副業FX

【最新】XMの入金方法を総まとめ!特徴や手数料は?

このページでは、これからXMの口座開設をしようとしている人が抱える「どんな入金方法があるのだろう?」という疑問を解消していきます。

また、海外FX業者を利用するとき、最初に不安を覚えるのは「入金がちゃんと反映されるか?」という部分ですが、そちらに関しても反映スピードなどと共に解説をしていきます。

さらにそれぞれの入金方法における手数料や最低入金額、入金するときの注意点も見ていきますので合わせてご覧ください。

解説ポイント
  • XMの入金方法は5つ
  • それぞれの入金方法の特徴
  • 入金する際の注意点

現在のところXMが用意する入金方法は全部で5つです。

なお、海外FX業者というのは入金方法がその時期によって変わったりするのですが、こちらでご紹介しているのは最新版の情報となります。

どういった入金方法があり、実際にはどの入金方法を選ぶと良いのか?というポイントも抑えていますので、ぜひ参考にしてみてください。

XMの入金方法は5つ

入金方法の多彩さというのは海外FX業者を選ぶときにおけるひとつのポイントです。

というのも、限られた入金方法しかないと咄嗟の資金投入が間に合わず、投資のチャンスを逃してしまうことになるからです。

そんな大事な入金方法ですが、XMでは銀行入金から電子マネー決済まで5つの方法を用意してくれています。

XMの入金方法に関する基礎知識
  • XMの入金方法は5つある
  • XMで入金をするための準備
  • XMで入金をするときにはボーナスを賢く受け取ろう

ここではまず、XMの入金方法とその準備についてご紹介していきます。

また、入金をする際にはボーナスも確実にゲットしておいた方がいいので、その入金ボーナスの受け取り方についてもご覧ください。

XMの入金方法は5つある

XMで現在のところ利用できる入金方法は以下の5つです。

XMの入金方法
  • 国内銀行からの入金
  • クレジットカード(デビッドカードも可)
  • ビットウォレット
  • スティックペイ
  • BXONE

XMは日本人が主に使う「銀行からの入金」と「クレジットカードからの入金」に対応しています。

海外FX業者の中には日本国内の銀行から入金ができないというところもあるのですが、XMはその点をしっかりとカバーしてくれているところが優秀です。

もちろんネットバンクから入金をすることも可能ですので、わざわざ銀行窓口やATMに行かなくても基本的にはパソコン上だけで入金ができます。

また、最近では主流となりつつある電子マネー決済も3つ用意されているのですが、すでにこうした電子マネーの口座を持っている人からすると非常に便利です。

ちなみに今、ほかのFX業者でもよく導入されているのがビットウォレットですね。

ビットウォレットは手続きも簡単で、直接クレジットカードで入金できない海外サイトを利用するときにはかなり重宝します。

XMの口座開設を検討しているという方であれば、この機会にビットウォレットも登録をしておくといいでしょう。

XMで入金をするための準備

「XMの口座開設をしたばかり」という人が入金をする場合は、まずXMアカウント口座を有効化する必要があります。

というのも、口座開設をしただけではお金の出し入れができないからです。

口座の有効化というのは自分のアカウント内口座を入出金できる状態にすることなのですが、これには本人確認書類などが必要となります。

なお、この「口座の有効化」に関する詳しいやり方は別のページでもご紹介していますが、ここではひとまず事前に準備する書類だけまとめましたのでご覧ください。

XM口座有効化に必要な書類(本人確認書類)
  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 写真付き住基カード
  • 外国人登録証/在留カード
  • 障害者手帳
XM口座有効化に必要な書類(住所証明書)
  • 公共料金請求書/領収書(電気・ガス・水道など)
  • 電話料金明細書/領収書
  • クレジットカード・銀行明細書/領収書
  • 住民票
  • 納税関係書類
  • 健康保険証

