IT業界への転職

【狙い目】ベンチャー企業への転職に強い高需要スキル5選【転職市場価値UP】

ベンチャー企業への転職に強いスキル
悩み事
悩み事
ベンチャー企業への転職を考えています。転職に強いスキルについて教えて下さい!

こういった悩みに答えます。

解説ポイント
  • 大手企業とベンチャー企業の違い
  • ベンチャー転職で有利になるには即戦力であることが重要
  • ベンチャー企業から内定をもらう方法
  • ベンチャー企業が欲しがる人材・スキル5選

この記事を書いている僕は元採用コンサルで企業の人事の支援を行っていました。

転職には詳しいです。

僕の実体験をもとに解説していきます。

3分ほどお付き合いください。

大手企業とベンチャー企業の違い

大企業とベンチャー企業の違いは大きく3つあります。

大企業とベンチャー企業の違い
  • 昇進
  • 昇給
  • 責任

それぞれ詳しく見ていきましょう。

大企業とベンチャー企業の違い①昇進

大企業とベンチャー企業を比べるとベンチャー企業の方が昇進しやすいです。

大企業ですと年功序列の場合が多く、どんなに能力があってもある程度年数がたたなければ昇進することはできません。

ですがベンチャー企業ですと、結果を出すことができれば年齢や経験年数に関わらず昇進することができますよ。

大企業とベンチャー企業の違い②昇給

大企業とベンチャー企業を比べると、ベンチャー企業の方が昇給しやすいです。

理由としては昇進と同じです。

また結果を出せばすぐに評価されるベンチャー企業ですが、それは結果を出さなければ何も評価されないという意味でもあります。

大企業とベンチャー企業の違い③責任

大企業とベンチャー企業ですとベンチャー企業の方が責任が重い業務を早い段階で任されます。

大企業ですと、最初は責任がほとんどないような業務がほとんどですよね。

責任がある業務を任されるとその分仕事は大変ですが、個人として成長することができます。

ベンチャー転職で有利になるには即戦力であることが重要

ベンチャー転職で有利になるには即戦力であることが重要です。

理由としては以下の3つです。

ベンチャー転職は即戦力が有利な理由
  • 育成体制が整っていない企業もある
  • ベンチャー企業は人手が足りていないことが多い
  • 結果がそのまま昇進に反映される

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ベンチャー転職は即戦力である必要性①育成体制が整っていない企業もある

ベンチャー企業の中には人数も少なく、新人の育成体制が十分でない企業もあります。

しかし即戦力の人材ですと育成の手間やコストが省けますので、転職でも有利になります。

ベンチャー転職は即戦力である必要性②ベンチャー企業は人手不足が多い

ベンチャー企業は人手が足りていない場合が多いです。

ですので常に即戦力になる人材を募集しています。

ベンチャー企業は大企業と比べても転職がしやすいです。

ベンチャー転職は即戦力である必要性③結果がそのまま昇進に反映される

ベンチャー企業では結果がそのまま昇進に反映されやすいと解説いたしました。

つまり即戦力として転職することができれば、必然的に昇進にも近くなります。

ベンチャー企業から内定をもらう方法

ベンチャー企業から内定をもらう方法は大きく以下の3つです。

ベンチャー企業から内定をもらう方法
  • 即戦力になる
  • 未経験でも最低限のスキルを付ける
  • 自分の考えを伝える

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ベンチャー企業から内定をもらう方法①即戦力になる

ベンチャー企業は上記でも解説したように、即戦力を必要としています。

ですので、即戦力の人材になって転職に臨みましょう。

経験があるのがもちろんベストですが、未経験でも関連知識を身に付けておりそれをポートフォリオなどで証明することができれば内定をもらえる可能性も上がりますよ。

ベンチャー企業から内定をもらう方法②未経験でも最低限のスキルを付ける

未経験のまま内定をもらうことはやはり難しいです。

業務経験がないのは仕方がないのですが、業務経験がなくても専門スキルは転職活動前にある程度身に付けておくようにしましょう。

知識が全くない場合は、育成コストがかかってしまうので、その分採用されにくくなります。

ベンチャー企業から内定をもらう方法③自分の考えを伝える

ベンチャー企業は自分の意見をはっきり言える人材を好む傾向にあります。

大企業ですと、与えられた業務をミスなく確実にこなす力が求められることが多いですが、ベンチャー企業ではそうではありません。

自分は何をしたいのか等しっかり自分の意志は伝えるようにしましょう。

ベンチャー企業が欲しがる人材・スキル5選

ベンチャー企業が欲しがる人材・スキルは以下の5つです。

ベンチャー企業が欲しがる人材・スキル
  • プログラミング
  • データサイエンティスト
  • WEBディレクター
  • WEBマーケテイング
  • Python

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ベンチャー企業が欲しがる人材・スキル①プログラミング

プログラミングはこれから伸びることが確実に約束されている職種の1つです。

プログラマーは現在でもすでに不足していますし、これからさらに不足すると考えられます。

文系出身でプログラマーへの転職は可能かどうかは下記の記事でも詳しく解説しているので、興味のある方は併せてご覧下さい。

文系出身でもプログラマーに転職可能
文系出身者がIT業界・プログラマーに転職するなんて無謀すぎ・・・ではないという話をしよう文系出身ですが、今から未経験でプログラマーになることはできますか?未経験でIT業界に転職する方法やプログラミングスキルを身につける方法、転職での狙い目を教えてください。元採用コンサルの視点から解説します。...

