副業FX

【損失の元】FX会社選びで無視できないスプレットとは?初心者必見!

副業初心者の疑問、スプレットって何?
悩み事
悩み事
FXを始めたいけど、どの会社で口座開設したらいいの?
スプレットが重要って聞くけどそもそも何それ?
おすすめのFX会社を教えて!
ヤコブ
ヤコブ
FX 会社選びをする際に絶対に無視できないスプレッドについて解説

 
これから FX 会社を開設するという人の中には「どの  FX 会社に開設するかどうやって決めればいいのか分からない」 と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

FX 会社 を選ぶ際 重要な要素としては 様々なものがありますが、 スプレッドについては絶対に考えなければいけません。

またスプレッドはその特徴を知らなければ 取引をするにあたって痛い目に遭ってしまうことも考えられます。

今回はそんなスプレッドについて詳しく解説をしたいと思います。
 

解説ポイント
  • スプレッドは買いレートと売りレートとの差
  • FX 会社によって為替レートやスプレッドは異なる
  • スプレッドが大きくなる時間帯やタイミングがある

 
結論からお伝えすると、スプレットが最も有利な会社はDMM FXです。

DMM FXを選べば、まず間違いないです。

副業FXにおすすめの口座開設方法
国内最強の会社はコレ!実は副業FX初心者が選ぶ基準は”口座開設数”副業FXを始めたい人はどのFX会社を選べば良いのか。証券外務員1種資格者の監修でFX会社選びのポイントを徹底解説!サラリーマンや社会人、学生、主婦が選ぶべきFX会社を厳選です!...

スプレッドの基本

スプレッドについて注意するべき 2 つのポイント
まずはスプレッドについて説明していきたいと思います。
 

スプレッドとは

スプレッドとは買いレートと売りレートとの差のことを指します。

FX会社のレートを見たことがある方ならわかると思いますが、 各通貨ペアの為替レートには 「買いのレート」と「売りのレート」の2種類があります。

例えばある FX 会社では 買いのレートが1ドル=110.5円だとします。

この時、売りのレートは買いのレートより少し低めに設定されるので、1ドル=110円という風になります。

この場合、

売りのレートと買いのレートとの差である0.5円がスプレッドとなります。

ちなみに、ほとんどのFX会社では手数料は無料なのですが、そのかわりにスプレッドを得ることでFX会社は利益を稼いでいます。

また、この「買いのレート」と「売りのレート」との差のスプレッドは各 FX 会社によって異なります

為替レートはどうやって決まる?

ここからは少し FX の裏側の話をします。

皆さんは、 FX 会社の 各通貨ペアの 為替レートが どのように決まるかご存知でしょうか?

別々のFX会社で、それぞれドル円のレートを見てみてください。
若干、レートが異なる事が分かります。

実は、

FX会社はそれぞれ会社ごとに独自に為替レートを決めて提示しています。

FX会社は為替レートを決めるにあたって「カバー取引先」という為替レートの参考銀行が提示するレートの中から最も適した為替レートを選びんで顧客に提示しています。

また、スプレッドもカバー取引先で参照した為替レートによっては異なってきます。

例えば「ドル円スプレッド原則0.3pips」と提示しているFX会社であっても、カバー取引先の売りと買いのレートがあまりにもかけ離れている場合は、スプレッドも0.3pips以上離れてしまうことがあります。
 

