副業FX

【最新】XMの出金方法は5つ!それぞれの特徴や手数料は?

海外FX業者を利用するときにどうしても不安になるのが出金についてです。

「ちゃんと引き出せるのか?」「出金拒否などトラブルはないのか」といったことに関する不安がある人もいるでしょう。

しかし、そんな不安がなく安心して利用できるのがXMです。

XMは出金トラブルもなくユーザーレビューの評価が非常に高いサイトです。

そんな優良海外FXサイトであるXMの「出金方法」について、この記事では詳しく紹介をしていきます。

それぞれの出金方法に関する手数料や特徴などをご覧いただけますので、ぜひ口座開設前という方でも先にチェックしておいてください。

解説ポイント
  • XMの出金方法は5つ
  • XMそれぞれの出金方法に関する特徴と手数料
  • 出金する際の注意点

また、XMでは5つの出金方法を用意していますが、出金をする際には入金した方法も関係してきます。

そうした入金方法と出金方法に関する関係性についてもご紹介していますので、あらかじめよく理解しておくようにしましょう。

XMの出金方法は5つ

ここではまずXMで利用可能な出金方法というものをご紹介していきます。

出金方法を事前にチェックするのは海外FX業者を選ぶ上で当然のことです。

利益が自分の口座に入ってこなければ意味がありませんので、国内の口座にちゃんと振り込まれるのかどうかということはしっかりと確認しておいてください。

XMの出金方法について
  • XMでは出金方法を5つ用意
  • XMで出金をするには
  • XMで出金をするときにはボーナスクレジットに注意

なお、XMの出金には少しややこしいルールがあります。

海外FX業者を利用している人でも間違える部分がありますので、そうした疑問点をこの記事でクリアな状態にしていってください。

XMでは出金方法を5つ用意

現在のところ、XMで利用ができる出金方法というのは以下の5つとなっています。

XMの出金方法
  • 国内銀行への出金(海外送金)
  • クレジットカード
  • ビットウォレット
  • スティックペイ
  • BXONE

なお、先に結論を申し上げておきますが、XMで利益が出金できるのは「海外送金だけ」です。

ほかの出金方法に関しては「返金処理」といった意味合いが強く、実際にFXで儲けた場合はほとんど使うことがありません。

そのため、「入金はクレジットカードや電子マネー、出金は海外送金」という形を基本として覚えておいてください。

しかし、XMの口座開設をして間もないうちは自分の資金を行ったり来たりさせることもありますので、ちゃんとその返金処理の仕方についても学んでおいた方が得策です。

この記事ではそうしたビギナーのための出金知識というものもご紹介しています。

XMで出金をするには

XMで出金の申請をおこなうには「口座の有効化」をしなければいけません。

この口座の有効化については本サイトの他ページで詳しく解説していますので、そちらを参照ください。(XMボーナスのリンクを参照)

なお、簡単にこの口座の有効化について説明しますと「本人確認書類を提出してXM側に認めてもらう」だけです。

XM口座有効化に必要な書類(本人確認書類)
  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 写真付き住基カード
  • 外国人登録証/在留カード
  • 障害者手帳
XM口座有効化に必要な書類(住所証明書)
  • 公共料金請求書/領収書(電気・ガス・水道など)
  • 電話料金明細書/領収書
  • クレジットカード・銀行明細書/領収書
  • 住民票
  • 納税関係書類
  • 健康保険証

