WEBライターの副業

WebライティングでやるべきSEO対策のコツ7選!【画像にも工夫が必要】

SEOライティングのコツ
悩み事
悩み事
「WebライティングでSEO対策って出てくるけど一体何?」
「SEO対策ってライティングで何をやればよいの?」
ヤコブ
ヤコブ
こんなお悩みを解決していきます。
Webライティングに必要なSEO対策
  • WebライティングのSEO的な書き方のコツ
  • タイトルでやるべきSEO対策
  • Webライティングでやるべきurl対策

これについて解説しているのでWebライターでSEO対策について知りたい人にはおすすめの内容です。

WebライティングのSEOってどうしてやるの?

WebライティングでSEO対策をする理由について紹介します。

SEO対策をする理由
  • 上位表示させること
  • 集客をする
  • 売り上げを上げる

順を追って解説しますので、ぜひご覧ください。

SEO対策は上位表示させること

SEO対策を行う理由は、「Googleで検索をされた時に上位表示をさせる」です。

上位表示をすることができると、多くの読者さんに記事を見てもらうことができるのです。

「WebライティングでSEO対策なんてできるの?」

後述しますが、やるべきことが多くあります。全ての対策をやれば、必ず上がるわけではありません。

しかし、やらないと上位表示は難しいですので、必須事項ですね。

SEO対策で集客をする

「そもそもどうしてGoogleで上位表示をさせるの?」

こう疑問に思う人もいるでしょう。上位表示することで、狙ったお客さんを集める効果があります。

上位表示されたサイトを訪れる読者さんは、あなたが提供する記事に興味があってやってきます。

そのため、質の良いお客さんを集めることができるのです。

SEOで集客し、売り上げを上げる

お客さんを集めたら、やるべきことは売り上げを上げることです。

何かしらのサービスを購入して貰ったり、アドセンス広告をクリックして貰ったりします。

Googleで上位表示することで、売り上げを上げることにつなげることができるのです。

ここまで、WebライティングでSEO対策をする理由について紹介しました。

ここからは、WebライティングのSEO的な書き方を紹介します。

WebライティングのSEO的な書き方7つのコツを紹介

WebライティングのSEO的な書き方を紹介します。

SEOライティング
  • キーワードを狙って記事を書く
  • 読者の悩みに沿った内容か?
  • 網羅性があるか?
  • オリジナリティーがあるか?
  • 代名詞を多用しない
  • 見出し(h2,h3)を使う
  • 共起語を含める

1つ1つ地道な作業ですが、確実なSEO対策ですので、ぜひ実践して下さいね。

コツ①キーワードを狙って記事を書く

まずは、キーワードを狙って書きましょう。

なぜなら、キーワードを狙って書かないとあなたの記事がGoogleで見つけてもらえないから。

Googleで上位表示されるためには、キーワードを狙って書くのが、第1条件です。

キーワードを狙って書くことで、Googleに見つけてもらいやすくなります。

コツ②読者の悩みに沿った内容か?

Googleに評価される記事を書くためには、読者の悩みを解決することです。

なぜなら、読者の悩みを解決することで、サイトの滞在時間が長くなるから。

読者の悩みが解決された記事だと、読者さんは長い時間記事を読みますよね。

読者さんが長い時間いると、Goolgeから評価されるようになるのです。

コツ③網羅性があるか?

Googleは、網羅性のある記事を評価します。

網羅性とは、他の記事に書かれていることをすべて書くことです。

特に、キーワードで検索した時の上位10位は必ず網羅しましょう。

コツ④オリジナリティーがあるか?

