Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業

Uber Eatsの配達可能な時間の詳細・時間事の特徴を解説

悩み事
悩み事
「配達パートナーが活動できる時間は何時までだろう?」

そんな疑問をお持ちではないでしょうか、自由に働ける活気的な仕組みで副業として大人気を誇るUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー。

ですが本業となる仕事の帰りが遅い方には、Uber Eats(ウーバーイーツ)の最終営業時間が気になるポイントではないでしょうか。

ヤコブ
ヤコブ
当記事では配達パートナーが業務を行える時間について、詳細を解説していきます。
解説ポイント
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)は自由な時間に働ける、大人気の業務
  • 配達パートナーの活動可能時間について
  • レストランによって最終受付が異なる
  • 深夜帯・早朝に集中する注文
  • 効率よく稼ぐために、抑えたい知識

これについて解説しているので、業務可能時間が気になっている方にピッタリな内容でとなっています。

ヤコブ
ヤコブ
「5分程度で読める内容になっていますので、興味がある方は是非参考にしてみて下さい。」

Uber Eats(ウーバーイーツ)は自由な時間に働ける、大人気の業務

Uber Eats(ウーバーイーツ) 時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)が、副業として人気を誇っている理由について紹介していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の業務時間について
  • 業務時間はアプリのオン・オフラインで調整可能
  • 他人からの強制は一切無し

以上について、詳細を解説していきましょう。

業務時間はアプリのオン・オフラインで調整可能

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、シフト制ではなくアプリのオン・オフラインで個人の生活スタイルに合わせて業務時間を変えることができます

そのため業務時間は完全に個人の自由となり、一人一人に適した業務時間へと調整できるのが配達パートナーが人気の秘密。

更に業務委託となり一人一人が個人事業主という扱いになるので、本業である会社に知られる心配が少ないのも副業として活動しやすい理由の一つでしょう。

休日にガッツリ業務を行えるのは勿論のこと、仕事の出勤前や帰宅時間に毎日數十分だけという副業スタイルも可能です。

Uber Eatsでの副業をオススメする理由【経験者が徹底解説】 街中で大きなカバンを背負う、Uber Eats(ウーバーイーツ)パートナーの方々を見かける機会も多いのではないでしょ...

他人からの強制は一切無し

Uber Eats(ウーバーイーツ)ではアプリ上で業務の調整が完結し、他人である他の配達パートナーと協力する事もないので他人からの業務の強制は一切発生しません。

そのため仕事場の面倒な人間関係にウンザリしている方でも、安心して働くことができる仕組みも魅力

業務自体もゲーム感覚で遂行できる簡単な内容となっているのも、人気を後押しする要因の一つでしょう。

配達パートナーの活動可能時間について

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが、活動できる時間帯の詳細について説明していきましょう。

活動可能時間について
  • 基本は朝9時〜夜0時まで
  • エリアによって営業時間が異なる
  • 今後営業時間が拡大する可能性も

それぞれ詳細について解説していきますね。

基本は朝9時〜夜0時まで

Uber Eats(ウーバーイーツ)では基本的に注文可能な時間帯は、朝9時〜夜0時迄です。

ただし注文が入り料理作成後に配達依頼が発生する迄の時差が発生するので、最終受付時間を過ぎても注文が入る事も。

あくまで注文可能な時間帯となるので、実際に受け取るための時間帯は更に遅い時間帯へずれ込むことも珍しくありません。

ただしUber Eats(ウーバーイーツ)自体の営業時間なので、加盟レストランによってそれぞれ最終受付時間が異なります。

また悪天候時などで極度に配達パートナーの数が少ない場合、レストランの都合により注文をストップしている時などは営業時間内であっても注文不可となる事も。

台風や雪といったデリバリーが危険な天候時には、Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業自体がストップすることもあります。

