WEBライターの副業

型を使えばWebライティングで記事がさくさく書けるようになる話|PREP法

ライティングの型
悩み事
悩み事
「Webライティングが苦手…」
「Webライティングが書けるようになるコツはない?」
ヤコブ
ヤコブ
PREP法を使うと記事を論理的にわかりやすく書けるようになります。

Webライティングには型があります。

型を理解してライティングしている人の記事とそうでない人の記事はイッパツでわかります。

この記事でウェブライティングの型を身につけましょう。

Webライティングの型
  • 記Webライティングサクサク書けるようになる型
  • Webライティングで構成を考える時の型
  • 導入文の型とは?

これについて解説しているのでWebライティングが苦手な人にピッタリな内容です。

Webライティングサクサク書けるようになる型とは?

結論からいうと、「PREPの法則」というものを使います。

聞きなれない方もいるでしょう。

実は、この法則を使うと、サクサクと記事を書くことができるようになります。

ライティングがサクサク書けるようになる型
  • PREPの法則とは?
  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(再度結論を言う)

1つ1つの見出しを書く時に使えますので、ぜひご覧下さい。

PREPの法則とは?

PREPの法則とは、相手を説得する時に使われる手法です。

  • P:Point(主張)
  • R:Reason(主張の理由)
  • E:Example(具体例)
  • P:Point(再度主張)

この4つで構成されます。

PREP法|Point(結論)

まずは、結論を伝えます。結論を伝えることで、どんな内容が書かれているのかがすぐに理解してもらえます。

Webで記事を読む人は、回りくどい表現が嫌われます。始めに結論を伝えることで、記事を読むかどうかの判断ができます。

読者のためにも先に結論を伝えましょう。

PREP法|Reason(理由)

結論を伝えたら、次は理由を伝えましょう。理由を伝えることで、相手に主張をより納得させることができます。

例えば、こちらをご覧下さい。

「アニメを観るならd-アニメストがおすすめです。」

「アニメならd-アニメストアがおすすめです。なぜなら、配信されているアニメがVODの中では、最大の3,000作品だからです。」

後者の方が、おすすめ理由がより伝えわりますよね。結論を伝えたら、必ず理由を伝えましょう。

PREP法|Example(具体例)

理由を伝えてもイメージがをしづらいことがあります。そんな時の対処方法として、具体例を出します。

具体例を伝えることで、主張にたいする理由をイメージしてもらいやすくなります。

具体例を伝える時は、読者さんが分かりやすいと思う内容にしましょう。

PREP法|Point(再度結論を言う)

結論、主張、具体例を伝えたら、再度結論を伝えましょう。

再度結論を伝えることで、より強調できます。

すべての内容を伝えたら、最後にもう1度結論を伝えましょう。

これまで、Webライティングがサクサク書けるようになる型について伝えました。

ここからは、構成を考える時の型を紹介します。

Webライティングで構成を考える時の型が大事

Webライティングの構成を考える時の型を紹介します。

Webライティングの構成の型
  • 先に構成を書く
  • 構成は見出し抽出ツールがおすすめ
  • 網羅する

構成を考えられると、記事を書くスピードが圧倒的に早くなるので、ぜひご覧ください。

先に構成を書く

まずは、構成を書きましょう。構成とは、記事の全体的な流れのことを意味します。

先に記事の全体を書くことで、全体の流れがブレません。

途中で話が変わらないためにも、先に構成を書きましょう。

構成は見出し抽出ツールがおすすめ

構成を書くなら、見出し抽出ツールがおすすめです。

特に、おすすめなのが、「見出し抽出:ラッコツール」です。

キーワードを入力することで、上位10位のタイトルや見出しを1ページに全て表示されます。

構成を書く時にかなり参考になりますので、ぜひ利用してくださいね。

URLがこちら。

参考:ラッコツールズ

網羅する

構成を考える時に大事なのが、「網羅する」ことです。

「何を網羅するの?」

網羅するのは、上位10位の見出しで紹介されている内容です。

なぜ網羅するのか?網羅性のある記事は、Googleから評価を受けるから。

網羅性のある記事を意識することで、上位表示されやすい記事になりますので、ぜひ試してみて下さい。

これまで、Webライティングで構成を書く時の型について解説しました。

ここからは、導入文を書く時の方法について紹介します。

導入文の型とは?

