WEBライターの副業

1000記事を書いたライターがWebライティング書き出しのコツを紹介

WEBライティングの書き出しの書き方
悩み事
悩み事
「Webライティングの書き方が分からない‥」
「Webライティングの効率的な書き方を知りたい…」
ヤコブ
ヤコブ
〇〇を解決します。

Webライティングの書き出しって何を書いたら良いか分からないことがありますよね。

僕がWebライティングを始めた時も同じような悩みを持っていました。

Webライティングで同じような悩みを持っている方へオススメの内容です。

解説ポイント
  • Webライティングの5つの全体像
  • 反応が3倍に上がるタイトルの書き方
  • 続きを読みたくなる導入文の書き方

Webライティングの書き出しで悩んでいる方には、ピッタリの内容です。

Webライティングの5つの全体像を知る

Webライティングの書き方っていまいち分かりづらいですよね。

そこでここでは、Webライティングの全体像を紹介します。

ここで紹介する内容はこちら。

Webライティングの全体像
  • タイトルと見出し
  • 導入文
  • 見出しの中身
  • まとめ
  • 何をしてもらうのか?

どのようにWebライティングの記事が成り立っているのかを知りたい方は、ぜひご覧ください。

タイトルと見出し

Webライティングの文章には、タイトルと見出しが不可欠です。

本を想像してみて下さい。本には、必ずタイトルと小見出しが付いていますよね。

なぜなら、本を見やすくするため。

ネットで書く文章も見やすくするために、タイトルや見出しが必要なのです。

さらにタイトルや小出しが付いていると、Googleがあなたの記事を発見しやすくなり評価をされます。

まずは、タイトルと見出しが必要であることを知っておいてくださいね。

導入文

Webライティングには、導入文が不可欠です。

なぜなら、導入文で読者が文章を読むかどうかを判断するからです。

ネットの読者は、時間がありません。

日常生活が忙しいので、簡単にどんな記事かどうかが分からないとすぐに記事を読むのを止めてしまいます。

導入文を書くことで、記事を目に止めてもらえるかどうかが決まります。

見出しの中身

記事の見出しを書いたら、見出しの中身を書きましょう。

見出しの中身を書く時に注意すべきなのは、見出しと中身が一致しているかどうかです。

例えば、見出しを「ダイエットをする時に注意点」とします。

見出しの中身が「ダイエットをするなら〇〇のサプリがおすすめ」という記事を書いたとします。

見出しと中身が一致しませんよね。こういった場合、読者は混乱してしまいます。

さらに、読者さんから信頼を失ってしまいますので、注意してくださいね。

まとめ

1つ1つ記事の最後に、「まとめ」を書きましょう。読者さんはすべての文章を読んではくれません。

「まとめ」を書いておくことで、文章全体を簡単に知ることができます。「まとめ」を見て、知りたいことが書いてあれば、読み進めてくれます。

読者の理解を促すためにも、「まとめ」を書きましょう。

何をしてもらうのか?

1つ1つの記事には、必ず目的があります。

例えば、こんな目的があります。

  • 何かの商品を紹介するのか?
  • 知識を提供して理解してもらうため?
  • サービスへ促すのか?
  • メルマガへ誘導するのか?

