副業FX

GemForexの評判について他の海外FX業者と比較しながら徹底解説!

海外FXの中でもトップクラスのレバレッジを誇ることで人気がある「GemForex」。

おすすめの海外FX業者に取り上げられることが多く興味を持っている人も多いと言えるでしょう。

しかし海外FXについての評判は「レバレッジが高いから危険」「お金に関してのトラブルが多い」といったような話が多いのも事実なので不安に感じることもあるでしょう。

そこで今回は「GemForexが実施している安全対策」「金融ライセンスの取得情報」などを中心にGemForexの安全性について紹介します。

また他の海外FX業者と比較しながらGemForexのメリット・デメリットについてわかりやすく説明していきますね。

解説ポイント
  • 安全性に問題はない
  • サービス内容が豊富な上に還元率が高い
  • 入出金と禁止事項

GemForexの仕組みや実際に使用してみて感じたことについて説明していきますので、「他のFX業者と迷っている」「出金トラブルになるのは困る」といった人におすすめの内容です。

また「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」などのサービス情報についても解説していきます。

ただしGemForexには「多額の資金がなければ口座開設できない」「取引制限がある」などのデメリットがあるのも事実なので、詳しく説明しますね。

GemForexで口座開設【公式】

海外FXはXMTradingがおすすめ
【安全&安心】おすすめの海外FXランキング!怪しい業者も暴露【最高環境】海外FX業者ランキングでは日本人が安心してトレードできる業者だけをピックアップ。怪しい、信頼性が低い、おすすめできない業者も合わせて晒していきます。この記事を読めば国内のFX業者にはない海外ならではのメリットがわかり、トレードの成果がグンと上がります。...

GemForexの安全性

GemForexの安全性
海外FX業者を利用する時に1番不安になることが「お金関係」です。

FXというだけで不安になるところですが、「海外FXのお金に関する悪い噂」がより怖さを増やしていると言えるでしょう。

ただしGemForexに関してはお金の心配をする必要は一切ありません。

その理由について詳しく解説していきますね。

また出金拒否の噂が出る理由や金融ライセンスの取得経緯についてもわかりやすく説明します。

悪い噂が出る理由が分かれば安心しますよ。

安全性に問題はなく出金拒否もない
  • 取得している金融ライセンスについて
  • 国内ではなく海外の金融ライセンスを取得している理由
  • 信託保全ではなく分別管理
  • GemForexは有名人がスポンサーになっている
  • 出金拒否は規約違反をしたため

以上について詳しく解説していきます。不安に感じるGemForexの資金管理についてもわかりやすく説明しますね。

取得している金融ライセンスについて

GemForexが取得している金融ライセンスは「ニュージーランドNSP」。

XMが取得しているキプロス証券取引委員会と比べると取得難易度は低いと言えるでしょう。

ただし2015年にニュージーランドNSPは規制強化を行っています。

その結果150以上の登録業者がライセンスをはく奪させるという事態が発生しました。

GemForexは難易度が高い金融ライセンスを取得したとは言えません。

しかし数多くの業者がクリアできなかった金融ライセンスを保持しているということはGemForexの資金管理に対する意識の高さや信頼性を表すものと言えるでしょう。

悪いうわさが立ちやすい理由
  • GemForexは金融ライセンスを取得した時期が遅い

GemForexが金融ライセンスを取得したのは「2019年6月」です。

2010年に設立したことを考えれば「金融ライセンスを取得しないFX業者」と言われても仕方がないと言えます。

そのため「GemForexは危険」「ライセンスがないから出金拒否が起こる」といった噂や評判が出回ったのでしょう。

今現在では金融ライセンスを保持していますし、実際のところは出金拒否というのはほぼありませんので、安心しましょう。

(「ほぼ」と言ったのは、2019年6月以前には出金拒否や入出金面のトラブル報告が2例ほど存在しているからです。詳しくは後ほど解説します。)