上記の書類をそれぞれひとつ用意してXMにアップロードすれば本人確認が完了します。

口座が有効化されると自分のアカウントにお金を入れられるようになり、MT4やMT5にも入金した金額が反映されるようになります。

XMで入金をするときにはボーナスを賢く受け取ろう

入金をするための準備が整ったら用意されている5つの入金方法の中から好きなものを選び入金をおこなっていきます。

なお、この入金をするときに重要になってくるポイントというのが「入金ボーナス」です。

入金ボーナスというのは口座開設をしてから一定金額の間まで付与される「クレジット」のことなのですが、5万円までの入金であれば「入金したお金に対して100%」の金額がクレジットに反映されます。

この入金ボーナスを受け取るためには、まず口座開設段階で「ボーナスを受け取る」という確認項目にチェックを入れておくことが必要です。

また、入金ボーナスが反映されるのはスタンダード口座とマイクロ口座だけですので、最初の口座開設時はゼロ口座を選ばないようにしてください。

ちなみに、これらの「ボーナスを受け取るにチェック」「スタンダード口座・マイクロ口座を選ぶ」という部分だけ抑えておけば、あとは自動的にボーナスが付与されます。

ボーナスは入金が反映されたときと同じタイミングでアカウントに表示されますので、初回入金時にはこちらの確認も忘れないようにしましょう。

XMそれぞれの入金方法の特徴

それではXMで利用できる5つの入金方法の特徴を見ていきます。

まず、分かりやすいようにそれぞれの入金方法に関する基本事項を表にしてまとめました。

入金方法入金手数料最低入金金額入金限度額反映スピード
国内銀行送金無料10,000円1000万円1時間以内
クレジット(デビット)無料 500円or1万円 カード上限or75万円即時
Bitwallet無料500円基本無制限即時~1時間以内
STICPAY無料500円1日30万円まで即時~1時間以内
BXONE無料500円基本無制限即時~1時間以内

見て分かるように、基本的にXMでは入金手数料が掛かりません。
(※部分はのちほど解説)

これは非常に魅力的な部分であり、ユーザーが最初に利用するときの経済的かつ心理的なハードルを大幅に下げてくれています。

ただし、銀行からの入金に関しては注意する点がありますので、下記の詳細な説明文をご覧ください。

また、XMの優れている点は入金額に関してほとんど上限がないところです。

銀行からの入金の限度額が1000万円というところを見てもかなり融通が利く業者であることが分かると言えるでしょう。

入金方法ごとの特徴や違い
  • 銀行入金
  • クレジットカード
  • ビットウォレット(bitwallet)
  • スティックペイ(STICPAY)
  • ビーエックスワン(BXONE)

それではここから、それぞれの入金方法における特徴や詳細な情報をご覧ください。

銀行入金について

XMで用意されている入金方法の中でもっともおすすめなのがこちらの銀行からの入金です。

銀行からの入金というのは反映スピードにだけ少し難がありますが、時間に余裕を持っておけば何の問題もありません。

ただし、銀行から入金をする際には少し注意するべき点がありますので、詳しく解説をしていきます。

銀行入金をするときの注意点
  • 振込人の名義はローマ字で
  • 名前のあとには口座番号を入れる
  • 入金は1万円から

まず、銀行から入金をする場合は振込人の名義をローマ字にする必要があります。

例)田中太郎⇒TANAKA TARO

なお、このとき入力する名前というのは、「口座の有効化」のときに提出した本人確認書類と同一のものを選んでください。

(普通であれば名前が違うということはありませんが、結婚をして名字が変わったなどの場合がありますので)

そして次に、ローマ字で入力した名前のあとには「MT4/MT5」ごとに設定された口座番号も入力する必要があります。

この口座番号というのは7桁の数字です。

(有効化された自分のアカウントに表示される「残高」の隣に記載されている数字のこと)

ひとりで複数の口座を保有している場合は、それぞれに別の口座番号が割り振られています。

お金を入れたい口座の口座番号を入れないと、正しく反映がされませんのでご注意ください。

ちなみにこの口座番号を入れ忘れると反映までの時間が極端に遅くなります。

実際に僕は何度目かの入金のときにこの口座番号を入れ忘れて面倒なことになったので、銀行入金をメインに考えるのであれば振込人の名義を口座番号付きでICカードに記憶させておくことをおすすめします。

