WEBライターの副業

Webライティングですぐに効く5つのコツを紹介【早く書くための方法も解説】

WebライティングのコツPREP法
悩み事
悩み事
「Webライティングの書き方が分からない」
「書き方のコツを知りたい…」
ヤコブ
ヤコブ
この悩みに答えます。
Webライティングにはコツがあります。ここでマスターしちゃいましょう。

Webライティングには5つコツがあります。

解説ポイント
  • Webライティングですぐに使えるコツ
  • 記事が数段早く書くためのポイント

こちらの内容を紹介していますので、Webライティングを書くのに悩んでいる人におすすめです。

Webライティングですぐに効く5つのコツとは?

ここでは、Webライティングですぐに効く5つのコツを紹介します。

ここで紹介する内容は、こちらです。

Webライティングのコツ
  • 1文を短くする
  • PREPの法則を使う
  • タイトルや見出しにキーワードを入れる
  • タイトルや見出しに数字を入れて強調する
  • 他のサイトが解決している悩みを把握する

すぐに明日から使える内容ですので、ぜひご覧ください。

1文を短くする

Webライティングで文章を書く時は、1分を短くしましょう。

1文が長いととても見ずらい文章になるからです。

以下の2つの例ををご覧ください。

「Webライティングでは、文章を短くしないと分かりづらいですし、見てもらいづらいので、出来る限り短く書くようにすると、読者にとって読みづらい文章になってしまいますので、注意してくださいね。」

「Webライティングでは、文章を短くしましょう。なぜなら、文章が長いと見づらいからです。

出来る限り短く書くことで、読者さんにとって読みやすくなります。文書を書く時は、短く書くように心がけましょう。」

どちらの文章が読みやすいでしょうか?後者の方が読みやすいですよね。

文章を短く書くことで劇的に見やすくなりますので、ぜひすぐに試してください!

PREPの法則を使う

文章を書く時には、「PREPの法則」を使いましょう。

P:Point(主張)
R:Reason(理由)
E:Example(具体例)
P:Point(再度主張)

説得力ある伝え方として知られている法則です。1つの見出しに対して、このPREPの順番で伝えると文章が伝わりやすくなります。

さらに、PREPの順番で伝えれば良いので、ライティングがとても楽に欠けるようにもなります。

タイトルや見出しにキーワードを入れる

Webライティングでは、タイトルや見出しにキーワードを入れましょう。キーワード入れることで、Googleに評価がされます。

例えば、辞書を想像してみて下さい。辞書では、何かしらのキーワードを参考に調べますよね。
Googleでは、タイトルや見出しにキーワードを入れることで、辞書のように調べやすくなるのです。

キーワードをタイトルや見出しに入れるようにしましょう。

タイトルや見出しに数字を入れて強調する

タイトルや見出しに数字を入れましょう。なぜなら、相手の注意を惹きやすいからです。

例えば、こちらをご覧ください。

「SEO対策のおすすめ本はこちら!」

「SEO対策のおすすめ本を5冊厳選紹介!」

後者のタイトルの方が、興味を惹きやすいですよね。タイトルに数字を入れるだけで3倍興味を惹きやすくなるので、ぜつタイトルや見出しを書く時に使って下さいね。

他のサイトが解決している悩みを把握する

「記事を書く時に何を書こうかな?」

こう悩んでしまう人もいるでしょう。大丈夫です。書くべきことは、とても簡単です。
何を書けば良いのかは、実は他のサイトが教えてくれます。Googleで評価されているサイトを参考にすれば良いのです。

キーワード検索をした時に、上位10サイトをチェックしましょう。10サイトで解決されている悩みをあなたの記事に書けば良いのです。

もちろんそのままパクってしまうのではダメです。参考にする場合は、見出しだけにしましょう。

これまで、Webライティングに効く5つのコツを紹介しました。ここからは、Webライティングでスピードを上げて書くコツについて紹介します。

「記事を書くのに、時間がかかる…」という方は、ぜひご覧ください。

Webライティングで書くスピードを上げるコツは?

Webライティングで書くスピードを上げるコツを紹介します。

ライティングで書くスピードを上げるコツ
  • 締め切りを作る
  • 構成をはじめる作る
  • 見出しごとに書く内容を大まかに箇条書きする
  • 1つの見出しで1つのことだけを伝える
  • 画像は最後に選ぶ

順を追って解説しますので、ぜひご覧下さい。

締め切りを作る

Webライティングの記事を作る時は、締め切りを作りましょう。なぜなら、締め切りを作ることで、集中力が上がるからです。

例えば、夏休みの宿題を思い出してください。夏休みの宿題って時間があるといつまでもやらないですよね。

でも、後残り2日でまだ何も終わっていないとします。焦って宿題をやりますよね。焦っていても宿題に集中をすることで、終わらせることが出来ます。

これが、締め切り効果です。締め切りを作ることで、ライティングを早く仕上げることが出来ます。

構成をはじめに作る

ライティングをする時は、まず構成を始めに書きましょう。構成とは、大まかな流れです。Webライティングで構成を書く時は、以下の内容を書きます。

・タイトル
・見出し
・参考にするサイト

この3つをあらかじめ決めておくことで、書く内容がブレません。何を書けば良いのか?行き当たりばったりに書くことが無いので、記事を早く書くことができます。

見出しごとに書く内容を箇条書きする

見出しごとに書く内容を箇条書きにしましょう。大まかに書く内容を箇条書きにんすることで、書くスピードを上げることができます。

箇条着にする内容は、PREPの法則を参考にしましょう。

1つの見出しで1つのことだけ伝える

1つの見出しで多くのことを伝えると、情報量が多すぎて読者が混乱してしまいます。
1つの見出しで書くことは、1つだけに絞りましょう。2つ以上書くと、読者は混乱してページを離れてしまいますよ。

画像は最後に選ぶ

画像を選ぶときは、最後にしましょう。なぜなら、画像は記事のイメージに合ったものを選ぶ方が読まれやすくなります。

画像と見出しのイメージが合っていれば、読者は記事を読む前にある程度記事の内容を想像しやすいです。

そのため、画像を選ぶときは、記事を書き終えてからにしましょう。

まとめ

これまで、Webライティングですぐに効くコツを紹介しました。
ここで紹介した内容は、こちら。

ライティングにすぐ効くコツ
  • 1文を短くする
  • PREPの法則を使う
  • タイトルや見出しにキーワードを入れる
  • タイトルや見出しに数字を入れて強調する
  • 他のサイトが解決している悩みを把握する

さらに、ライティングスピードを上げつコツがこちらです。

ライティングのスピードを上げるコツ
  • 締め切りを作る
  • 構成をはじめるに作る
  • 見出しごとに書く内容を大まかに箇条書きする
  • 1つの見出しで1つのことだけを伝える
  • 画像は最後に選ぶ

ぜひ今回紹介した内容を参考にWebライティングをどんどん書いていってくださいね。

\IT業界×転職で年収UP/
マイナビITエージェント

転職するならIT業界を選ぶのがおすすめです。

そして、IT業界の転職はIT特化型のエージェントを使うのが鉄則です。

人材大手のマイナビのITエージェントなら年収アップ期待度が非常に高いので、使わない理由がありません。

今すぐ無料で登録し、自分にあったキャリアプランを相談しましょう!

1日1ポチの協力お願いします!
今年ガチコリ稼げるおすすめ副業17選と稼ぐコツをまとめて解説!
おすすめ副業一覧
ガチコリ稼ぎやすい副業と稼ぎ方を公開!
おすすめの副業はコチラ