日本ではなく海外の金融ライセンスを取得している理由

海外FX業者全般に言えることですが、複数の金融ライセンスを取得しているにも関わらず日本の金融ライセンスを保持している業者はありません。

日本の金融ライセンスを保持しない理由
  • レバレッジの最大が25倍までになってしまうから
  • ゼロカットシステムの廃止

日本国内の金融ライセンスを取得すると規定によりレバレッジを最大で25倍までしか掛けることができなくなります。

海外FX業者を利用するメリットとしては「ハイレバレッジ」ということが挙げられます。

日本のFX業者が最大25倍までなのに対して、海外FX業者は300~500倍は当たり前。

トップクラスになると1000~3000倍ものレバレッジを掛けられる業者もあります。

GemForexに関しては期間限定でしたが、5000倍のレバレッジが掛けられる口座を開設できる時期もありました。

レバレッジの比較
  • 自己資金×レバレッジ=購入できる通貨量
  • 国内FXの場合
  • 10,000円×25=250,000円
  • 海外FXの場合
  • 10,000円×500=5,000,000円
  • 自己資金の差は4,750,000円

通貨量を多く購入すればその分、利益が増やせる可能性が高くなります。

資金が減りやすいというデメリットもありますが、少ない資金でFXをやる場合はレバレッジを掛けなければ通貨を購入したとしてもほとんど資金を動かすことができません。

そのため日本国内の金融ライセンスをあえて取得しないとも言えるでしょう。

GemForexで口座開設【公式】

ゼロカットシステムの仕組み
  • FXで借金をする確率がゼロになるシステム

日本国内のライセンスを所持していると「追証」といって取引時に発生したマイナス分に対しても支払いの義務があります。

本来FXでは「強制ロスカット」といって自己資金が尽きるまえに取引を強制終了させる仕組みになっていますが、急激な値動きがあった時は強制ロスカットが機能しません。

そのためマイナスであるにも関わらず取引が継続されてしまいます。

価格の変動が落ち着いた時に取引終了となりますが、その時には大きな借金を抱えることになっているしょう。

しかし海外FXでは「ゼロカット」がありますので、1度資金はマイナスになりますが、マイナス分は業者が保証してくれます。

そのため海外FXで取引をしても口座に入金してある以上のお金が減ることは100%ありません。

日本の金融ライセンスを取得してしまうと「レバレッジが少なくなり利益が出しにくい」「借金を背負う可能性がある」ということになるので、日本国内の金融ライセンスを取得していないことに関しては問題ないと言えます。

GemForexで口座開設【公式】

信託保全ではなく分別管理

GemForexの資金管理は信託保全と公表していますが、実際のところは信託保全とは言い切れません。

信託保全の仕組み
  • 経営資金と顧客資金を分けて管理する
  • 顧客資金は第3者が管理する
  • 倒産した時は第3者を通じて顧客へお金を返却する
  • いくつかの保証が決められている

信託保全は資金管理が徹底されているので、お金に対する信頼度が高いと言えます。

しかしGemForexの資金管理は分別管理なので少し違います。

分別管理の仕組み
  • 経営資金と顧客資金を分けて管理する
  • 顧客資金はGemForexが管理する
  • 倒産した時はGemForexを通じて顧客へお金を返却する
  • 保証は一切ない

分別管理とは信託保全の一種となりますので、GemForexが嘘をついているわけではありません。

しかし「資金は分けるが管理するのはFX会社」である分離管理はGemForexを使う上で明らかなマイナスポイントと言わざるを得ません。

また難易度の高い金融ライセンスが取得できない理由にも関係してくることです。

海外FX業者の中で信託保全を取り入れているのは「XM」「Axiory」などです。

XM Tradingで口座開設の方法
XMtradingの評判を徹底分析|口座開設しない理由がない!【海外FXの口コミ】海外FXで人気も実力もNo1のXMトレーディングを辛口でレビューします。口コミや評判はどうなのか、現役トレーダーがXMの安全性や正直使えないなと思っているところも含めて解説していきます。...
【スキャル天国】AXITORYの評判&口コミ|出金拒否の噂やストップ狩りは大丈夫?海外FXの信頼性を検証!海外FXで評判の良いAxioryについてまとめました。出金拒否の噂や業者の信頼性・安全性をあらゆる角度から徹底的に検証します。利益を上げたトレーダーが無事に出金できるのか、魅力的なボーナスの注意点や入金、出金時に注意すべきポイント、スプレットや約定力の実態を口コミや評判を元に解説します。...

