IT業界への転職

文系出身でもデータサイエンティストへの転職は可能?【結論:可能】

文系出身でもデータサイエンティストになれるのか
悩み事
悩み事
文系出身ですが、データサイエンティストに興味があります。
文系出身でもデータサイエンティストへの転職は可能でしょうか?

こういった悩みに答えます。

結論からお伝えすると、文系出身でもデータサイエンティストへの転職は可能です。

解説ポイント
  • 文系出身でもデータサイエンティストへの転職は可能
  • データサイエンティストの需要は伸びている
  • データサイエンティストの仕事内容
  • データサイエンティストに転職する方法
  • データサイエンティストへの転職はベンチャー企業が狙い目

この記事を書いている僕は採用コンサルとして法人の人事の支援を担当していた経験があり、転職には詳しいです。

僕の実体験をもとに解説していきます。

3分ほどお付き合いください。

>>テックアカデミーデータサイエンスコース

文系出身でもデータサイエンティストへの転職は可能

文系出身でもデータサイエンティストへの転職は可能です。
理由としては以下の3つです。

文系出身でもデータサイエンティストへの転職は可能な理由
  • ビジネスに関する知識がある文系は重宝される
  • 英語力が必要とされることがある
  • 柔軟な考え方ができる

詳しく解説していきますね。

ビジネスに関する知識がある文系は重宝される

データサイエンティストにはビジネス的な視点が必要とされます。

そして文系出身者や、営業などの文系が多い職の経験者は理系と比べてもビジネス的視点を持ち合わせていることが多いです。

ですので文系だからといってデータサイエンティストになれないということはありません。

英語力が必要とされることがある

データサイエンティストは様々なデータの分析を行います。

その中には英語ベースのものも数多く存在し、場合によっては英語の論文を読む必要もあります。

理系よりも文系の方が語学に精通している方は多いですよね。

もし英語に自信があり何か資格を持っているのであれば、データサイエンティストへの転職成功確率もグンと上がりますよ。

柔軟な考え方ができる

文系は理系に比べて柔軟な考え方ができます。

理系は論理的に考えることは得意ですが、自分の考えや一つのパターンに固執してしまうといった傾向があります。

データサイエンティストが分析を行う際には、一つの角度からは見えてこなかったことでも、他の角度から見ることでこれまでには見えなかったものが見えてくることがあります。

そういった意味でも柔軟な考え方ができる文系出身がデータサイエンティストになることは可能です。

データサイエンティストの需要は伸びている

データサイエンティストの需要は伸びています。

理由としては以下の3つです。

データサイエンティストの需要は伸びている理由
  • ビッグデータ市場が拡大を続ける
  • アメリカでも人気急増中の職業
  • AIを使った仕事の需要が伸びる