XMに提出が認められている書類は上記のカテゴリーから一通ずつとなっています。

口座開設をする前にも準備をしておくとスムーズですので、あらかじめ用意をしておきましょう。

なお、書類をアップロードしたあとは数時間後にXM側からメールが届くのを待つだけです。

僕のときはだいたい3時間くらいで本人確認が完了し、出金が可能となりました。

XMで出金をするときにはボーナスクレジットに注意

XMには各種ボーナスというものがあります。

このボーナスの種類は、入金をしたら貰えるものや取引ごとにポイントが加算されるものなど様々です。

ボーナスは自分のアカウント内の口座にクレジットとして貯まっていきます。

有効証拠金として利用が可能で、口座の全体の残高にも関係してくる金額です。

ただし、このボーナスというのは出金が出来ません。

しかも、口座に残っている現金を出金しようとすると、引き出したお金と同じ割合のボーナスクレジットが消失する仕組みとなっています。

たとえば現金を5万円入金して、100%入金ボーナスを5万円受け取ったとしましょう。

このとき、アカウント内の残高は「現金:5万円、クレジット:5万円」と表示されます。

そして、このあと残念ながら1万円を投資で失ったとすると残高表示は現金から先に引かれていきますので「現金:4万円、クレジット:5万円」となるわけですね。

この状態で現金残高の50%である2万円を出金すると、クレジットからも同じだけの割合の金額が消失します。

つまり、このときの残高表示は「現金:2万円、クレジット:2万5千円」です。

もちろん、失われたボーナスというのは戻ってきません。

そのため、出金をするときにはボーナスクレジットの残高をよく見ておくことが必要です。

XMそれぞれの出金方法に関する特徴と手数料

次はXMで利用が可能な5つの出金方法について解説していきます。

5つの出金方法というのは先ほどもご覧いただいた海外送金とクレジットカード、そして電子マネー3種類です。

出金方法出金手数料着金までの時間最低出金額出金限度額
海外電信送金無料※2~5営業日以内10,000円
(20,000円以上推奨)
上限なし
クレジット/デビットカード無料最大2ヶ月500円入金額と同額まで
ビットウォレット無料即時~24時間以内500円入金額と同額まで
スティックペイ無料即時~24時間以内500円入金額と同額まで
BXONE無料即時~24時間以内500円入金額と同額まで

(430)

ご覧のようにXMでは出金をするのに手数料は掛かりません。

しかし、これはあくまで名目上だけで実際には手数料というものが存在します。

出金方法ごとの特徴や手数料
  • 銀行送金
  • クレジットカード
  • ビットウォレット(bitwallet)
  • スティックペイ(STICPAY)
  • ビーエックスワン(BXONE)

ここからは実際にXMで出金をおこなうことで発生する手数料なども含めて、各出金方法を詳しく解説していきます。

出金における知識がないと思わぬ損を被ることもありますので、よくチェックしておいてください。

銀行送金について

まずは出金方法においてもっとも重要な銀行送金について見ていきましょう。
(なお、一番覚えることも多いので要チェック)

最近では海外FXで利益を得た場合、この海外送金によって自分の国内銀行にお金を振り込んでもらうという形が主流となってきています。

というのも、クレジットカードや電子マネーへの出金が「マネーロンダリング」の温床となっていることが指摘され実質的には使えなくなってきているからです。

これは日本のみならず世界規模で懸念されている部分ですので、どうしようもありません。

特に日本企業から発行されているクレジットカードに関しては、出金用のツールとしてもう使えないと考えていいでしょう。

そのため「海外FXで利益を得たら、海外送金で自分の口座に振り込んでもらう」というのが基本と覚えておいてください。

そんな海外送金での出金ですが、XMにおける内容と特徴をまとめてみました。

海外送金の特徴
  • 最低出金額は1万円から、しかし実際には2万円以上が推奨される
  • 手数料は名目上では無料だが、着金までの間には最低2,500円~5,000円の手数料が掛かる
  • 着金までの時間は平均3日
  • 利用できない国内銀行もある
  • 銀行への出金は日本円もしくはユーロのみ

それではこれらの特徴を上から順番に説明していきたいと思います。

まず、最低出金額ですがXMでは1万円と設定されているので、現金残高が1万円以上であれば出金が可能です。

もちろんこの数字にクレジットは含まれません。

そのため、口座の有効証拠金合計額ではなく、現金残高を見てください。

なお、1万円から出金をすることは可能ですが、実質的な手数料を考えると2万円以上からの出金がおすすめです。

次に、上記の手数料という問題について説明を加えていきます。

XMでは海外送金をおこなう際に「XM」⇒「仲介銀行」⇒「ユーザーの国内口座」という手順でお金を振り込むようになっています。

このとき、XMから仲介する海外の銀行、そしてそこから自分の国内銀行口座にお金が動くときに必ず手数料が発生します。

これがユーザーの払うことになる手数料です。

XMにお金を払っているわけではないので手数料はゼロ円とされていますが、本質的には手数料が掛かるということになりますね。

ちなみに、分かりづらいのですがXMから仲介銀行に資金を移動させる際に発生する最低限の手数料はXMが負担しています。
(そもそもXM側が支払うべき手数料のため)