それぞれの目的を文章にして書かないと読者は行動してくれません。どんな行動をしてもらいたいのか?を伝えましょう。

これまで、Webライティングの全体像を紹介しました。

ここからは、反応が3倍に上がるタイトルの書き方を紹介します。

反応が3倍に上がるタイトルの書き方

反応が3倍に上がるタイトルの書き方を紹介します。

タイトルの書き方のコツ
  • 〇〇選
  • 権威性
  • メリット

すぐにできる方法ですので、ぜひ活用してください。

〇〇選

「〇〇選」というタイトルは、注目を引くことができます。例えば、こちらをご覧ください。

「Webライティングのおすすめ本」

「Webライティングのおすすめ本5選!」

たった2文字が付くだけで、注目の集めやすさが3倍以上に跳ね上がります。

「〇〇選」は、かなり使う頻度が高いですので、ぜひ活用してくださいね。

権威性

権威性があると文章が読まれやすくなります。

権威性とは、あるジャンルに関してあなたが発信するのに相応しい人かどうかを判断するためのもの。

例えば、ダイエットの記事を2つ見かけたとします。

1つは、「タニタ食堂」の社員が書いた記事。もう1つは、何も肩書がない一般人。

タイトル例がこちら。

「私がダイエットを成功した方法!」

「タニタ食堂社員が告白!ダイエットに成功する人の特徴3選」

どちらの記事の方が信憑性が高いですか?おそらく「タニタ食堂」の写真だと思います。

Webの記事は、誰が発信するのかがかなり重要視されています。ぜひ権威性が示せるときは、必ず書きましょう。

メリット

記事を書く時は、どんなメリットがあるのかを書きましょう。

例えば、こちらをご覧ください。

「このパソコンは、画面がretinaディスプレです。」

「このパソコンは、画面が見やすく映画を観る時に臨場感が溢れます。」

後の文章の方が、映画が好きな人にとっては注目を集められますよね。メリットを伝えることで、相手に自分事のように感じてもらうことができます。

これまで、3倍注目が集まるタイトルの書き方を紹介しました。

ここからは、続きが読みたくなる導入文の書き方を紹介します。

続きを読みたくなる導入文の書き方とは?

タイトルを見てくれた人が次に読むのが、導入文です。

導入文を上手く書くことができれば、続きを読んでくれる可能性がとても高くなります。

ここでは、すぐにできる読まれる導入文の書き方を紹介します。

導入文の書き方のコツ
  • 読者の悩みに共感
  • 伝える内容を箇条書き
  • メリットを伝える

この順番で伝えれば、導入文の書き方が完成します。

1つ1つのパーツを紹介しますね。

読者の悩みに共感

まずは、読者の悩みに共感をしましょう。

なぜなら、読者の悩みに共感をすることで、相手に読んでもらいやすくなるからです。

例えば、相手の話を聞くとします。自分の話を聞いてくれた相手と一方的に話をする相手。どちらの話を聞きたいですか?

ほとんどの人が、「自分の話を聞いてくれた人」ですよね。読者の悩みに共感することで、「私の悩みを本当に聞いてくれる人かも」と思わせることができます。

読者の悩みに共感をすることで、記事を読んでもらいやすくなりますので、ぜひ書いてください。

伝える内容を箇条書き

多くの内容を伝える必要がある時は、箇条書きで伝えましょう。例えば、読書の5つのメリットを伝えるとします。

羅列した例

「頭が良くなる、仕事の効率が良くなる、人生が豊かになる、定時帰宅できる、家族との時間が増える」

箇条書きした例
  • 頭が良くなる
  • 仕事の効率が良くなる
  • 人生が豊かになる
  • 定時帰宅できる
  • 家族との時間が増える

箇条書きの方が分かりやすいですよね。

多くのことを伝える時は、箇条書きを使いましょう。

どんなメリットがあるのか?

記事を読むことで、どんなメリットがあるのか?を伝えましょう。メリットを伝えることで、自分事のように感じてもらえるからです。

例えば、

「この記事を読むと文章の書き方が分かります。」

「この記事を読むと、文章が30分早く書けるようになります。」

です。

後者の方が、「文章が早く書けるようになる」というメリットを伝えています。メリットを伝えた方が、相手に自分事のように思ってもらえますので、ぜひ書いてみて下さい。

Webライティング書き出しのコツまとめ

これまで、Webライティング書き出しのコツを紹介しました。

Webライティング書き出しのポイント
  • Webライティングは5つで構成されている
  • タイトルに注意するだけで反応が3倍になる
  • 導入文の書き方を注意するだけ続きが読まれる

今回紹介した内容を参考に、ぜひWebライティングに挑戦してくださいね!

\IT業界×転職で年収UP/
マイナビITエージェント

転職するならIT業界を選ぶのがおすすめです。

そして、IT業界の転職はIT特化型のエージェントを使うのが鉄則です。

人材大手のマイナビのITエージェントなら年収アップ期待度が非常に高いので、使わない理由がありません。

今すぐ無料で登録し、自分にあったキャリアプランを相談しましょう!

1日1ポチの協力お願いします!
今年ガチコリ稼げるおすすめ副業17選と稼ぐコツをまとめて解説!
おすすめ副業一覧
ガチコリ稼ぎやすい副業と稼ぎ方を公開!
おすすめの副業はコチラ