(通常1時間以内に反映されるところが3時間経っても反映されず、確認してみたら自分の口座番号入力漏れが見つかり手間が掛かりました。自業自得ながら面倒だったので、これを見ている方は注意してもらえればと思います)

なお、僕のように入金時に入力漏れなどがあった場合は、

support@xmtrading.com

こちらの宛先までメールを送ってください。

XMの日本語対応サポートデスクが迅速に対応してくれます。

僕がメールをしたときは数分で返信がきました。

自分のミスでしたが、XMの素早い対応が確認できたことはよかった点でもあります。

そして次の注意点ですが、銀行から入金をする場合は必ず1万円以上を振り込むようにしてください。

1万円以上を入金すれば、通常掛かる銀行振込手数料だけで済みます。

(こちらの金額は利用している銀行によって異なりますが、必ず掛かってしまう費用ですので仕方ありません。※~数百円程度)

1万円以下の入金をした場合は金額に関わらず980円の手数料が発生します。

ほぼ1,000円と考えると手数料としては高い部類に入りますので、無駄な出費を抑えるためにも1万円以上での入金がおすすめです。

ちなみに反映までのスピードは先ほども触れましたがおよそ1時間以内となっています。

なお、僕がこれまで銀行から入金をして、反映されるまでの平均時間は30分ほどです。

この反映スピードは海外FX業者の中でも早い方と言えるでしょう。

ただ、日本国内の銀行から振り込んだ場合、土日および祝日であれば翌営業日扱いとなります。

とはいっても、土日はそもそも取引が出来ないので特に問題となることはありません。

ここまでが銀行から入金をする上での基礎的な知識となります。

また、入金先は自分のICカードやネットバンクに記憶させておくと後々がスムーズになりますので、登録することをおすすめします。

あとは楽天銀行の口座を作っておくと、同一銀行口座への入金ということで他銀行から入金するより振込手数料も安く済みますので合わせて検討してみてください。

クレジットカードについて

XMでは「VISA」と「JCB」が使えます。

またデビッドカードも利用可能ですので、お金を闇雲に使ってしまわないよう自分に規制を掛けたいという人にもおすすめです。

ただし、VISAとJCBでは利用する際における最低入金額と上限金額に違いがあります。

入金方法入金手数料最低入金金額入金限度額反映スピード
VISA無料500円カード上限まで即時
JCB無料1万円75万円まで即時

(150)

クレジットカードでの入金のメリットは、低額から入金が出来る点と反映までのスピードが早いところです。

ためしに数千円を入金してFXの勉強をしてみたいという人でも手軽に利用ができます。

また、その場で現金が用意できない人が、ひとまずクレジットカードで入金をして投資で増やすという手段にも有効です。

さらにクレジットカードで入金すれば各カード自体のポイントも貯まるので、ある意味では一石二鳥の入金方法とも言えるでしょう。

クレジットカードでの入金方法は非常に簡単で、有効化したアカウントにて「入金」⇒「VISA or JCB」を選択⇒「カード情報を登録」⇒「入金額を入力」⇒「実行」というステップで完了します。

なお、クレジットカード情報をアカウントに記憶させておけば次回からカード情報を入力する手間が省けます。

ただ、このように便利なクレジットカードですが、最近ではあまり使えないようになってきているというのが現状です。

これはXMに問題があるわけではなく、そもそも日本の会社から発行されているクレジットカードが海外のサイト(特に金融関係)で使えなくなってきていることが関係しています。

というのも、クレジットカードからの入出金というのはこれまでにマネーロンダリングの温床になりやすいという欠点が指摘されていました。

また、日本の場合は国内クレジットカード利用者のお金が海外へ流れ出るということも懸念して、海外金融サイトへの送金を拒否し始めているような状態です。

そのため、発行元の会社によってはXMで使えないことも考えられます。

もし自分のクレジットカードが入金に使えるか知りたいという方は、先ほどご紹介したサポートデスクまで問い合わせてみてください。

(ちなみに僕の三菱UFJ系のクレジットカードは使えませんでした)