そして、気になるこちら側負担の手数料の金額ですが、これは受け取りを指定する銀行口座によって異なります。

最低で2,500円が掛かり、あとは受け取る銀行ごとの手数料をプラスするといったイメージです。

【銀行送金で発生する手数料】
最低2,500円(送金額の0.05%):リフティングチャージ(円為替取引手数料)+被仕向送金手数料=支払う手数料

こちらが実際に掛かる手数料の計算式ですが、後者の被仕向送金手数料というものが銀行ごとで異なる手数料のことです。

なお、XMからの海外送金が受け取り可能な銀行の中から、一例として手数料の表をご紹介しておきます。

銀行名被仕向送金手数料
沖縄銀行¥3,000
みずほ銀行¥2,500
住信SBIネット銀行¥2,500
西日本シティ銀行¥2,500
楽天銀行(個人口座)¥2,450
楽天銀行(法人ビジネス口座)¥2,000
りそな銀行¥1,500
横浜銀行¥1,500
埼玉りそな銀行¥1,500
三井住友銀行¥1,500
三菱東京UFJ銀行¥1,500
福岡銀行¥1,500
北海道銀行¥1,500
北洋銀行¥1,500
ソニー銀行¥0

(320)

ご覧のようにソニー銀行であれば最低限の手数料で出金をすることができます。

あとはメガバンクであれば三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行ですね。

2つの手数料を足して合計が4,000円ですので、ギリギリといったところでしょうか。

そして次に気になる着金までの時間ですが、こちらは2~5日ほどとされています。

これも利用する銀行によって異なりますが、平均して3日と考えてもらえればOKです。

ただし、土日や祝日などを挟む場合は着金までの時間が少し伸びることを理解しておいてください。

また、先ほど触れた「受け取りに使えない銀行」についてですが、「XM公式HP マイアカウント内」の銀行送金ページには以下のように書かれています。(2020年3月時点)

“海外送金の受入れを行っていない下記の銀行への出金処理はできかねますのでご注意ください: ゆうちょ銀行、じぶん銀行、ジャパンネット銀行、新生銀行、みずほ銀行(インターネット支店のみ)”

引用:XM出金ページ
https://my.xmtrading.com/jp/payment/withdrawal/japanbanks/japanbanks

見やすくすると以下の銀行が使えないということになります。

XMで出金に使えない銀行
  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行
  • みずほ銀行のインターネット支店

もし現在自分が使っている口座が上記のものであれば、思い切ってソニー銀行の口座を新しく開設することをおすすめします。

最後に、XMから海外銀行を経由しての送金では日本円かユーロにしか換算できませんので、そちらも覚えておいてください。

ドル建ての口座を作る場合は、為替を変換する際の差額なども計算に入れておきましょう。

クレジットカードについて

次にクレジットカードへの出金についてご紹介していきます。

こちらは最初にも触れたように「出金」ではなく、「返金処理」に近い意味合いを持っています。

そのた、入金した金額以上のお金をクレジットカードに戻すことは出来ません。

また、現在のところXMではVISAとJCBの2つが入金に使えますが、JCBのクレジットカードには返金処理が出来ないようになっています。

そう考えるとJCBのカードは使い勝手が悪いように思えますが、実は海外送金扱いになってくれる方が着金までのスピードが早いので「実は便利」という見方もできます。

なお、JCBの場合は最低入金額が1万円からとなっていますので、入金条件としては銀行からの入金と変わりません。

このことを踏まえると「JCBのクレジットカードで入金(反映は即時)、出金は海外送金扱いにする(着金までの時間は平均3日ほど)」という方法がもっとも効率的と言えそうです。

(ただ、XMの入金に対応しているJCBのクレジットカードというのは数が少ないとされていますので、限られた人しか使えない方法ではありますが)

こうした基本情報を踏まえた上で、クレジットカードへの出金に関する特徴を見ていきます。

クレジットカード出金の特徴
  • 入金額と同一額までしたお金を引き出せない
  • JCBは出金不可
  • 最低出金額は500円から
  • 手数料はいっさいナシ
  • 着金までに時間が掛かるケースもある

