フリーランス

動画編集の独学は可能?仕事の取り方やフリーランス独立の方法も解説

悩み事
悩み事
「動画編集スキルを身に付けたいです。独学でのスキル習得は可能でしょうか?また、動画編集者としての独立方法も知りたいです。」

この記事ではこういった悩みを解決いたします。

先に結論をお伝えすると、動画編集スキルは独学での習得が可能です。

解説ポイント
  • 独学での動画編集スキル習得は可能
  • 動画編集者としての独立方法
  • 動画編集者として生き残る方法
  • いずれは自分が発信者側に立つことを考えるべき

この記事を書いている僕は、動画編集のフリーランスとして生計を立てています。

僕の実体験に基づいて解説していきますので、3分ほどお付き合いください。

独学での動画編集スキル習得は可能

独学でも動画編集スキルを獲得することは十分可能です。

理由としては以下の3つです。

独学での動画編集スキル習得は可能な理由
  • 動画編集は難しくないから
  • 学習環境が整っているから
  • お金をかけずに学習することができるから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

独学での動画編集スキル習得は可能な理由①動画編集は難しくないから

動画編集スキルは簡単に習得することができます。

動画編集には、テロップ入れ・カット・効果音などの業務があるのですが、基本的な作業だけなら数週間あればスキルを身に付けることができます。

もちろん動画編集のスキルを完璧に身に付けようと思うと、膨大な時間が必要になります。

しかし、動画編集者として簡単な仕事を受注できるレベルのスキルであれば、独学かつ短期間でも十分に習得可能です。

簡単に始めることができるので、非常にコスパがいい職業となっています。

動画編集は簡単ですので独学でのスキル習得も可能です。

独学での動画編集スキル習得は可能な理由②学習環境が整っているから

動画編集は学習環境も整っています。

ですので独学での動画編集スキルの習得も可能です。

数年前までは、動画編集について学びたい場合には参考書を使って学ぶという方法しかありませんでした。

動画の編集を文字と画像で学ぶというのは、非常に効率が悪いですよね。

しかし現在では動画編集を動画で学ぶことができるようになっているので、動画編集について学ぶことが以前と比べて容易になっています。

動画は、実際に編集している画面を見ながら学習するのが一番効率がいいです。

こういった充実した学習環境の中であれば、独学での動画編集スキル獲得も十分可能です。

正直に言います。動画編集のオンライン講座をうけてみた【感想・口コミ】テックアカデミーの動画編集コースを実際に受けてみたので正直な感想と、口コミをまとめました。これから動画編集のスキルでフリーランス独立したり転職したい人におすすめ出来るオンラインスクールですね。...

独学での動画編集スキル習得は可能な理由③お金をかけずに学習することができるから

動画編集はお金をかけずに学習することもできます。

もちろん動画編集についての高度なスキルを身に付けたいのであれば、お金を払って参考書なり学習教材なりを購入したほうが効率がいいです。

ですが動画編集の基礎であればお金をかけずに学習することができます。

具体的にどうやって学習するかについて解説します。

学習方法は大きく2つあり、SNSなどで情報収集するもしくはyoutubeなどの動画サイトで学習するといった方法があります。

動画編集で実際に生計を立てたいる方の中には、SNSで動画編集に関する情報を発信している方がいたり、youtubeなどに動画編集についての講義動画を載せている方が数多くいます。