エリアによって営業時間が異なる

2020年3月現在では、例外として東京と大阪の一部エリアでは、朝8:00〜深夜1:00の時間帯に対応しております。

日本国内でも特に注文が集中するエリアが対象ですが、今後のサービス普及に伴い変更が行われる可能性も。

更に営業時間の拡大も予想されるので、公式HPにて常に最新情報をチェックしましょう。

今後営業時間が拡大する可能性も

海外のUber Eats(ウーバーイーツ)では24時間営業も一部対応となっており、今後日本でも大都市圏から試験的に運用されることも予想されます

特に深夜帯の注文では大手チェーン店やファミリーレストラン、ファーストフード店などの需要が増加する傾向が強いので営業時間の拡大の可能性も。

サービスエリア拡大や認知の拡大により今後の需要の増加に伴い、営業時間の拡大も予想されるため最新の情報の確認を公式HPにてご確認ください。

レストランによって最終受付が異なる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間について解説したところで、次にレストラン毎による受付時間について詳細を解説していきます。

レストラン毎に違う最終受付時間
  • 21:00に受付を終了するお店が多い
  • 24時間営業のファーストフード店などは深夜まで対応
  • 8:00〜対応エリアはモーニングメニューが充実

以上についても、詳細を順を追って解説しましょう。

21:00に受付を終了するお店が多い

Uber Eats(ウーバーイーツ)自体の営業時間は深夜0時〜1時まで対応していますが、加盟のレストランの最終受付時間は各レストランによって別れています。

一般的な飲食店の営業時間として、ラストオーダーは〜21:00付近の店舗が大多数

そのため注文数が活発に入るディナータイムのピークタイムも、ラストオーダーと同時に終了すると考えて良いでしょう。

最も効率の良い時間帯に配達パートナーとして稼働するのであれば、最終受付時間までの稼働がオススメです。

24時間営業のファーストフード店などは深夜まで対応

深夜帯のデリバリーに対応しているレストランは、24時間営業のファーストフード店や大手チェーン店ファミリーレストランが中心です。

ラストオーダー後の時間帯は加盟レストランの数が減少するため、同じお店でのピックアップが度々発生することも。

特に営業時間が長いエリアでは深夜帯の注文も活発に行われる上に、ライバルとなる配達パートナーの数も減少するので最終受付時間付近の稼働も意外と効率的だと評判です。

8:00〜対応エリアはモーニングメニューが充実

一部対応エリアで対応している時間帯となる朝8:00〜からの注文は、モーニングメニューや珈琲などの配達が中心です。

特にメイクに時間のかかる女性の注文者が多く利用しており、意外にも稼ぎ時となる時間帯

朝の配達状況は注文数に対し、配達パートナーの数が圧倒的に足りていないので意外と効率良く稼げる穴場となっています。

深夜帯・早朝に集中する注文

配達パートナー数が少なくなる、深夜帯や早朝についてのデリバリー事情について解説していきます。

深夜帯・早朝に増加する注文
  • 深夜帯に増加する注文
  • 朝に増加する注文
  • 配達パートナーが激減する時間は狙い目

以上について、それぞれ解説を行なっていきましょう。

深夜帯に増加する注文

深夜帯に増加する注文者は、小腹の空いた腹を満たすための夜食を目的としたデリバリーが中心。

特にファーストフード店の注文数が増加するので、ピックアップ待ちでは周囲での待機がオススメです。

また深夜帯のデリバリーは交通量が激減するため快適に運転でき、効率的に配達を行うことができるのもメリット。

その分警察のパトロールも増加する時間帯なので、交通ルールの制限が多い原付配達は特に注意したい時間帯でしょう。

朝に増加する注文

Uber Eats(ウーバーイーツ)で朝に増加する注文は大手コーヒーチェーン店や、モーニングメニューを取り扱うファーストフード店が活発となります。

特にUber Eats(ウーバーイーツ)の営業開始直後は配達パートナーの数も少なく、仕事依頼が来やすい時間帯

更に注文数が激増するランチタイムまでの空き時間も短いので、14:00頃まで効率的に稼働することが出来ます。

配達パートナーが激減する時間は狙い目

配達パートナーが少なくなる朝と深夜の時間帯ですが、雨や低気温の日には更に配達パートナーの数が少なくなるので注文を総取りする事が可能。

更に悪天候時にはブーストやクエストなど、各インセンティブが充実する傾向する事も。

最も効率よく稼働を行いたい場合は、配達パートナーが激減する悪天候時の稼働がオススメです。

効率よく稼ぐために、抑えたい知識

次にUber Eats(ウーバーイーツ)で効率よく稼ぐために、押さえておきたい知識を紹介していきます。

効率よく稼ぐコツ
  • トラブルを極力避ける
  • タワーマンションが多い地帯を避ける
  • あまりに遠いレストランはキャンセル

以上についても、詳細を解説していきましょう。

トラブルを極力避ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)で効率良く稼ぐために、最も避けなければいけないのが発生しがちな数々のトラブルです。