「網羅性のある記事を書けば良いのね。」

実は、2020年の現在では、網羅性があるだけでは不十分と言われています。

さらに、1つ追加をする必要があります。

それが、オリジナリティーです。

例えば、

  • オリジナルな画像
  • 違う視点の意見
  • 追加の記事

です。網羅性に加えてオリジナリティーを意識して記事を書きましょう。

コツ⑤代名詞を多用しない

代名詞を多用しないようにしましょう。

代名詞とは「あれ・これ・それ」などです。

代名詞が多用されていると読者が読みづらいです。

読者にとって読みづらい記事を書くとサイトから離脱されてしまいます。

記事の質は、読者さんがどれだけ長い時間記事にいるかどうかです。

しかし、代名詞を使用してしまうと、読者さんが記事にいる時間が短くなってしまいますので、注意してくださいね。

SEO対策のコツとして代名詞はキーワードを入れるチャンスです。

「このサービスは便利」ではなく「WordPressは便利」とするだけで、記事内のキーワード数が増えますね。

コツ⑦見出し(h2,h3)を使う

記事を書く時は、見出しを使いましょう。

見出しは、本で言う目次みたいなものです。

見出しを使うことで、Googleに記事を見てもらいやすくなります。

さらに、見出しがあることで、読者さんが記事を読みやすくなるのです。

見出しにはキーワードを入れましょう。

  • h2:メインキーワード
  • h3:メイン+サブキーワード・共起語

見出しにキーワードを入れることでSEO評価が高まります。

コツ⑧共起語を含める

共起語とは、あるキーワードを使う時に一緒に使われる可能性があるワードのことです。

例えば、「ライティング」というキーワードがあるとします。

ライティングというキーワードがあったらその後にどんな言葉が続くと思いますか?

「ライティング 書き方」

「ライティング 型」

などですよね。

これまでは、Googleで評価されていたのが、キーワードがたくさん含まれている記事でした。

しかし、現在のGoogleでは共起語が含まれている記事が評価されるようになりました。

そのため、記事を書く時は、共起語を含めるようにしましょう。

ここまで、WebライティングのSEO的な書き方のコツを紹介しました。

ここからは、Webライティングにすぐに使えるSEO対策を解説します。

WebライティングのSEO対策

Webライティングですぐに使えるSEO対策を紹介します。

SEO対策
  • h2見出しにキーワードを入れる
  • キーワードを頻回に入れなくて良い
  • 画像も使って読みやすさを重視

順を追って1つ1つ紹介します。

h2・h3見出しにキーワードを入れる

h2の見出しにキーワードを含めましょう。

見出しは、本で言う目次みたいなものです。

目次にキーワードが含まれていれば、Googleも読者さんも検索がしやすいですよね。

h2の見出しに必ずキーワードを含めましょう。

キーワードを頻回に入れなくて良い

「SEO対策のために、キーワードを沢山含めれば良いんだね。」

SEO対策の1つにキーワードが大事です。

しかし、キーワードを沢山含めてしまうと上位表示されなく可能性があります。

なぜなら、Googleからスパム扱いをされるからです。記事に多くのキーワードが含まれいていると、SEO対策のために記事を書いていると思われるため。

Googleの評価する記事は、読者さんにとって有益なものです。

キーワードがたくさん含まれている記事は、読者さんが読みたい記事ではありません。

あくまで、読者さんの問題解決している記事が上位表示されます。

キーワードを沢山含めすぎないように注意が必要です。

画像も使って読みやすさを重視

記事を書く時には、画像も積極的に使いましょう。

なぜなら、画像を使った方が記事は分かりやすくなります。

分かりやすい記事を書くことで、読者さんが長い時間サイトに滞在してもらえるようになります。

記事を書く時は、画像を積極的に使用しましょう。

これまで、Webライティングですぐに使えるSEO対策を紹介しました。

ここからは、Webライティングで画像でやるべきことについて解説します。

Webライティングでやるべき画像対策とは?

Webライティングでやるべき画像対策を解説します。

画像対策とは?
  • 画像は内容に関係のあるもの
  • alt属性に画像を説明する文言を入れる

1つ1つ紹介します。

画像は内容に関係のあるもの

画像を使う場合は、内容に関係のあるものにしましょう。

画像を使うのは、記事の内容をイメージしてもらやすくするためです。

画像を使う場合は、記事の内容に関連したものを選びましょう。

alt属性に画像を説明する文言を入れる

画像を挿入する時は、「alt 属性」を入力しましょう。

「alt属性」とは、画像にどんな意味があるのかを伝える手段です。

画像を貼り付ける時に、必ず「alt属性」を入力する項目があります。

画像のalt属性に文章を書くことで、画像に意味を持たせることができるのです。

これまで、Webライティングでやるべき画像対策を解説しました。

ここからは、WebライティングのタイトルでやるべきSEO対策を紹介します。

WebライティングのタイトルでやるべきSEO対策

ここでは、WebライティングのタイトルでやるべきSEO対策について紹介します。

大見出しの深堀りポイント
  • タイトルにキーワードを入れる
  • 記事の内容が分かるタイトルを付ける
  • 文字数は33文字以内
  • キーワードの揺れ対策をする