こちらがクレジットカードへの出金に関する主な特徴です。

上2つは説明をしましたので、最低出金額から解説していきます。

クレジットカードへの出金は500円から可能なので、自分のXMアカウント内口座に現金残高が500円以上あれば出金できるようになっています。

ただし、これはあくまで入金にクレジットカードを用いた場合のみです。

そのため、銀行からの入金で投資資金を用立てた場合はこの出金方法は使えません。

なお、クレジットカードへの出金には手数料が掛からないので、入金額を引き出すには非常にありがたいです。

しかし、クレジットカードへの返金処理(出金)というのはカード会社によって対応時間がまちまちです。

VISA発行会社着金までの平均的な日数
ジャパネット銀行デビッド3日
スルガ銀行デビッド
りそな銀行デビッド4日
楽天銀行デビッド7日
スルガ銀行VISA
その他VISAカード全般およそ1ヶ月
楽天VISAカードおよそ2ヶ月

(200)

ご覧のようにクレジットカードへの出金には時間が掛かる会社もあります。

そのため、すぐにお金を戻したいというときには正直かなり不便です。

そこで利用したいのが先ほどの「JCBで入金をして海外送金扱いにする」という方法です。

この方法なら着金までのタイムロスを多少は軽減させられますので、賢く使ってみてください。

ただ、実はクレジットカードでの入出金では「入金から3ヶ月以上経過した場合、元のカードに返金ができない」という会社があることも覚えておく必要があります。
(この期間は会社によって異なるようですので、サポートデスクまで問い合わせてみてください)

そうなると自動的にクレジットカードで入金した金額が銀行送金扱いのお金となりますので、ユーザーとしてはありがたい状況とも言えます。

そのため、ひとまず3ヶ月以上の間は資金を保たせるという考えも頭に入れておくと良いでしょう。

ビットウォレット(bitwallet)について

ビットウォレットは電子マネー系の出金方法の中でもっとも手数料が安いです。

また、着金が確認されるまでの時間も即時~1日以内となっていますので、資金をほかの投資に使いたいときにも便利な方法となっています。

ビットウォレット出金の特徴
  • 最大出金額は入金額まで
  • 手数料は一律824円
  • 着金までのスピードが早い
  • 円建ての口座のみ対応
  • 出金までの手順が分かりやすい

こちらがビットウォレットを利用して出金する際の特徴です。

実は、以前はビットウォレットに利益分も出金ができる仕様だったのですが、2019年の途中から入金額までという制限が出来ました。

それでもXM側に支払う手数料はゼロ円ですし、ビットウォレットから自分の口座にお金を引き出すときも手数料が一律で824円というのは非常にありがたいです。

ちなみにXMからビットウォレットまでの着金は即日ですが、そこから自分の口座にお金を戻すときには2日~3日ほどの時間が掛かります。

もちろんXMからビットウォレットに資金を移動し、ほかの投資用サイトに入金するといったときにはすぐできますので、トータルで考えると便利な電子マネー決済方法であることには違いありません。

ただし、XMでこのビットウォレットを利用できるのは日本円建て口座のみです。

そのため、ユーロ建て・ドル建て口座には使えませんのでご注意ください。

なお、ビットウォレットへの出金方法というのは「マイアカウント」⇒「出金」⇒「ビットウォレット」⇒「出金申請(リクエスト)」⇒「実行」といった形です。

リクエストした金額に問題がなければすぐに出金完了のお知らせが届きますので、自分のビットウォレットアカウントを確認しましょう。

あとはビットウォレットから自分の国内銀行口座に出金を依頼すれば利益の引き出しは完了です。

手続きの方法や着金までの時間を考えると、銀行送金以外ではもっとも簡単な出金方法となっています。

スティックペイ(STICPAY)について

スティックペイもビットウォレットと同様の電子マネー決済方法のひとつです。

内容としてもほぼビットウォレットと同じで、「入金額までなら出金可」「着金までのスピードが早い」といった特徴を持っています。

ただし、ビットウォレットと異なるのは手数料の金額です。

XMからスティックペイへの出金手数料はXM側が負担してくれますが、スティックペイから自分の口座にお金を戻すには手数料が発生します。

スティックペイ出金の特徴
  • 出金できる金額は入金額まで
  • 自分の口座までの着金スピードは2日以内
  • 手数料が「800円+出金額の1.5%」かかる