そういった方が発信している情報で、動画編集の基礎であれば身に付けることができますよ。

動画編集はお金をかけずに学習することができます。

動画編集者としての独立方法

動画編集者として独立するためには、以下の3つを活用しましょう。

動画編集者としての独立方法
  • クラウドソーシングサイト
  • SNS
  • 友人

それぞれ詳しく見ていきましょう。

動画編集者としての独立方法①クラウドソーシングサイト

動画編集の仕事はクラウドソーシングサイトを使って見つけることができます。

クラウドソーシングサイトとは、仕事を依頼する側と受注する側をマッチングさせてくれるサイトのことです。

有名なものですとランサーズクラウドワークスがあります。

動画編集初心者であったり、仕事受注のためのつながりが何もない人にとっても簡単に仕事を見つけることができます。

ですので、動画編集初心者が仕事を探すには最適です。

クラウドソーシングサイトでは動画編集以外にも、ライターやエンジニア、デザイナーなど様々な仕事を紹介しています。

仕事数も豊富ですのでどういうものがあるか、一度確認してみるのがいいと思います。

動画編集初心者には、クラウドソーシングサイトがおすすめですよ。

おすすめのクラウドソーシング

動画編集者としての独立方法②SNS

動画編集の仕事を獲得する方法としてSNSで仕事を獲得するという選択肢があります。

Youtubeなどの動画配信者は、ツイッターやインスタグラムをはじめとするSNSのアカウントを持っている場合がほとんどです。

こういったSNSアカウントに対して、直接営業をかけて仕事を受注します。

人気youtuberはすでに動画編集者を雇っている場合が多いです。

しかし、登録者数万人レベルの中堅youtuberは自分で編集をしていることもあるので、営業することで動画編集を任せてもらえる可能性があります。

また、すでに動画編集者を抱えている方でも、これから投稿本数を増やしたり、動画の時間を長くするので動画編集者を増員したいという方もいます。

個人同士の契約になりますので、支払いに関してはしっかり事前に決めておく必要がありますが、SNSから動画編集の仕事を受注することもできますよ。

動画編集者としての独立方法③友人

また、友人から動画編集の案件を受注するという方法もあります。

動画編集を始めたことを、友人などに伝えるとまれに友人から動画編集の依頼を受けることがあります。

これは必ずしもyoutubeの動画編集とは限らず、結婚式用の映像であったり様々なものがあります。

友人から動画編集の仕事を受注することに対するメリットは、友達のツテでどんどん仕事が受注できる場合があることです。

編集した動画を友人に気に入ってもらえた場合には、友人の友人、そのまた友人とどんどん紹介してもらえます。

ただしデメリットとしては、報酬があいまいになってしまうことです。

友人ですので、SNSやクラウドソーシングサイトのようにお金を請求することに引け目を感じるかもしれません。

もちろん善意で無料で編集してあげるというのもありです。

友人からも動画編集の案件を受注することができますよ。

動画編集者として生き残る方法

動画編集者として生き残っていくためには以下の3つに気を付ける必要があります。

動画編集者として生き残る方法
  • 常に高いスキル習得を目指す
  • 付加価値を付ける
  • チーム化する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

動画編集者として生き残る方法①常に高いスキル習得を目指す

動画編集者は常にスキルを追求し続ける必要があります。

理由としては、簡単な動画編集はこれから自動化される可能性があることと、動画編集者が急増してスキルがない動画編集者は淘汰されるからです。

カットやテロップ入れなどに関しては今後自動化されると予想されています。

また、動画業界の盛り上がりと共に動画編集者も急増していきます。

そういった厳しい環境の中で生き残っていくためには、動画編集の高いスキルを習得する必要があります。

動画編集の仕事を受注することができたとしても、現状に満足せず、常に動画編集スキルを磨き続けましょう。

これから先も動画編集者として生き残っていくためには、高い動画編集スキルの習得は必須です。

>>動画編集のプロの技術を4週間で学ぶオンラインスクール

動画編集者として生き残る方法②付加価値を付ける

動画編集者として生き残っていくためには、自分に付加価値を付けることが重要です。

ここでいう付加価値とは、動画編集者としてただ動画を編集して納品しているだけではいけないということです。

動画を編集することにプラスして、動画編集で感じた気づきやyoutubeチャンネルを伸ばすための改善点などをクライアントに伝えましょう。

こういった付加価値を付けることによって動画編集者としてより信頼してもらうことができますし、今後も動画編集者として生き残っていくことができるようになります。

また報酬のアップにもつなげることができますよ。

動画編集でフリーランスが独立
動画編集でフリーランス独立に必要なスキル|自動編集に淘汰されないためにやるべきこと副業で動画編集してるけど、フリーランスで独立できるかな?結論できます!独立に必要なスキルや仕事量、大きく稼ぐ方法を解説します。...