それぞれ詳しく解説していきますね。

ビッグデータ市場が拡大を続ける

各企業がwebサービスなどから収集しているビッグデータ。

このビッグデータの量は年々ものすごい量で増え続けています。

それに伴ってビッグデータを分析するデータサイエンティストの需要も増えていきます。

データサイエンティストはこれから最も急成長していくであろう職種の1つです。

アメリカでも人気急増中の職業

ビッグデータといえばアメリカです。

アメリカではfacebookやgoogleをはじめとして、他国を寄せ付けない膨大な量のビッグデータが収集されています。

そんなアメリカではデータサイエンティストの仕事が将来性がある仕事として人気急増中です。

ビジネスの流れとして、アメリカで広まったものが世界にも広まっていく傾向にあるので、いずれ日本でもデータサイエンティストの人気度が激増すると考えられます。

AIを使った仕事の需要が伸びる

また、これからはAIの時代です。

AIや機械が仕事を奪うのではないかといった声もありますが、それは単純労働などに限った話です。

AIの時代が来るにつれて、AIに関わる仕事の需要は伸びていきます。

AIをプログラミングするためにプログラマーの需要は伸びますし、AIが入手したデータを分析するためにデータサイエンティストの需要も伸びていきます。

データサイエンティストの仕事内容

データサイエンティストはビッグデータなどのデータ分析を行う仕事です。

ビッグデータを分析することによって、マーケティングやサービス開発、業務改善などに活かすことができます。

各企業が保有するビッグデータの量は増え続けており、データサイエンティストという職業の需要は今後も増え続けると考えられます。

データサイエンティストに転職する方法

データサイエンティストとして転職するためには、

必要なスキル・知識
  • プログラミングスキル
  • 統計学の知識
  • 機械学習の知識

を事前に身に付ける必要があります。

それぞれ詳しく解説していきますね。

プログラミングスキルを身につける

入手したデータの解析や分析を行う際にはプログラミング言語を使って膨大なデータベースを操作する必要があります。

Phythonのライブラリを使ってデータ分析が出来ると良いでしょう。

統計学の知識

知りたいことに関して、どのようなデータをどのくらい集めればいいのかを知る必要があります。

統計学の知識があれば、集めたデータを効率的に活用し、ビジネスに生かしていくことができます。

機械学習の知識

データサイエンティストに未経験での転職は不可能に近いです。

そのため、基礎的なPyhthonライブラリを使用したデータ解析方法や、機械学習に関する知識を事前に身に付けておくことで転職確率も大幅にあがります。

データサイエンティストについての学習はオンライン講座での学習がおすすめです。

詳しくは下記からご覧ください。

>>テックアカデミーデータサイエンスコース

データサイエンティストへの転職はベンチャー企業が狙い目

データサイエンティストへの転職はベンチャー企業が狙い目です。

理由としては以下の3つです。

データサイエンティストへの転職はベンチャー企業が狙い目な理由
  • 年収アップを狙いやすい
  • 社内環境が良い
  • 平均年齢が低い

ベンチャー企業が狙い目な理由①年収アップを狙いやすい

ベンチャー企業では転職組でも比較的短期間で年収アップを狙いやすいです。

理由としては、経験よりも実力で評価されるからです。

ベンチャー企業が狙い目な理由②社内環境が良い

また、歴史がある企業と比べると社内環境がいい場合が多いです。

無駄な風習等にとらわれることなく伸び伸びと仕事をすることができますよ。

また、フレキシブル制度などを取り入れている企業も多いです。

ベンチャー企業が狙い目な理由③平均年齢が低い

ベンチャー企業は平均年齢が低いです。

ですのでお互いに意見が出しやすく、正直に物事を言える環境で仕事をすることができます。

若くても大きなチャンスをもらえる機会もあるので、成長のスピードも早いです。

まとめ

文系出身でもデータサイエンティストへの転職は可能かどうかについて解説いたしました。

文系出身でもデータサイエンティストへの転職が可能ということがお分かりいただけたかと思います。

ただしそのためには、事前の知識習得が不可欠です。

データサイエンティストに興味がある方は下記より講座をお試しください。

>>テックアカデミーデータサイエンスコース

今回は以上になります。

テックアカデミー の口コミと評判
テックアカデミーで年収爆上げ?|最悪な口コミと評判は本当なのか?【結論:評判は良い】TechAcademy(テックアカデミー)というオンラインスクールは信頼できる?評判や口コミが最悪?悪い噂があるが実際どうなのか。安心して利用できるのか、学習効果はあるのか、キャンペーンや最安値で受講する方法などを解説します。...
\IT業界×転職で年収UP/
マイナビITエージェント

転職するならIT業界を選ぶのがおすすめです。

そして、IT業界の転職はIT特化型のエージェントを使うのが鉄則です。

人材大手のマイナビのITエージェントなら年収アップ期待度が非常に高いので、使わない理由がありません。

今すぐ無料で登録し、自分にあったキャリアプランを相談しましょう!

1日1ポチの協力お願いします!
今年ガチコリ稼げるおすすめ副業17選と稼ぐコツをまとめて解説!
おすすめ副業一覧
ガチコリ稼ぎやすい副業と稼ぎ方を公開!
おすすめの副業はコチラ