fbpx
仮想通貨

リップル(Ripple)/XRPの特徴と仕組み、そして今後

今回は仮想通貨リップル(Ripple)/XRPについて解説していきます。
購入できる取引所から、開発目的や特徴・仕組み・今後の需要・2020年の価格予想などわかりやすく解説!

クリプトGTがおすすめ
仮想通貨トレードならレバレッジ最大500倍のクリプトGTがおすすめ。
今なら入金ボーナス還元キャンペーン中!入金も出金も早くて安心。

仮想通貨リップル(Ripple)/XRPとは?

ヤコブ
ヤコブ
仮想通貨リップル(Ripple)/XRPの基本的な情報を10秒でわかるように解説します。

仮想通貨名 リップル(Ripple)/XRP
ひとこと解説世界最速の送金速度を誇る技術を持つ仮想通貨
発行枚数43,285,660,917枚
初期の1枚あたりの価格約0.3円
最高値約417円(2018年1月ごろ)
特徴
  1. 送金のスピードが速い
  2. 送金速度が世界最速
  3. ブリッジ通貨
日本の取引所
  • DMM Bitcoin
  • Coincheck
  • GMOコイン
海外取引所
  • Binance
  • Bittrex
  • Luno
今後の有望度

仮想通貨の特徴・仕組みは?

リップルは、とても送金のスピードが速いのが特徴です。

その時間は僅か5秒足らず。

リップルは、スケーラビリティ標準を1,500/秒のトランザクションに設定し、1秒間に1,500件もの取引が可能です。

これにより圧倒的な送金スピードを実現しています。

その送金速度は世界最速です。

また、リップルは発行枚数も大きな特徴がありますが、ビットコインは発行枚数の上限を2,100万枚と設定しています。

これに対して、リップルは1,000億枚としています。

そのためにリップルは、公開当初から1,000億枚全てを発行しており、今後増えていくことはありません。

ネットワーク上で取引が行われる度にXRPが減っていく仕組みになっているので、流通するほど、希少価値が上がっていくわけです。

長期的に見れば、リップルの価値は確実に高くなっていくことになります。

また、ブリッジ通貨としての役割も持っており、通貨同士の仲介をする仮想通貨なのです。

ビットコインなど他の仮想通貨とは異なり、送金先の通貨に合わせて即座に両替・移動ができるようになっています。

仮想通貨の購入はXMがおすすめ
仮想通貨トレードはXMTradingがおすすめ

国内の取引所は手持ち資金以上の損失が発生し、借金を背負うリスクが伴います。

しかし、XMを始めとした海外取引所は"ゼロカットシステム"が主流のため、手持ち資金以上のマイナスがでても借金となることがありません。

XMがおすすめな理由
  1. 追証なしで借金リスクゼロ
  2. レバレッジ888倍で資金運用
  3. 豊富なボーナスで資金力UP

XMは海外取引所でNo1の実績を誇り、国内業者よりも断然安心できるブローカー。

入金額と同額分のボーナスクレジットに加えて20%割増ボーナスを合わせ、入金した時点で運用できる資金が2倍以上になります。

ボーナス増加のキャンペーンが終わった後ではもったいないですよ。

1日1ポチの協力お願いします!
今年ガチコリ稼げるおすすめ副業17選と稼ぐコツをまとめて解説!
おすすめ副業一覧
ガチコリ稼ぎやすい副業と稼ぎ方を公開!
おすすめの副業はコチラ