こちらがXMからスティックペイを経由して出金するときの主な特徴です。

まず出金額は先ほども触れたようにスティックペイで入金した金額までとなっています。

なお、スティックペイから自分の口座にお金を戻すときの最大出金可能額は現在のところ990,000円までです。

また、最小出金可能額は3,000円からとなっていますので覚えておきましょう。
(2020年3月時点)

XMから出金するときはスティックペイまでの反映スピードは即時、そこから自分の口座に反映されるまでが1~2日となります。

この点はビットウォレットよりもやや勝っていると言えます。

次に手数料についてです。

ビットウォレットでは一律824円でしたが、スティックペイの場合は出金額にパーセンテージが掛かってきます。

そのため、出金する金額が高くなればなるほどスティックペイの手数料負担は大きくなります。

スティックペイとビットウォレットの手数料負担額を比較
  • それぞれ1万円を出金する場合
  • スティックペイ:800円+150円(1万円×1.5%)=950円
  • ビットウォレット:一律824円

ご覧のように1万円を出金するだけでもビットウォレットより出金手数料が高くなることが分かります。

これが仮に10万円だったとしたら「800円+1,500円(10万円×1.5%)=2,300円」です。

ほぼビットウォレットで3回分の出金手数料となりますので、長期的に見てどちらがお得かは一目瞭然でしょう。

こうした手数料から見ても、僕の個人的な意見としては電子マネーを使うならビットウォレットに軍配が上がります。

ただし、今後スティックペイの手数料やサービスが改善された場合、やはり着金までのスピードが早いというのは魅力的ですのでスティックペイのユーザーというのも増えるかもしれませんね。

なお、XMからスティックペイに出金するための手順はビットウォレットと同様です。

「マイアカウント」⇒「出金」⇒「スティックペイ」⇒「出金額を入力」⇒「リクエスト」⇒「実行」

こちらも基本的にはすぐにXM側から着金完了のお知らせが届きますので、スティックペイの画面でお金が反映されているかを確認してください。

ビーエックスワン(BXONE)について

ビーエックスワン(以下BXONE)は2019年から採用され始めた新しい電子マネー決済方法です。

ただし、まだまだ欠点が多く、あまり実用的であるとはいいがたい部分があります。

BXONE出金の特徴
  • 出金は入金額まで
  • 手数料は最低2,000円から
  • 着金スピードが遅い
  • 柔軟な仮想通貨への対応力

先にBXONEの良いところを解説しておきますと、BXONEは仮想通貨をメインに取り扱うには優れた電子マネー決済方法です。

そのため、おそらくXMとしては仮想通貨FXユーザーを取り込むためにこのBXONEの採用を決めたと考えられています。

というのも、XMでは過去に仮想通貨取引も扱っていました。

しかし、2019年の途中から理由不明のまま仮想通貨取引の扱いを中止しています。

どういった方針で仮想通貨の取引をやめているかは分からないものの、今後はまた仮想通貨の取り扱いを再開してくるはずですから、そのとき用の決済方法としてBXONEを導入しているのでしょう。

ただし、普通のFX取引をするだけであればあまりBXONEに魅力を感じないというのが正直な意見です。

ほかの出金方法と同様に利益分の引き出しも不可ですし、さらに手数料も最低2,000円が掛かります。
(出金額の1%が本来の手数料ですが、それに満たない場合は2,000円を払うことになります)

また、自分の口座までの着金スピードもほかの電子マネーより遅いため、いまのところはあまり使えるものではないと言えるでしょう。

XMで出金する際の注意点

XMで用意されているそれぞれの出金方法の特徴をまとめたところで、最後に出金に関する注意点や疑問を解消していきたいと思います。

XMで出金をする際の注意点
  • 不当な行為をおこなうと出金できないケースがある
  • 着金までの時間は目安であることを覚えておく

海外FXを利用していると、どの業者にも「出金拒否された」というネガティブな噂があることを知ります。

しかし、その大半は出金を拒否されるような禁止行為をユーザー側が働いた結果だったりします。

実際に利益が出たのに「出金ができない…」などということになったら最悪ですから、よくこの注意点を確認してから取引に臨むようにしてください。

不当な行為をおこなうと出金できないケースがある

XMに限らず、海外FXでは禁止行為というものが設けられています。

その禁止行為をユーザーがおこなうと必然的に「出金拒否」をされるようになるわけですが、こうした悪質なユーザーがいるため各FXサイトには「あそこのサイトは出金拒否されるからやめたほうがいい」などという噂が出回るのです。