ベンチャー企業が欲しがる人材・スキル②データサイエンティスト

データサイエンティストはビッグデータなどを元にデータ分析を行う職業です。

GAFAなどの大企業をはじめとして各企業がビッグデータを集めています。

それに伴ってデータサイエンティストの需要も増加します。

文系出身でもデータサイエンティストへの転職は可能かどうかは下記の記事でも詳しく解説しているので、興味のある方は併せてご覧下さい。

文系出身でもデータサイエンティストになれるのか
文系出身でもデータサイエンティストへの転職は可能?【結論:可能】文系出身のIT業界未経験ですがデータサイエンティストが人気らしいので転職したいです。どうすればデータサイエンティストになれるのか、仕事内容や必要なスキル、実務経験を積む方法を解説します。結論からお伝えすると、難しいのでオンライン学習でスキルを磨きつつ、ベンチャー企業を狙うのがおすすめです。...

ベンチャー企業が欲しがる人材・スキル③WEBディレクター

WEBディレクターはライターやプログラマーなどをまとめる職業です。

ライターやプログラマーの仕事はフリーランスに外注することも増えてきました。

よって彼らをまとめて管理するWEBディレクターの需要も増えていますし、責任も大きくなっています。

文系出身でもWEBディレクターに転職は可能かどうかは下記の記事でも詳しく解説しているので、興味のある方は併せてご覧下さい。

文系出身でもWEBディレクターに転職は可能【むしろ有利】 結論からお伝えすると、文系出身でもwebディレクターに転職することは可能ですし、むしろ文系の方が有利です。 とはい...

ベンチャー企業が欲しがる人材・スキル④WEBマーケティング

最近はテレビ広告よりもネット広告の方が規模が大きくなっています。

WEBマーケティング業界もこれから確実に伸びていく業界です。

文系出身じゃ「WEBマーケティングへ転職は無理」はウソ」という記事で詳しく解説します。

文系出身じゃ「WEBマーケティングへ転職は無理」はウソ!【むしろ有利】「文系出身で実務経験もないから」といってWebマーケターへの道を諦めていませんか?実は、転職する方法があります。Webマーケティング職へキャリアチェンジしたいならここで戦略を一緒に練りましょう。...

ベンチャー企業が欲しがる人材・スキル⑤Python

Pythonはこれから需要が伸びていくプログラミング言語です。

様々な物の開発に使うことができる言語で、WEBアプリやAI、機械学習などの分野での開発に使われています。

パイソンは難しい?挫折しない学習法【将来性抜群】」の記事でも詳しく解説しているので、興味のある方は併せてご覧下さい。

パイソンは難しい?独学で学ぶ方法を解説
Phython(パイソン)は難しい?挫折しない学習法【将来性抜群】Phython(パイソン)のプログラミング言語を学ぶのは難しいと聞きます。時代遅れっていうのはほんと?転職した場合の平均年収、今後の将来性や需要、未経験者が効率的に学ぶ方法を知りたいです。この悩みに答えていきます。...

ベンチャー企業の転職に強いスキル5選まとめ

以上、ベンチャー企業の転職に強いスキル5選について解説いたしました。

最低限のスキルを身に付けて転職に臨むことで、転職により有利になります。

気に入ったり興味があるスキルについて詳しく調べてみてください。

今回は以上になります。

年収が上がる最強スキル
【2020年最新】年収を上げる最強スキル14選【個人で稼ぐ時代】今後年収が高い仕事ができる最強のスキルが知りたい。今から学ぶならどんなスキルを身につけたら良いの?フリーランスや副業、転職の際に強いスキルを教えて!そんな悩みに答えます。...
\IT業界×転職で年収UP/
マイナビITエージェント

転職するならIT業界を選ぶのがおすすめです。

そして、IT業界の転職はIT特化型のエージェントを使うのが鉄則です。

人材大手のマイナビのITエージェントなら年収アップ期待度が非常に高いので、使わない理由がありません。

今すぐ無料で登録し、自分にあったキャリアプランを相談しましょう!

1日1ポチの協力お願いします!
今年ガチコリ稼げるおすすめ副業17選と稼ぐコツをまとめて解説!
おすすめ副業一覧
ガチコリ稼ぎやすい副業と稼ぎ方を公開!
おすすめの副業はコチラ