GemForexは有名人がスポンサーになっている

GemForexは有名人がスポンサーになっている
GemForexは「マニーパッキャオ」という有名なボクサーがスポンサーになっています。
(マニーパッキャオはフィリピンの英雄で、現在は政治家でもあります。)

有名人がスポンサーになるということはイメージにも関わりますのでお金に関してのトラブルはなんとしても防がなければなりません。

そのためGemForexではホームページ上でも資金管理や出金に関して意識が高いことをアピールしています。

スポンサーがついていることは安全性が高いことを証明する1つの材料になるでしょう。

GemForexで口座開設【公式】

出金拒否は規約違反をしたため

出金拒否がゼロではない理由としては規約違反が関係しています。

GemForexではいくつか禁止事項が決められていて、万が一規約違反をしてしまうと出金拒否になる可能性があるからです。

規約違反に触れると出金拒否になる理由
  • GemForexのサービスを利用して不正に利益を上げているため

規約違反に記載されていることはすべてサービスを悪用しているものです。

そのため出金拒否にして、不正行為を防止しています。

しかし不正をしたことに気づいていない人が「GemForexで出金拒否された」と言っていることがあるため出金拒否の噂が出回っている可能性が高いと言えるでしょう。

普通に取引をしていれば出金拒否されることはないので、心配する必要はありません。

GemForexのサービス内容について

GemForexのサービス内容について
レバレッジの高さや手数料について他の海外FX業者と比較してどのような違いがあるのかを説明しますね。

GemForex と他の海外FX業者との違い
  • レバレッジは1000倍
  • スプレッドと取引手数料について
  • 取引できる銘柄数が少ない
  • MT5に対応していない
  • 日本語に対応しているチャットがある
  • クイック口座開設が可能

GemForexのメリット・デメリットがわかりやくなるように取引銘柄数や対応しているトレーディングツールについても解説します。

レバレッジは1000倍

GemForexのレバレッジは1000倍で、他の海外FX業者と比較してもトップクラスと言えるでしょう。

他の海外FX業者との比較
  • GemForex=1,000倍
  • XM=888倍
  • TITAN=500倍

GemForexであれば他の海外FX業者よりもハイレバレッジの取引が可能なので、より少ない資金で利益を出すことができるでしょう。

しかしハイレバレッジであれば損失を出してしまうこともありますので、資金管理には十分注意したほうが良いと言えます。

スプレッドと取引手数料について

スプレッドは取引する時に必要な手数料です。

GemForexでは通常のスプレッドで取引を行う「オールインワン口座」とスプレッドが限りなく少ない「ノースプレッド口座」があります。

他の海外FX業者にも同じように口座の種類を選ぶことができますが、ノースプレッド口座に関してはどこの業者もスプレッドはほぼ変わりませんので比較はオールインワン口座のみとなります。

他の海外FX業者との比較
  • GemForex=「1.5」
  • XM=「1.6」
  • TITAN=「1.3」

こちらはドル円での平均スプレッドです。

スプレッドの幅が広いほど、取引時に掛かる手数料が多くなります。

「TITAN」と比べるとGemForexはスプレッドが広いので取引に関しては不利と言えるでしょう。

TITANFXの評判について徹底解説!サービス内容から入出金までを完全網羅海外FX「TITAN 」(タイタン)についてまとめました。出金拒否の噂や業者の信頼性・安全性をあらゆる角度から徹底的に検証します。利益を上げたトレーダーが無事に出金できるのか、魅力的なボーナスの注意点や入金、出金時に注意すべきポイント、スプレットや約定力の実態を口コミや評判を元に解説します。...

