転職したい人がやるべきこと

納得のいく転職動機の伝え方!面接で転職理由を聞かれる理由と対策

悩み事
悩み事
転職理由を聞かれたらどう答えればいい?
ヤコブ
ヤコブ
〇〇を解決します。

中途採用の面接で必ず聞かれる「転職の動機」。

伝え方によって採用担当者が受ける印象も様々です。

動機がはっきりしていると、それだけで採用担当者からの印象がよくなることもあります。

逆に、曖昧であると本気度が伝わらず、採用担当者にうまくアピールができないこともあるでしょう。

そのため、転職の動機は整理をしておくことが大切。

事前に準備をしておくことで、筋の通った動機を伝えることが可能となります。

今回は、転職の動機を面接で伝える際のコツを紹介します。

なぜ企業は求職者に転職理由をきくのか

なぜ企業は求職者に転職理由をきくのか

まずは、企業が転職の動機を聞く理由について理解しておくとよいでしょう。

中途採用を行う企業では、「求めている人材を見つけて、長く働いてほしい」と思っているところがほとんどです。

せっかく中途ならではの即戦力や実績のある人材を手に入れたとしても、短期離職をされてしまったら困ります。

また、採用にはコストがかなりかかるので、コストの面からも長く働いてほしいと思っているでしょう。

そのため採用担当者は、応募者が自社で長く活躍できるかを判断するために、動機を聞いているのです。

退職の理由と転職先で実現させたいことに一貫性があると、中途で入社後に積極的に働くイメージをもってもらいやすいです。

一方、動機が曖昧であると、入社後のイメージがつきにくく短期離職してしまうのではと不安を与えてしまうでしょう。

面接前に転職理由と動機を整理しよう

面接前に転職理由と動機を整理しよう

先程解説したように、転職の動機は具体的に働く姿を採用担当者にアピールするチャンスです。

そのため、丁寧に整理をして一貫性のある動機を伝える必要があります。

ここでは、動機を整理する手順を紹介します。

転職の動機を整理する手順
  1. 退職したい理由をもう一度整理
  2. 転職したら何を実現したいのかを整理
  3. 退職したい理由と転職で実現したいことの関連性を考える
  4. 伝えるべきこととそうでないことを分けて整理しておく

順番に詳しく解説します。

【手順①】退職したい理由をもう一度整理

まずは、退職したい理由を振り返りましょう。

なぜ現在の会社を退職したいと思ったのでしょうか。

例えば、

  1. 人間関係が苦しいから
  2. 給与が少ないから
  3. 残業時間が多いから

このようなネガティブな理由もあるでしょう。

その一方で、

  1. 未経験の分野に早いうちからチャレンジしたい
  2. 今自分のいる業界の将来性が不安
  3. 経験を活かしてスキルアップをしたい
  4. 今よりも即戦力なポストで働いてみたい

などとポジティブな理由なこともあると思います。

退職したい理由がネガティブであってもポジティブであっても構いません。

また、理由が複数の場合ももちろんあります。

大切なのは、自分の気持ちに正直になって書き出してみることです。

箇条書きでいいので整理をしていきましょう。

転職したら何を実現したいのかを整理

退職したい理由が書き出せたら、次は転職後に何を実現したいのかを整理してみましょう。

「今の会社ではこうだけど、転職したら○○をしてみたい」といった気持ちは必ずあるはずです。

  1. 残業を減らして業務効率を高めたい
  2. 経験を活かして売上に貢献したい
  3. 未経験の業務を行うなかで、新たな視点を提供し自分と会社の成長につなげたい
  4. 将来性のある業界に身を置くことで、新たな価値を生み出したい

など実現したいことはさまざまです。

何を実現したいのかが明確でない場合には、応募先の企業のパンフレットやウェブサイトで企業研究をすることをおすすめします。

企業経験を行う中で実現したいことが浮かんでくるでしょう。

退職したい理由と転職で実現したいことの関連性を考える

退職理由と転職後に実現したいことが書き出せたら、両者の関連性を考えていきましょう。

例えば、

  1. 残業時間が多い→残業を減らして業務効率を図りたい
  2. 未経験の分野にチャレンジしたい→自身と会社の成長につなげたい

と関連があることがほとんどです。

なんとなく転職活動を進めている場合でも、両者はつながりがあることがほとんどなので、関連性を確認しましょう。

関連があれば一貫性があるので動機の土台となります。

伝えるべきこととそうでないことを分けて整理しておく

箇条書きで書き出し、関連性が見えてきたら、面接で伝えたいこととそうでないことを整理しましょう。

あまりにもネガティブなものは伝える必要はありません。

ポジティブな動機を聞いたほうが採用担当者も安心します。

ただし、残業の例のように、ネガティブな動機が入社後に実現したいことにつながっていることもあります。

その場合にはポジティブな表現に言い換えて伝えましょう。

面接での転職動機の伝え方のまとめ

面接での転職動機の伝え方のまとめ

今回は中途採用の面接で、転職の動機をどのように伝えるかを整理しました。

人事担当者は、

  1. 転職後離職をしてしまわないか
  2. 求める人材か(活躍できる人材か)

などを動機から判断します。

そのため、動機には一貫性が必要ということも紹介しました。

転職の動機がはっきりすると、自分の軸もしっかりしてきます。

この記事で紹介した方法を参考に整理をすることをおすすめします。

\IT業界×転職で年収UP/
マイナビITエージェント

転職するならIT業界を選ぶのがおすすめです。

そして、IT業界の転職はIT特化型のエージェントを使うのが鉄則です。

人材大手のマイナビのITエージェントなら年収アップ期待度が非常に高いので、使わない理由がありません。

今すぐ無料で登録し、自分にあったキャリアプランを相談しましょう!

1日1ポチの協力お願いします!
今年ガチコリ稼げるおすすめ副業17選と稼ぐコツをまとめて解説!
おすすめ副業一覧
ガチコリ稼ぎやすい副業と稼ぎ方を公開!
おすすめの副業はコチラ