スプレッドについて注意するべき 2 つのポイント

スプレッドについて注意するべき 2 つのポイント
 
スプレッドについて基本的なことがわかったとところで、スプレッドに関してFXトレーダーが気を付けるべき点を2つ紹介します。
  

スプレッドが広がりやすいタイミングに気をつける

スプレッドは一定ではないということを説明しましたね。

もう1つ言及すると、

スプレッドが広がるタイミングでトレードをすると、大きな損失を被ってしまう可能性が高いです。

例えば、スプレッドが0.3pipsの場合とスプレッドが1pipsの場合で比較してみましょう。

100万通貨の取引をする場合、0.3pipsなら新規注文成立後のスプレッドによる損失は、

100万通貨×0.3pips=3000円

となります。これに対し、スプレッドが1pipsの場合は

100万通か×1pips=1万円

が、新規注文後の含み損となります。

つまり、スプレッドが広がるタイミングには気を付けなければいけません。 

スプレッドが広がるタイミングとしては主に以下の場合があります。

  • 雇用統計などの主要な経済指標発表タイミング
  • 英国のEU離脱やアメリカ大統領選挙などの重要イベント時
  • FX会社のサービス開始直後

以上のような、為替レートが大きく動くタイミングや、早朝などの取引量が少ない時間帯にはスプレッドが広がる傾向にあります。

できれば、新規での注文は控えましょう。

副業FXで初心者が避けるべき時間帯
その時間帯の取引は危険!FXの「おすすめの時間帯」と「避けたほうが良い時間帯」を徹底解説!勝ち組トレーダーは「FXトレードする時間帯」も考えています。現役証券マン監修でFXトレードで「トレードしていい時間帯とダメな時間帯」を具体的な根拠を元に解説します。この記事を見れば、知っていれば避けられた凡ミス損失を防げるようになりますよ。...

「原則スプレッド」が低ければ良いとは限らない

FX会社の広告の謳い文句として

「ドル円スプレッド業界最狭水準の〇〇pips!」

というものをよく見かけます。

スプレッドの低さを売りにしているんでしょうね。

先ほどの計算からもわかりますが、スプレッドが小さいことに越したことはありません。

しかし、「原則スプレッド」はあくまでも原則であり、市場の動きによってはスプレッドは広がります。

重要イベント時などなら、スプレッドが大きくなることはまだ理解できます。

しかし、そこまで取引が頻繁に行われている状況でもないにもかかわらず、スプレッドが広がっているFX会社も少なくありません。

このように、原則スプレッドを低く提示しておいて、サービスの質が低い「会社として信頼できないFX会社」というものも中にはあります。

スプレッドの低さに釣られず、そのFX会社の口コミなどからサービスの質を見極めることも大事です。

>>厳選!副業FXにおすすめの会社はこれ!
 

まとめ

今回はFX会社選びをする際には無視できない「スプレッド」について説明しました。 

スプレッドは為替レートの買いレートと売りレートの差で、スプレッドが小さければ小さいほどトレーダーにとっては得になります。

しかし、スプレッドの狭さだけでFX会社を選んでしまうのは危険です。

FX会社のサービスや提示する為替レートの質を口コミなどで見極めて判断を下すようにしましょう。

副業FXにおすすめの口座開設方法
国内最強の会社はコレ!実は副業FX初心者が選ぶ基準は”口座開設数”副業FXを始めたい人はどのFX会社を選べば良いのか。証券外務員1種資格者の監修でFX会社選びのポイントを徹底解説!サラリーマンや社会人、学生、主婦が選ぶべきFX会社を厳選です!...
\借金リスクゼロの海外fx/
海外FXはXMTradingがおすすめ

国内のFXは手持ち資金以上の損失が発生し、借金を背負うリスクが伴います。

しかし、XMを始めとした海外FXは"ゼロカットシステム"が主流のため、手持ち資金以上のマイナスがでても借金となることがありません。

海外FXのXMがおすすめな理由
  1. 追証なしで借金リスクゼロ
  2. レバレッジ888倍で資金運用
  3. 豊富なボーナスで資金力UP

XMは海外FXでNo1の実績を誇り、国内業者よりも断然安心できるブローカー。

入金額と同額分のボーナスクレジットに加えて20%割増ボーナスを合わせ、入金した時点で運用できる資金が2倍以上になります。

ボーナス増加のキャンペーンが終わった後ではもったいないですよ。

1日1ポチの協力お願いします!