動画編集者として生き残る方法③チーム化する

動画編集者として生き残るためには、チーム化しましょう。

動画編集は自分一人でもできる仕事です。

しかし動画編集の仕事は労働集約型ですので、働いた分しか報酬を得ることができません

つまり収入に限界があるということです。

そこで動画編集チームを作って、チームで動画編集を行えば、受注できる案件の量も大幅に増えますし、業務を分担することによって作業効率も大幅にアップします。

また、自身がチームをディレクションすることで、自分が実際に労働していない分もわずかながら収入として得ることができるので、動画編集のデメリットである労働集約型という点を脱することができます。

動画編集をチーム化することによって、ディレクターとしてのノウハウをためることもできますし、収益もアップしますよ。

いずれは自分が発信者側に立つことを考えるべき

また動画編集で稼ぐことができるようになったら、いずれは自分が発信者側に立つべきです。

理由としては以下の3点です。

いずれは自分が発信者側に立つことを考えるべき理由
  • 収益性がけた違いだから
  • 動画コンテンツはこれから盛り上がるから
  • 資産になるから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

いずれは自分が発信者側に立つことを考えるべき理由①収益性がけた違いだから

Youtubeなどの動画コンテンツに動画を投稿してうまく広告収入が入ってくるようになると、今までとは比べ物にならない額の報酬を得ることができます。

動画編集で得ることができる報酬の何倍もになります。

せっかく動画編集のスキルを身に付けるのであれば、いずれは自分が動画コンテンツを発信する側になることを考えておくべきです。

動画編集者として、動画編集の案件を受注しながら、自分が発信する場合にはどうするかということも一緒に考えておくといいでしょう。

そうすることで、動画編集としての質も上がりますし、クライアントに寄り添った提案をすることができるようになりますので一石二鳥です。

自分の収入を増やしていくためにもいずれは自分が動画発信者になることを考えましょう。

いずれは自分が発信者側に立つことを考えるべき理由②動画コンテンツはこれから盛り上がるから

動画コンテンツはこれからさらに盛り上がっていきます。

ですのでその波乗るためにもいずれは自分が発信者側に立つことを考えるべきです。

動画コンテンツは、これから5Gが世間に浸透するにつれてさらに盛り上がっていきます。

動画編集について学び、ある程度編集もこなせるようになったら、動画編集の仕事をしながらでもいいので、自分のチャンネルを持ってみましょう。

毎日投稿など、全力でコミットする必要はありませんが、とにかく自分のチャンネルを持ってみることが大切です。

実際にチャンネルを持ってみることで、クライアントの悩みなども見えてくることもありますよ。

いずれは自分が発信者側に立つことを考えるべき理由③資産になるから

また、自分で動画を投稿して発信者側に立つことで自分の資産を作ることができます。

資産とは投稿した動画のことです。

動画は一度投稿してしまえば永久的に残り続けます。

ですので需要がある動画を投稿することができれば、時間や時期を問わず再生され続けて広告収入を得ることができますよね。

一方動画編集は確実に報酬をもらうことはできますが、労働集約型の職業です。

働いた分だけ報酬を受け取ることができるという形ですよね。

ですので動画編集者としてある程度稼ぐことができるようになったら、自分でも動画発信をしてみることをオススメいたします。

自分の資産をどんどん増やしていくことでより成長していくことができますよ。

動画編集の独学方法と独立方法まとめ

以上、動画編集の独学方法と独立方法について解説いたしました。

動画編集は独学が可能です。

これから動画編集業界はさらに盛り上がっていき飽和へと向かっていくので、今のうちに参入しておくことをオススメいたします。

また、ただ動画編集ができるだけではこれからの時代は通用しません。

動画編集+αの付加価値をクライアントに提供することでこそこれからの動画編集業界を生き残ることができるので、常に動画編集スキルを追求し続けましょう。

今回は以上になります。

正直に言います。動画編集のオンライン講座をうけてみた【感想・口コミ】テックアカデミーの動画編集コースを実際に受けてみたので正直な感想と、口コミをまとめました。これから動画編集のスキルでフリーランス独立したり転職したい人におすすめ出来るオンラインスクールですね。...
\IT業界×転職で年収UP/
マイナビITエージェント

転職するならIT業界を選ぶのがおすすめです。

そして、IT業界の転職はIT特化型のエージェントを使うのが鉄則です。

人材大手のマイナビのITエージェントなら年収アップ期待度が非常に高いので、使わない理由がありません。

今すぐ無料で登録し、自分にあったキャリアプランを相談しましょう!

1日1ポチの協力お願いします!
今年ガチコリ稼げるおすすめ副業17選と稼ぐコツをまとめて解説!
おすすめ副業一覧
ガチコリ稼ぎやすい副業と稼ぎ方を公開!
おすすめの副業はコチラ