またスプレッドは時間帯によっても変わりますので、取引をする前に必ず確認するようにしましょう。

次は取引手数料の解説をしていきます。

取引手数料とは海外FXでスプレッドの狭い口座を解説した時に掛かる手数料のことです。

しかしGemForexでは取引手数料が発生しません。

本来であれば「通貨を購入した時」「決済した時」にそれぞれ3~5ドルほど掛かりますので有利と言えますが注意点もあります。

ノースプレッド口座開設時の注意点
  • 口座開設時に30万円を入金しなければならない

口座開設時には初回入金額が設定されています。

常時ではありませんが、初回のみ決められた金額を入金しないと取引が開始できないようになっています。

他の海外FX業者との比較
  • GemForex=30万円
  • XM=1万円
  • TITAN=2万円

GemForexは取引手数料が掛からないのでメリットもありますが、口座を開設する時に資金が必要になります。

また海外FXは少ない資金でも取引できることが魅力の1つなので、初期投資費用が多く掛かるというのは大きなデメリットになると言えるでしょう。

取引できる銘柄数・通貨ペアが少ない

取引できる銘柄数が少ない
GemForexで取引できる商品は「通貨33種類」「CFD12種類」です。

他の海外FX業者と比較した時に決して多いとは言えません。

他の海外FX業者との比較
  • GemForex=通貨33 CFD12
  • XM=通貨57 CFD47
  • TITAN=通貨57 CFD17

メジャーな通貨に関してはほぼ取引をすることができるので不便と感じることは無いと言えるでしょう。

それよりCFDが少ないことが問題です。CFDとは「貴金属」「エネルギー」「先物」など通貨以外の商品を指していますが、GemForexでは「貴金属」の取引ができません。

貴金属の「ゴールド」は世界経済が悪化してきた時に多くの投資家が乗り換える商品と言われています。

それだけにFXをやるからには取り入れたい商品と言えるでしょう。

XMはもちろん取引可能ですし、CFDの商品が多くないTITANでも貴金属の取引は可能です。

貴金属に興味のある人はGemForexでは取引できませんので注意しましょう。

また「ノースプレッド口座」に関してはCFDの商品は一切取引できませんので覚えおきましょう。

MT5に対応していない

MT5に対応していない
トレーディングツールの中でも人気のある「MT5」ですが、GemForexは対応していないので使用することができません。

使用できるのは「MT4」になります。

MT4とMT5の違い
  • MT5は約定力が高い
  • MT5は時間足が多く選べる
  • ツールはMT4のほうが多い

約定力とはより正確な価格で取引する力のことです。

価格は常に変動しているので購入や決済する時にはズレが発生します。

ズレが発生した分だけ損失が増える可能性があるので約定力はできるだけ高いほうが良いと言えるでしょう。

MT5はMT4よりも最大で20倍ほどのスピードで決済できるようになっていますので、購入や決済をする時はMT5のほうが良いと言えます。

時間足に関してはMT4が9足に対してMT5は21足です。

MT5のほうがより細かい時間足でチャートを確認することができるので取引を有利に進めることができるでしょう。

しかしインディケーターやEAはMT4のほうが多いので取引時にツールを多く使う人であればMT4だけ十分と言えるでしょう。

日本語に対応しているチャットがある

GemForexはチャットサービスを行っているのでわからないことがあった時はすぐに質問して解決することができます。

メールで問い合わせした場合は1~2日かかるところを数分で返答が来ますので、ストレスが掛かることなく取引できます。

チャットが使える時間
  • 平日の10:00~17:00

平日以外はメールでの問い合わせになりますので注意しましょう。

チャットのサポートセンターはベトナムにありますが、日本人スタッフがいますので安心して質問できますよ。

クイック口座開設が可能

GemForexではクイック口座開設ができるので個人情報を入力するだけで新規の口座を開設することができます。

身分証明証の提示は一切必要ありません。そのため個人情報入力直後から取引を行うことができます。

有力な情報を得て取引したほうが良いと判断した時や、期間限定キャンペーンの終了間際でも口座を登録することができるでしょう。
後日、身分証明証の提示は必須となりますが、急いでいる時には役立つサービスと言えるでしょう。