そして、このクレジットカードでの直接的な入出金が難しくなってきたことで利用者が増えてきているのがこのあとご紹介する電子マネー決済となります。

流れとしては、

「ユーザー」⇒「電子マネー業者(クレジットカードで入金)」⇒「XM(電子マネー口座から送金)」

といった形なのですが、電子マネー業者を使えばクレジットカードの残高を使って入金ができますので安心してください。

なお、クレジットカードでの入金を検討している方へのアドバイスなのですが、クレジットカードはその後の出金にまったく向いていません。
(XMの出金に関するページで詳細を記述)

クレジットカードは入金をするには便利、ただし出金に関しては銀行送金に頼ることになるということを覚えておいてください。

ビットウォレット(bitwallet)について

自分の持っているクレジットカードでは直接XMに入金できないというときに便利なのがビットウォレットです。

ビットウォレットは数多く存在する電子マネー決済の中でも使い勝手がよく、ほかの海外FX業者でもどんどん採用され始めているので非常におすすめです。

ビットウォレットを使ってXMに入金をするメリットというのは「そのままでは使えないクレジットカードが有効化できる」「反映スピードが早い」という部分ですが、そのためには事前にビットウォレット自体の登録が必要となりますので先に済ませておきましょう。

なお、ビットウォレットに登録をしてお金を入れておけば、いつでもXM側に送金をすることが可能です。

入金方法はクレジットカードと同様に自分のアカウントから「入金」⇒「ビットウォレット」⇒「口座情報と入金額」を入力⇒「アカウント決済の実行」で完了します。

ただし、ビットウォレットを利用するときに覚えておかなければならない部分が「手数料」です。

ビットウォレットの場合、XMへ送金するときの手数料というのは掛かりませんが、自分のクレジットカードや銀行からビットウォレットにお金を入れるときに手数料が発生します。

ビットウォレットへの手数料
  • 銀行から:入金額の0.5%(みずほ銀行)
  • クレジットカードから:入金額の8%前後(カードによって若干異なる)

こちらがビットウォレットへ入金をする際に掛かる手数料ですが、ご覧のように銀行から入金をした方が圧倒的に安くなります。

しかし、クレジットカードから入金をしようとすると手数料が割高になってしまうものの、手元に現金がない方からすればそれでもありがたい入金方法と言えるでしょう。

なお、最近の海外FX事情においては、このビットウォレットの利用が主流となりつつあります。

そのため、この機会にビットウォレットに登録をしておくというのも賢い選択です。

スティックペイ(STICPAY)について

スティックペイというのはビットウォレットと同じ電子マネー決済のひとつです。

スティックペイの特徴はプリペイドカードを発行できるところで、このプレペイドカードは国内の銀行やATMでも使用ができます。

つまりXMで稼いだ利益をスティックペイに送金すれば、そのままプリペイドカードからお金を引き出すことが出来るというわけです。

そんなスティックペイですが、入金をする場合は「入金」⇒「スティックペイ」⇒「入金額の入力」⇒「スティックペイ側で承認」⇒「実行」という流れで利用できます。

ただし、このスティックペイもビットウォレット同様にXMへの手数料はゼロ円ですが、スティックペイ自体にお金を入れるときに手数料が発生します。

入金方法手数料入金までの時間
国内銀行からの入金入金額の1%1時間以内
海外銀行送金入金額の5%+リフティングチャージ最大5営業日
MatserCard・VISA入金額の3.85%5分以内
UnionPay入金額の1.5%5分以内
bitcoin・Litecoin・Ethereum入金額の1%2~3時間以内

(250)