1つ1つ順を追って解説します。

タイトルにキーワードを入れる

タイトルには、キーワードを入れましょう。

タイトルにキーワードを入れることでGoogleから発見してもらいやすくなります。

記事の内容が分かるタイトルを付ける

タイトルの内容は、記事の内容が分かるものにしましょう。

なぜなら、記事のタイトルは、読者さんがはじめに見るものだからです。

記事タイトルに、知りたいことが書かれていなければ記事を見られません。

記事のタイトルを書く時は、内容が分かるようにしましょう。

文字数は32文字以内

文字数は32文字以内にしましょう。

なぜなら、検索結果に反映されるのが、タイトルの始めの32文字だから。

読者さんがタイトルを見て記事を読みたくなるように32文字以内にタイトルを書きましょう。

しかし、32文字以内にする必要はありません。

50字でも大丈夫です。

キーワードの揺れ対策をする

キーワードを入れる時は、表記ゆれに注意しましょう。

表記ゆれとは、

「違う言い回し」

「同じ意味だけど異なる表記」

です。

  1. 日本語表記
  2. ひらがな表記
  3. 英語表記
  4. カタカナ表記
  5. 略語
  6. 俗語

表記ゆれ対策はSEO対策上有効な場合があります。

例えば、「犬」と「いぬ」。
「Google」や「グーグル」も表記ゆれの例です。

「モンスターハンター」「モンハン」「MH」なども表記揺れです。

最近のグーグルは表記ゆれも同じ意味だと理解できるケースも増えていますが、念のためやっておくといいでしょう。

これまで、WebライティングのタイトルでやるべきSEO対策を紹介しました。

ここからは、urlでやるべき対策を解説します。

Webライティングでやるべきurl対策|パーマリンク

ここでは、Webライティングでやるべきurl対策を紹介します。

やるべきurl対策
  • urlはなんでも入れてはいけない
  • urlには記事内容が分かるキーワードを入れる
  • 英語で入れる

1つ1つ紹介します。

urlはなんでも入れてはいけない

urlはなんでも入れてはいけません。

適当に入れていると、検索結果に反映されないことも。

例えば、こんなurlは検索結果に反映されづらいですので、注意してくださいね。

「4483」
「2020/01/30」

では、urlには何を入れれば良いのか?

urlには記事内容が分かるキーワードを入れる

urlには、記事内容が分かるキーワードを入れましょう。

なぜなら、キーワードを入れることで、検索をしてもらいやすくなります。

例えば、「SEO対策」というキーワードを狙っているとします。

urlには、SEO対策のキーワードを入れます。

キーワードを入れることで、Googleに見つけてもらいやすくなります。

英語で入れる

urlを入れる時は、英語で入力をしましょう。

「SEO対策」なら、「seo-taisaku」と入力をします。

英語で入力するには、理由があります。

それが、英語で入力をしないと認識されない可能性が高いからです。

日本で入力をすると、「fajoeiajfo2853083082%」と訳なの分からない数字と英語の文字列で表記されてしまいます。

だから、urlを入力する時は、英語で入力をしましょう。

まとめ

これまで、WebライティングでやるべきSEO対策を紹介しました。

やるべきSEO対策はこちら。

WebライティングのSEO対策
  • キーワードを狙って記事を書く
  • 読者の悩みに沿った内容か?
  • 網羅性があるか?
  • オリジナリティーがあるか?
  • 代名詞を多用しない
  • 見出し(h2,h3)を使う
  • 共起語を含める

さらに、タイトルでやるべきSEO対策も解説しました。

タイトルでやるべきSEO対策
  • タイトルにキーワードを入れる
  • 記事の内容が分かるタイトルを付ける
  • 文字数は33文字以内
  • キーワードの揺れに注意する

ぜひ今回紹介した内容を参考に、WebライティングのSEO対策を実践してくださいね。

\IT業界×転職で年収UP/
マイナビITエージェント

転職するならIT業界を選ぶのがおすすめです。

そして、IT業界の転職はIT特化型のエージェントを使うのが鉄則です。

人材大手のマイナビのITエージェントなら年収アップ期待度が非常に高いので、使わない理由がありません。

今すぐ無料で登録し、自分にあったキャリアプランを相談しましょう!

1日1ポチの協力お願いします!
今年ガチコリ稼げるおすすめ副業17選と稼ぐコツをまとめて解説!
おすすめ副業一覧
ガチコリ稼ぎやすい副業と稼ぎ方を公開!
おすすめの副業はコチラ