ボーナスポイントが豊富にある

海外FXではボーナスポイントが貰えることが多いですが、数ある業者の中でもGemForexのボーナスポイントは魅力的と言えます。

GemForexで口座開設【公式】

ボーナスポイントの特徴と注意点
  • 口座開設時に2万円分のボーナス
  • 入金額に対して100%の入金ボーナス
  • 出金時はボーナスポイントが消滅する
  • ボーナスの対象はオールインワン口座だけ

ボーナスポイントは証拠金として使えるのである意味「お金」と同じですが、デメリットもありますので詳しく解説しますね。

海外FXサイトはボーナスから業者を選ぶ!各社のキャンペーンを比較 海外FXサイトを選ぶときにはレバレッジの高さやスプレッドの狭さというものが重要となりますが、初心者の方であればボーナスで決めるという...

口座開設時に2万円のボーナス

口座開設時に2万円のボーナス
GemForexでは口座を開設すると2万円分のボーナスポイントをプレゼントするキャンペーンを定期的に行っています。

GemForexはレバレッジが1,000倍なので口座を開設したと同時に資金が200万円あるようなものです。

口座を開設しただけで2万円分のボーナスポイントを貰えるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

また過去には最大で3万円分のボーナスポイントをプレゼントしている時もありました。

時期によってですが少なくて1万円、多くて3万円の口座開設ボーナスを行っていますので、興味のある人は定期的にホームページを確認するのも良いかもしれません。

入金額に対して100%の入金ボーナス(キャンペーン)

口座開設時にいくらといったボーナスが行われていない時は全員を対象とした「入金ボーナス」を実施していることが多いですが、抽選で行われるので誰でも貰えるわけではありません。

入金ボーナスは「入金額に合わせて決められた割合のボーナスポイントが貰える」という仕組みになっています。

入金ボーナスが行われている時は入金額に対して「100%」で行われることが多く「5万円入金すれば5万ポイント」「10万円入金すれば10万ポイント」といった形でボーナスポイントが貰えるでしょう。

また最大で入金額に対して「200%」という時期もありました。ただし「200%」というのは滅多に行われることはありません。

入金ボーナスの種類と注意点
  • 金額は100~500万円
  • 割合は50~200%
  • 有効期限は30日で当選後の入金のみが対象

入金ボーナスには上限がありますので注意しましょう。

また有効期限があり30日間何もしなかった場合は抽選に当たったとしてもボーナスポイントは貰えません。

無理に入金する必要はありませんが、できれば少しでも入金したほうが良いと言えるでしょう。

出金時はボーナスポイントが消滅する

ボーナスポイントは証拠金としては使用できますが、お金ではないので出金することは不可能です。

それどころかボーナスポイントがある状態で利益を出金するとボーナスポイントが完全に消滅します。

出金金額に関係なくボーナスポイントがどれだけあってもゼロになってしまうので注意しましょう。

「XM」でも出金時にボーナスポイントが消滅する仕組みになっていますが、すべてではありません。

GemForexは貰えるボーナスが多いですが、すべて消滅するといったデメリットがあることも覚えておきましょう。

GemForexで口座開設【公式】

ボーナスの対象はオールインワン口座だけ

豊富なボーナスがあるGemForexですが、対象口座はオールインワン口座だけになります。

ノースプレッド口座は対象外なので注意しましょう。

対象外の口座がある理由
  • スプレッドが低いためGemForexの利益が出せなくなる

FX業者は手数料で利益を確保しています。もちろんそれだけではありませんが大部分を占めると言っても良いくらいでしょう。

そのためスプレッドが狭いノースプレッド口座にはボーナスポイントを還元するのは難しいと言えます。

入出金について

海外FXでも悪評が立つ原因となっている入出金。GemForexでも独自のルールがありますので詳しく解説します。

入金方法と出金時の注意点
  • 入金手段は豊富にある
  • ほとんどのクレジットカードに対応している
  • 出金は銀行送金のみ
  • 利益以外を出金する時の注意点