ビットウォレットと比較をしてみると銀行からの入金ではやや手数料が高く、クレジットカードからの入金ではやや手数料が安いということが分かります。

また、仮想通貨を使っての入金が出来るというのもスティックペイの特徴と言えるでしょう。

ちなみに入金反映までの時間はビットウォレットとほぼ同じです。

どちらも銀行からの入金であれば1時間程度、クレジットカードからなら数分で決済が完了といった形となっています。

しかし、出金をするときの手数料を考えるとビットウォレットの方が優勢といった印象もありますので、そちらの比較を簡単にまとめたものもご覧ください。

ビットウォレットとスティックペイの出金手数料を比較
  • ビットウォレット:412~824円
  • スティックペイ:出金額の1.5%+800円

これを見るとどう考えてもビットウォレットの方がトータルコストを安く抑えられることが分かります。

ただし、これがもっとも重要なポイントなのですが、XMでは「出金できる金額は同一方法による入金額と同じ金額まで」というルールがあります。

つまり、たとえばスティックペイで10万円を入金した場合なら、いくら儲けても10万円までしかスティックペイに出金できないということです。

これは銀行入金以外の入金方法すべてに適用されます。

そのためXMへ入金するなら、出金手数料のことは考えずに入金手数料だけを見て判断するということも大切です。

ビーエックスワン(BXONE)について

2019年の秋になって新しく入金方法に加えられたのが、こちらのビーエックスワン(以下BXONE)です。

BXONEは電子マネーとしては新興企業と言えますが、口座内で仮想通貨に変換が出来るという特徴を持っています。

これは過去にXMが仮想通貨を取り扱っていたことも関係していると考えられていて、今後また仮想通貨取引を再開することを予想しての導入と言えます。

そのため、ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨FXに興味があるという人にはおすすめの決済方法です。

なお、BXONEの利用方法は「入金」⇒「BXONE」⇒「IDと入金額を入力」⇒「BXONE側の承認を確定」⇒「実行」といった流れとなっています。

これまでの電子マネー決済となんら変わるところはありませんので、誰でも簡単に取り扱うことが可能です。

また、本来はXM側への手数料が発生するのですが、XMはこれを自社負担としてくれていますのでこちらが支払う手数料はありません。

ただ、BXONEもこれまで同様にお金を口座に入れるときには手数料が掛かります。

入金方法入金手数料入金までの時間
国内銀行から入金100万円以上は入金額の0.5%1時間以内
100万円未満は入金額の1%(最低980円)
海外送金1万ドル相当以上は無料2~4営業日
1万ドル相当未満は入金額の1%(最低20$)
仮想通貨無料5分以内

(200)

ご覧のように日本国内の銀行から入金をすると考えるとほかの電子マネーと差はほとんどありません。

しかし、クレジットカードからの入金が出来ないという点ではまだまだ一般的に使える電子マネーとは言えそうにないです。

そして、やはり見てもらえれば分かるのですが、BXONEはまさに仮想通貨に特化した電子マネーです。

仮想通貨を使っての入金手数料は無料でさらに反映スピードも早いということですから、ビットコインホルダーには優位な入金方法ですね。

これから仮想通貨にもチャレンジをしたいというのであれば、利用を検討してみてもいいかもしれません。

XMで入金する際の注意点

ここまでXMで利用可能な5つの入金方法をご紹介してきました。

そして、最後にこれまでの話をまとめながら入金をする際の注意点をご覧いただこうと思います。

入金をする前にチェック
  • XMで入金をするときの注意点
  • 入金と出金の関係性について
  • 自分の資産に合った入金方法を選ぶ

ちなみに初めて入金をするときというのは誰でも少し不安になるものですが、正しい手順を踏めばちゃんと反映されます。

XMは海外FX業者の中でも特にお金に関する部分のトラブルが少ないブローカーです。

そのため、安心して自分の資産を投資に運用できます。

この記事に書かれていることやXMの入金ページに書かれている注意点をよく読み、実際の入金をおこなってみてください。

XMで入金をするときの注意点

XMに入金をするとき、注意をしてもらいたいポイントは以下の3点です。

入金時の注意点
  • 口座の基本通貨と入金額を確認
  • 口座番号をチェック
  • 振込先口座をよく見直す

まず、XMでは開設する口座に対して基本通貨の設定という項目があります。

これはほかの海外FX業者でも同じですが、基本的には日本円・アメリカドル・ユーロの3つから選択をおこなうものです。

普通の日本人の方が口座を開設するときは日本円建てを選択しますが、海外に住んでいる方などはドル建て・ユーロ建ても十分にあり得ます。

そして、このとき選択した通貨が入金するときの基本通貨となるわけですね。

一般的には複数の口座を作っても口座の基本通貨は同じものを選びますが、仮に基本通貨を異なるものに設定をしていたとしたら、入金をする都度その口座の通貨タイプを確認するようにしましょう。