特に迷子や注文者の住所がわからないピンズレなど、素早く配達を行わなければ依頼者を待たせるだけではなく次の配達へ進めません。

更に最も稼ぎ時となるピークタイムをトラブルで潰してしまうと、その日の収入額に大きく影響します。

また事故が発生した場合には、その日の稼働ができないだけではなく今後の生活にも大きく影響を及ぼす事も。

公道で飛ばして配達を行なっても、あまり時間短縮には繋がらないのでトラブルを徹底的に無くしてしまう方法が最も理にかなっているでしょう。

タワーマンションが多い地帯を避ける

出入り口が分かり辛く、廊下も異常に長い上に防災センターなどの受付が必要な場合も発生するタワーマンション。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では報酬に影響する項目は、配達回数を多くこなすほど付属されるインセンティブが中心なので無駄に時間がかかる配達先はデメリットしかありません。

そんなタワーマンションが集中するエリアも、一件配達するだけでピークタイムの貴重な時間を奪われてしまうので極力避けて稼働を行うのが無難です。

あまりに遠いレストランはキャンセル

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、呼び出されるレストランまでの距離が遠くても料理を受け取るまでは報酬が発生しません

呼び出し時のレストランまでの距離は報酬に反映されないので、無駄な老労力となってしまいます。

そのため、あまりにも遠いレストランからのピックアップはキャンセルしてしまうのも一つの手段。

ただしキャンセルを行いすぎると、応答率と呼ばれるアカウント毎に設定された項目に影響するので注意が必要です。

また近い配達先のピックアップでも、料理が出来上がるまでの時間で待たされたりする事もあるのでレストラン毎の臨機応変が求められます。

その他Uber Eats(ウーバーイーツ)で効率よく稼ぐための詳細は、以下の記事で紹介しているので興味がある方は是非ご参考下さい。

ぶっちゃけUber Eatsは稼げるの?稼ぐためのポイントや詳細について解説 そんな疑問をお持ちではないでしょうか。 街中ではUber Eats(ウーバーイーツ)の文字が刻まれたカバンを背負うパートナ...

Uber Eats(ウーバーイーツ)の稼働可能な時間を把握して、効率良く副業をしよう

最後にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達時間や稼働時間などの詳細をまとめていきましょう。

稼働可能な時間や情報まとめ
  • 配達パートナーの業務時間はアプリ上のオンライン・オフラインで調整
  • 仕事関係の面倒な人間関係による他人からの強制がない
  • 基本営業時間は朝9時〜夜0時まで
  • 東京・大阪の一部地位kは朝8時〜夜1時まで対応
  • 21:00までに受付を終了する店が大多数
  • 深夜帯の配達は24時間営業のファーストフード店やファミリーレストランが中心
  • 朝の注文はモーニングメニューを取り扱うレストランの配達が中心。
  • 配達パートナーが激減する時間帯は狙い目!

自分の好きな時間に働いて、好きな時間に撤収することができる自由な働き方が魅力のUber Eats(ウーバーイーツ)。

時間に縛られない業務形態から、副業としても根強い人気を誇るサービスとなっております。

ですが近年では配達パートナーの危険運転が問題視される事もあり、イメージの悪化が続けば規制の対象にもなりかねません。

活気的な新しい働き方で心地よく活動を続けるためにも、安全運転を心がけ最低限のマナーを意識した稼働を行なっていきましょう。

パートナーになる【公式】

\IT業界×転職で年収UP/
マイナビITエージェント

転職するならIT業界を選ぶのがおすすめです。

そして、IT業界の転職はIT特化型のエージェントを使うのが鉄則です。

人材大手のマイナビのITエージェントなら年収アップ期待度が非常に高いので、使わない理由がありません。

今すぐ無料で登録し、自分にあったキャリアプランを相談しましょう!

1日1ポチの協力お願いします!