入出金時の仕組みは複雑ですが、1度覚えてしまえば迷わずできるようになりますのでわかりやすく説明しますね。

入金手段は豊富にある

GemForexは入金手段が数多くあるので便利です。

入金方法最低入金額手数料
銀行送金1000円〜無料
クレジットカード5000円〜無料
Bitcoin0.01BTC無料
Ethereum0.1ETH無料
PayPay10000円〜無料
STICPAY5000円〜無料

*日本円口座で使える入金方法のみになります。

銀行送金以外はGemForexの口座に即時反映されます。

また銀行送金も入金が確認でき次第、反映されますので時間は掛からないと言えるでしょう。海外FXでは入金方法が限られているケースが多いので、出金方法が豊富にあるGemForexは使いやすいと言えるでしょう。

ほとんどのクレジットカードに対応している

海外FX業者の中にはクレジットカードの入金を制限しているところが多いですがGemForexは使用できるクレジットカードが数多くあるので入金時に困ることがありません。

入金可能なクレジットカード
  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • AMEX
  • DINERS Club
  • DISCOVER

*すべて最低入金額は5,000円、手数料無料、即時口座反映です。

XMではVISA、JCBのみ、TITANではVISA、マスターカード、AMEXのみとなりますのでGemForexは他の海外FX業者と比較しても多くのクレジットカードを使用できると言えるでしょう。

クレジットカードは、緊急の時でもすぐに入金できますし、即時口座反映なのでクレジットカードを豊富に使えることは大きなメリットになります。

クレジットカード入金の注意点
  • 入金拒否されることがある

クレジットカードは便利ですが必ずしも入金できるわけではありません。

理由は2つありますが、1つ目は「カード会社が入金を止めている」からです。

カード会社が入金を止めなければならないのは日本の金融庁から圧力をかけられているからと言われています。

「できるだけ海外でお金を使わせたくない」「海外FXに投資すること自体をよく思っていない」といったことが理由とされていますが、実際のところはわかりません。

ただしカード会社から入金拒否をされてしまった場合は違う方法で入金するしかありませんので覚えておきましょう。
*VISA、JCBはブランド名、楽天、三井住友はカード会社

2つ目はカード会社のセキュリティシステムに反応してしまった時です。

「普段とは違うカードの使い方」「海外での買い物」これらのようなことはカードの不正利用を防ぐために自動で入金拒否されるようになっています。

ただし不正ではないことが確認できれば入金は可能なので、カード会社に連絡して海外FXへの入金ということを伝えましょう。

すぐに入金の手続きをしてくれますよ。

出金は銀行送金のみ

他の海外FX業者は「クレジットカード」「オンラインウォレット」など出金制限はありますが、利用できないわけではありません。しかしGemForexで出金する時は銀行送金のみです。

海外から銀行送金をする場合、GemForexの手数料は無料ですが、仲介手数料や受け取り手数料などが発生しますので、事前に送金先の銀行へ手数料の確認を行ったほうが良いでしょう。

合計で3,000~5,000円は掛かる可能性が高いです。

またボーナスポイントだけでしか取引を行っていない場合でも利益が出れば出金できますが、別途4,500円の手数料が掛かりますので注意しましょう。

利益以外を出金する時の注意点

途中でFXをやめる場合は出金しなければなりません。出金ができないわけではないですが、利益が出ていない状態で出金申請をすると時間が掛かる可能性があります。

時間が掛かる理由
  • マネーロンダリングを疑われる

GemForexではクレジットカードやオンラインウォレットへの出金ができないのですべて銀行送金になり、仮に銀行送金以外で入金した場合で利益が出てない状態だと「入金ルートとは違うルートでの出金」ということになります。

マネーロンダリングは禁止されていますので、利益以外を出金する時は銀行やカード会社へ確認を取る必要があります。

GemForexはマネーロンダリングの疑いが無いとわかった時点で出金することになりますので、どのぐらいの時間が掛かるかは予想できません。

銀行送金以外で入金した時の出金には注意しましょう。

銀行送金での入金であれば通常の出金と変わりません。

GemForexの禁止事項

どの海外FX業者も禁止事項はありますが、それぞれ内容が違いますのでわかりやすいように詳しく説明していきます。

禁止事項と罰則について
  • ゼロカットシステムを悪用した取引
  • 一定量を超えるスキャルピング
  • 裁定取引(アービトラージ)
  • 罰則の種類について