もちろんXMにも出金拒否をされたというネガティブな意見があるようですが、それは上記のようなことが原因であると断言をしておきます。

基本的にXMは不当な出金拒否などおこないません。

しかし、知らない間に禁止行為に抵触をしている場合もありますので、事前に禁止されている取引内容などをよく確認しておきましょう。

XMで禁止されている取引や行為
  • アービトラージ取引
  • 接続の遅延を利用しての取引
  • 指標発表時や窓開けを利用したハイレバレッジトレード
  • XM内の複数口座間における両建て
  • XM以外のFX業者の口座を使っての両建て
  • 複数人のグループによっておこなう両建てに準ずる行為

こちらがXMで禁止されている取引や行為の一覧です。

公式のホームページにも記載されているので間違いはありません。

なお、この中でうっかりやってしまいそうな禁止行為というのは「両建て」です。

XMでは別口座間での両建てやグループ間での両建て行為を禁止しています。

この両建てをおこなうと高確率で口座凍結や利益分の出金不可といった措置が取られますので注意しましょう。

ちなみに両建てというのは同一通貨ペアにおいて買いと売りの両方のポジションを取ることです。

同じ口座内でおこなう分には大丈夫なのですが、別口座間ではできないようになっています。

というのも、この両建てというのはほぼ必勝法とも言える取引方法だからです。

たとえばあなたがドル円の取引をするとして「A口座で10万円分の買い、B口座で10万円分の売り」をエントリーしたとします。
(このあと確実に為替レートが大きく動くと予想される場合)

このとき、仮にレートが大きく上がったとしたらA口座の勝ちとなり、B口座はロスカットによって10万円が消失することとなります。

しかし、B口座がロスカットされるほど為替レートが上がっているとすれば、A口座ではそれ以上の利益が出ることになるわけです。

こうすれば確実に利益を得ることができてしまうわけなので、禁止されているということですね。

複数の口座を持っていて多数のポジションにエントリーするときには、知らないうちにこの両建てになってしまうこともありますので注意しましょう。

もちろん、XMではこうした禁止行為さえしていなければスムーズに出金ができますので、安心して利用してください。

着金までの時間は目安であることを覚えておく

出金をする際に気になるのが着金までの時間です。

それぞれの出金方法における着金スピードも記載しておきましたが、それらはあくまで目安ですので、その旨を覚えておいてください。

また、着金スピードというのは出金する金額にも影響されます。

当然、金額が大きくなればなるほど「不正をしていないか?」というXM側からの確認が入りますし、海外送金する際にも銀行側から「これはどういった内容のお金なのか?」というチェックが入ります。

ちなみに僕は経験がありませんが、中には数千万円という利益を引き出すのに国内銀行から何度も確認をされたという人もいるようです。

これは海外からの不正なお金が流入しないようにするための措置なので仕方ありませんが、もし高額の利益が出るような場合はこまめに出金をした方が楽と言えそうです。

こうした知識もまた、海外FXをする上で必要な知識ですので覚えておいてください。

\借金リスクゼロの海外fx/
海外FXはXMTradingがおすすめ

国内のFXは手持ち資金以上の損失が発生し、借金を背負うリスクが伴います。

しかし、XMを始めとした海外FXは"ゼロカットシステム"が主流のため、手持ち資金以上のマイナスがでても借金となることがありません。

海外FXのXMがおすすめな理由
  1. 追証なしで借金リスクゼロ
  2. レバレッジ888倍で資金運用
  3. 豊富なボーナスで資金力UP

XMは海外FXでNo1の実績を誇り、国内業者よりも断然安心できるブローカー。

入金額と同額分のボーナスクレジットに加えて20%割増ボーナスを合わせ、入金した時点で運用できる資金が2倍以上になります。

ボーナス増加のキャンペーンが終わった後ではもったいないですよ。

1日1ポチの協力お願いします!