先ならではの魅力について整理をしておくと答えやすくなります。

正解があるわけではないので、自分なりに業界内で比較して思ったことを伝えるとよいでしょう。

「転職活動の状況を教えて下さい」

面接の終盤で聞かれることが多いのがこの質問です。

これは、転職活動に一貫性があるのかや内定辞退の可能性を確認する意味で質問をしていることが多いです。

そのため、他社を受けている場合には伝えても問題がありません。

その際には、具体的な社名は避けて伝えるとよいでしょう。

業界を絞らずに受けている場合には、面接している企業と同じ業界のみの選考状況を伝えることをおすすめします。

そして、不採用になったものはあえて伝える必要はありません。

今現在選考中のものや内定の状況だけ伝えれば十分です。

また、企業の志望度について聞かれることもあると思います。

その際には、第一志望と嘘をつく必要はありませんが、志望度の高さを強調しておくと担当者も安心するでしょう。

まとめ

まとめ

今回は、中途採用の面接でよく聞かれる質問とそのポイントを紹介しました。

記事の中でとりあげたものは、どんなキャリアだったとしても聞かれる定番のものです。

最低限おさえたほうがよいものについてまとめたので、面接直前に再度確認するとよいでしょう。

面接では、自分の気持ちをはっきりと伝えることが大切です。

自信がなさそうに伝えると、採用担当者も「隠し事があるのでは」と怪しんでしまいます。

事前に考えをまとめておき、自信をもって本番に臨めるようにしましょう。

\IT業界×転職で年収UP/
マイナビITエージェント

転職するならIT業界を選ぶのがおすすめです。

そして、IT業界の転職はIT特化型のエージェントを使うのが鉄則です。

人材大手のマイナビのITエージェントなら年収アップ期待度が非常に高いので、使わない理由がありません。

今すぐ無料で登録し、自分にあったキャリアプランを相談しましょう!

1日1ポチの協力お願いします!
今年ガチコリ稼げるおすすめ副業17選と稼ぐコツをまとめて解説!
おすすめ副業一覧
ガチコリ稼ぎやすい副業と稼ぎ方を公開!
おすすめの副業はコチラ