禁止事項に触れてしまうと罰則を受ける可能性もありますので、取引前確認していきましょう。

ゼロカットシステムを悪用した両建て

ゼロカットシステムは顧客が借金を背負わないようにGemForexが資金を出して行っているサービスです。

そのためゼロカットを利用した両建ては悪質と判断され、罰則の対象になります。

罰則の対象となる両建て
  • 複数口座を利用した両建て
  • 他のFX業者を利用した両建て
  • グループ内での両建て

これらの両建ては価格が急激に動いた時、片方が多くの利益を出して、もう片方が多くの損失を出します。

しかし損失側はゼロカットがあるので、自己資金以上の損失はありませんがもう片方は自己資金以上の利益を出すことが可能です。

そのため悪用すればいくらでも利益を上げてしまうことができるため禁止事項としています。

また両建て以外にも急な値動きが予測される時間帯に、大きなロット数で取引をすると罰則の対象になる可能性があるでしょう。

特に注意したほうが良い時間は「経済指標を発表する時」と「月曜日の朝」。

経済発表をする時は多くの投資家が一斉に取引を始める時間帯で、月曜日の朝は市場の休み明けといった理由で価格が急に変動する可能性がありますので注意しましょう。

一定量を超えるスキャルピング

スキャルピング自体は禁止されていませんが、取引時間5分以内、取引数量10ロット以上のスキャルピングを繰り返すと罰則の対象になる可能性があります。

また急にロット数を大きくすることも禁止されていますので、ロット数を大幅に変更する時は1度連絡をしてからにしましょう。

裁定取引(アービトラージ)

FXでいう裁定取引とはレートの歪みを利用して利益を上げることです。

FXでは同じ通貨なのに業者ごとで価格が違うといった現象が起こります。

その価格差を理解した上で利益が出るような取引をした場合は罰則の対象になるので気を付けましょう。

罰則の種類について

禁止事項や規約違反をした場合は「アカウントの削除」「口座の永久凍結」「利益の没収」「出金拒否」といったことが利用規約に記載されています。

どの罰則が下るかはGemForexの判断になりますので不明ですが、普通に取引していれば罰則を受けることはありませんので、禁止事項を覚えて安全に取引できるようにしましょう。

GemForexはボーナスポイントが多く貰えますし、入金方法が豊富なので始める時は有利です。

しかし出金方法が少ないことやボーナスポイントが消滅するなどのデメリットもあるので、取引方法を考えてから始めるのが良いと言えるでしょう。

いろいろ調べていけば自分に合ったFX業者が必ず見つかりますよ。

GemForexで口座開設【公式】

海外FXはXMTradingがおすすめ
【安全&安心】おすすめの海外FXランキング!怪しい業者も暴露【最高環境】海外FX業者ランキングでは日本人が安心してトレードできる業者だけをピックアップ。怪しい、信頼性が低い、おすすめできない業者も合わせて晒していきます。この記事を読めば国内のFX業者にはない海外ならではのメリットがわかり、トレードの成果がグンと上がります。...
\借金リスクゼロの海外fx/
海外FXはXMTradingがおすすめ

国内のFXは手持ち資金以上の損失が発生し、借金を背負うリスクが伴います。

しかし、XMを始めとした海外FXは"ゼロカットシステム"が主流のため、手持ち資金以上のマイナスがでても借金となることがありません。

海外FXのXMがおすすめな理由
  1. 追証なしで借金リスクゼロ
  2. レバレッジ888倍で資金運用
  3. 豊富なボーナスで資金力UP

XMは海外FXでNo1の実績を誇り、国内業者よりも断然安心できるブローカー。

入金額と同額分のボーナスクレジットに加えて20%割増ボーナスを合わせ、入金した時点で運用できる資金が2倍以上になります。

ボーナス増加のキャンペーンが終わった後ではもったいないですよ。

1日1ポチの協力お願いします!