副業FX

キュービテック(QubitTech)の投資案件は詐欺確定!参加には要注意という話

ヤコブ
ヤコブ
今回の記事は注意喚起の記事です!

最近、いかにも美味しそうな条件を提示している投資案件をたまたま発見したので、調べていました。

それがQubitTech(キュービテック)です。

2020年の8月ごろに日本に上陸したらしい。

月利25%の高配当という美味しさ満点に加え、魅力的なアフィリエイト報酬を提示して投資系ブロガーがちらほらと宣伝活動をしていました。

キュービテック関連のキーワードや、「キュービテック 詐欺」などで検索しても、「先行者利益が美味しい今がチャンスの投資案件!」という怪しげでありながら悪評がほとんど見当たらない状況。

僕も新しく投資案件を探していたこともあり、気にならずにはおれず、さっそく調べてみることに。

結論からお伝えすると、この記事を書いている2020年10月5日時点において調べられる情報からすると9割くらいの可能性で詐欺かなと個人的には考え、投資するのはやめました。

あくまで投資はリスクもあってのリターンがあるものです。

1年後・2年後の成果がどうなっているのかは現時点ではわかりません。

投資判断は個人にお任せしますが、この記事では僕がキュービテックへの投資をしないと決めた根拠を参考資料として紹介します。

もし数年後にキュービテックが飛ぶどころか、時代の最先端を走っているようなら乗り遅れ野郎とでも言ってください。笑

それではみていきましょう。

QubitTechキュービテックとは?

QubitTechとは?という解説をしてもいいのですが、多分この記事をご覧いただいている人は少なくとも、QubitTech(キュービテック)についてそれなりに調べていると思うので投資案件の紹介は割愛します。

重要な論点として下記だけまとめておきます。

要点
  • キュービテックはファンドのような投資案件(クオンツファンド)
  • 仮想通貨での掛け金に対して250%のリターンが見込める
  • アフィリエイト報酬制度による紹介ボーナスが美味しい
  • 量子技術を用いたトレード技術で個人投資家に安定収益を生み出す(らしい)
  • 経営陣が上場企業などの役員で構成されている

こう並べてみると美味しさ満点ですよね。笑

個人投資家の集客にMLMを使っていることが怪しさを増しているようにも感じますね。

それでは僕は投資を辞めた材料を解説します。

QubitTechが詐欺っぽいので投資を辞めた理由

僕がキュービテックには手を出さないと決めた根拠はこれ。

もう正直これだけで投資判断は決まりましたね。

量子技術に関して提携していると謳っているTORIDIONによる公式リリースでの注意喚起。

TORIDIONとは、キュービテックが量子技術の採用に関して、技術提携しているとして、公式サイトやキュービテックを宣伝しているアフィリエイターがここぞとばかりに信頼性のアピールポイントとしている企業です。

そんなTORIDIONとの関係性が明確に公式サイトで否定されているわけですね。

量子技術に関する提携先TORIDIONが詐欺認定している

TORIDION公式HPの画像も引用しておきます。

英語が読めない方向けに翻訳すると下記のような内容。

詐欺の注意喚起:QubitTechとTORIDIONまたはTORDIONチームのメンバーとの間の活発な協力関係を示唆または報告する企業のQubitTech cryptcurrency投資グループによって作成されたYouTubeビデオおよびWeb記事の数が最近増加しています。

TORIDIONはこれに関連する公式声明を以前に発表しており、TORIDIONは供給しておらず、QubitTechまたは世界中で登録されているその多くの企業プロファイルに量子関連技術またはいかなる種類の技術も供給したことがありません。

Qubitechがトラフィックロボットに電力を供給したり、市場のシグナルや分析を提供したりするためにTORIDIONテクノロジーが使用されているという情報に基づいて、QubitTechに投資することを検討している場合、これは真実ではありません。

SCAM=詐欺です。

もちろん、新規技術というのは出始めの頃は詐欺だのと言われたりして、世間の評価を得るのが難しいですから、一概にどこかの団体が出した声明ですべての実態が決まるとは限りません。

しかし、提携先とまで謳っていて、しかもキュービテックのコア技術に協力していると喧伝されている部分に対して公式からの否定があるわけです。

TORIDIONのCTOがキュービテックに関わったのは3日だけ

TORIDIONの公式サイトではより詳しい事情についての声明がpdfファイルで提示されています。

その内容では下記のようなことが明らかになっています。

注意喚起の詳細
  • TORIDIONはキュービテックに量子技術の提供をしていないしする予定もない
  • TORIDIONのCTOは7月に3日間限定の契約でキュービテックにアドバイスした
  • その契約は開始してすぐにCTOが終了した
  • TORIDIONはキュービテックに対して不正確で誤解を招いたり、虚偽の情報発信をしないように注意している
  • TORIDIONはキュービテックを推奨していません

TORIDIONのCTOはキュービテックと少なくとも1度は接点があることは確かのようですね。

そのひとときの出来事をキュービテックがかなり拡大解釈してマーケティング活動に利用したような感じですかね。

この材料で僕はキュービテックでの投資はやめることにしました。

投資は自己責任

やはり、美味しい話はそううまくいかないですよね。

もちろん、キュービテックに関する今回のお話はあくまで一つの材料です。

僕が個人的に投資しないと決めただけであって、キュービテックやそのコミュニティを批判しているわけではありませんし、今後、本当に成果を上げていく可能性だってゼロではないのかもしれません。

ハイリスク・ミドルリターンくらいの投資なのではないでしょうかね。

今回の内容が誰かの参考になれば幸いです。

コツコツ投資でお金を増やすなら海外FX

資産運用でお金を稼ぐならある程度は自分で運用していかないとプラスにするのは難しいです。

コツコツと利益を上げるならFXが手堅いかなと。

おすすめは海外FXのXM Tradingです。

ハイレバレッジ(最大888倍)の取引が個人口座でもできるので、少額の運用資金でも大きな資金を動かすことができるので、資金効率がいいです。

海外FXはゼロカットシステムが採用されており、日本国内のFX業者のように元本以上の損失が出た際に借金のリスクがありますが、それがありません。

つまり、海外FXは最大損失をあらかじめ自分で決めた状態でハイレバ取引ができるのです。

海外FXはFXの最も恐ろしい元本以上のマイナス(=借金)のリスクがないわけです。

海外FX関連の解説は下記の記事でまとめていますので、比較検討にご利用ください。

ひとまず海外FXならXM Tradingを選んでおけば間違いないですね。

おすすめの海外FX
\借金リスクゼロの海外fx/
海外FXはXMTradingがおすすめ

国内のFXは手持ち資金以上の損失が発生し、借金を背負うリスクが伴います。

しかし、XMを始めとした海外FXは"ゼロカットシステム"が主流のため、手持ち資金以上のマイナスがでても借金となることがありません。

海外FXのXMがおすすめな理由
  1. 追証なしで借金リスクゼロ
  2. レバレッジ888倍で資金運用
  3. 豊富なボーナスで資金力UP

XMは海外FXでNo1の実績を誇り、国内業者よりも断然安心できるブローカー。

入金額と同額分のボーナスクレジットに加えて20%割増ボーナスを合わせ、入金した時点で運用できる資金が2倍以上になります。

ボーナス増加のキャンペーンが終わった後ではもったいないですよ。

1日1ポチの協力お願いします!