当たり前ですが、10,000円と10,000ドルではほぼ100倍の差がありますからね。

僕はこのミスをしたことはありませんが、実際にこうしたミスをする可能性はゼロではありません。

次に、上記と付随してチェックするべき部分は口座番号です。

複数の口座を保有している場合で、銀行から入金をするときにはそれぞれの口座番号の入力が必要となります。

この口座番号を間違えるとボーナスを受け取れなくなってしまう(誤ってゼロ口座に入金した場合)、ロスカットでマイナスを最低限に抑えようとしていたのに失敗する(間違えて証拠金維持率を上げてしまう)といったミスにつながりますので、気を付けましょう。

最後に振込先の口座を確認するというものですが、これは僕が実際にやってしまった失敗です。

似たようなFX業者の振込先をICカードに登録していて、別の業者にお金を振り込んでしまったという凡ミスをしたことがありますので、皆さんはこうしたことがないようにしてください。

入金と出金の関係性について

XMでは入金方法を選ぶと自動的に出金の仕方が決まってきます。

これは入金と出金の関係性によるものなのですが、XMには「出金の優先順位」というものがあります。

たとえばクレジットカードで5万円の入金をしたあと、銀行から10万円の入金をおこなったとしましょう。

そして、FXで利益を得てXMアカウント内の残高が30万円になったとします。

このとき入金した額の15万円をそのまま銀行送金で戻してほしいと思っても、まずはクレジットカードから入金をした5万円に充当をすることになります。

その後、クレジットカードへの5万円の出金が済んだ時点で銀行への送金が出来るようになるというわけです。

このようにXMを利用する場合は、出金の優先順位を意識しながら入金方法を選ぶことも大切です。

なお、XMのマイアカウント内にて「銀行への出金ボタン」が出ていれば、その時点で銀行送金可能ということですので、出金をする際にはこの画面をチェックするようにしましょう。

ちなみに銀行への出金と電子マネーへの出金の両方が選択を出来る状態であれば、先に銀行へ送金して電子マネーへの出金を抑えておくというのもひとつの手です。

(こちらまでの着金に時間が掛かる銀行送金より、即時引き出し可能なお金があった方が便利のため)

自分の資産に合った入金方法を選ぶ

FXをやっているとついアツくなってしまって追加入金をしてしまうという人もいます。

そんな人の場合、クレジットカードで自由に入金が出来てしまうと非常に危険です。

XMでは「追証なしのゼロカット」というシステムを導入していますが、自分がクレジットカードから引っ張ってきた負債までは当然補填してくれません。

そのため、自分が今後返済できる金額なのか?ということをよく考えてから入金をおこなうようにしましょう。

もちろんこれは銀行入金でもほかの電子マネー入金でも同じことが言えます。

口座にお金が余っているからといって投資用にXMへバンバンお金を入金していてはすぐに資金が底を尽きてしまいます。

最初のうちは1ヶ月間で「だいたいこれくらい」というお金を決めて入金をすると安全ですので、ぜひとも自分の中でのルールを守って投資をおこなってください。

\借金リスクゼロの海外fx/
海外FXはXMTradingがおすすめ

国内のFXは手持ち資金以上の損失が発生し、借金を背負うリスクが伴います。

しかし、XMを始めとした海外FXは"ゼロカットシステム"が主流のため、手持ち資金以上のマイナスがでても借金となることがありません。

海外FXのXMがおすすめな理由
  1. 追証なしで借金リスクゼロ
  2. レバレッジ888倍で資金運用
  3. 豊富なボーナスで資金力UP

XMは海外FXでNo1の実績を誇り、国内業者よりも断然安心できるブローカー。

入金額と同額分のボーナスクレジットに加えて20%割増ボーナスを合わせ、入金した時点で運用できる資金が2倍以上になります。

ボーナス増加のキャンペーンが終わった後ではもったいないですよ。

1日1ポチの協力お願いします!