ここでは、導入文を書く時の型について解説します。

導入文の型
  • 悩みの共感
  • どんなことが解決できるのか?
  • 権威性

導入文を書く時は、上記の内容を網羅しましょう。

悩みの共感

読者さんの悩みを想像して共感をしましょう。

読者の悩みに共感をすることで、読んでもらいやすくなります。

相手と話している時を想像してください。

相手がずっと自分のことを話し続けている人とあなたの話にうなづいてくれる人がいます。

どちらの人と話をしたいですか?多くの人は、後者ですよね。

読者の悩みに共感をすることで、話を聞いてくれる人と言うイメージを付けることができます。

話を聞いてくれる人と思ってもらえたら、記事を読んでもらいやすくなります。

導入文の始まりは、読者の悩みに共感をしましょう。

どんなことが解決できるか?

読者の悩みを書いたら、次は、どんな事が記事で解決できるのかを書きましょう。

例えば、以下の2つの文章を比較してみて下さい。

「Webライティングの書き方を紹介します。」

「Webライティングの書き方を紹介します。ここの方法を使えば、記事を書くスピードが30分以上早くなりますよ。記事を書くスピードに悩んでいる方には必見です。」

どちらの方が読みたくなりますか?ほとんどの人が、後者でしょう。

後者は、「記事を書くスピード」に悩んでいる読者さんに向けて悩みを解決することを伝えています。

この1文があることで、読者さんが先を読もうと思うようになります。

ぜひ、導入文に書いてみて下さい。

権威性

導入文で権威性を書くと、文章が読まれる確率がかなり上がります。

なぜなら、記事の信頼性が上がるからです。

例えば、2つの文章を比較してみて下さい。

「d-アニメストアのメリット・デメリットを徹底解説!」

「d-アニメストア歴2年の私が告白!本当のメリット・デメリットとは?」

実は、ちょっとしたことでも権威性を出すことが出来ます。サービスを利用した経験や体験談なども十分に権威性を出すことができるのです。

Webで記事を読む読者は、かなり目が肥えています。誰が発信するのかまで、かなり見られてします。

導入文で権威性を出すことで、記事を見てもらえるようになります。ぜひ権威性も書きましょう。

まとめ

これまで、Webライティングサクサク書けるようになる型を紹介しました。Webライティングに使える型は、「PREPの法則」です。

この法則は、

  • P:Point(主張)
  • R:Reason(主張の理由)
  • E:Example(具体例)
  • P:Point(再度主張)

の4つで構成されています。この法則を使うことで、記事を書くスピードは3倍以上もあがるでしょう。

さらに、構成を考える時の型も紹介しました。

構成の型
  • まずは構成を書く
  • 構成は見出し抽出ツールで引っ張り出す
  • 網羅する

構成は、上位10位を参考に見出しで解決されている内容を網羅しましょう。

Googleは網羅性がある記事を評価します。

Googleで上位表示されるためにも、構成で見出し内容を網羅しましょう。

最後に、導入文に関しても紹介しました。

導入文の型
  • 悩みの共感
  • どんなことが解決できるのか?
  • 権威性

導入文を書く時に、以上の3つに注意することで読まれるようになります。

ぜひ今回紹介した方法を参考に、Webライティングを試して下さいね。

\IT業界×転職で年収UP/
マイナビITエージェント

転職するならIT業界を選ぶのがおすすめです。

そして、IT業界の転職はIT特化型のエージェントを使うのが鉄則です。

人材大手のマイナビのITエージェントなら年収アップ期待度が非常に高いので、使わない理由がありません。

今すぐ無料で登録し、自分にあったキャリアプランを相談しましょう!

1日1ポチの協力お願いします!
今年ガチコリ稼げるおすすめ副業17選と稼ぐコツをまとめて解説!
おすすめ副業一覧
ガチコリ稼ぎやすい副業と稼ぎ方を公開!
おすすめの副業はコチラ