仮想通貨

イーサリアム(Ethereum)/ETHの仕組みと特徴、今後の行方

今回は仮想通貨イーサリアム(Ethereum)/ETHについて解説していきます。
購入できる取引所から、開発目的や特徴・仕組み・今後の需要・2020年の価格予想などわかりやすく解説!

仮想通貨イーサリアム(Ethereum)/ETHとは?

ヤコブ
ヤコブ
仮想通貨イーサリアム(Ethereum)/ETHの基本的な情報を10秒でわかるように解説します。

仮想通貨名イーサリアム(Ethereum)/ETH
ひとこと解説 イーサリアムとは、分散型アプリケーション やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称
発行枚数 108,858,150枚
初期の1枚あたりの価格約46円
最高値約¥155,563円(2018年2月ごろ)
特徴
  1. 短時間で送金を完了できる
  2. 発行上限・半減期がない
  3. . 信頼性の高いシステム
日本の取引所
  • DMM Bitcoin
  • Coincheck
  • GMOコイン
海外取引所
  • eToro
  • Bithumb Global
  • Bitfinex
今後の有望度

イーサリアムの特徴・仕組みは?

イーサリアム(Ethereum)/ETHは、分散型アプリケーション やスマート・コントラクトを構築するためのオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトのプラットフォームで、次のような特徴があります。

短時間で送金を完了可能

仮想通貨は、1つの取引を完了するために、その取引内容が承認される必要があります。
承認作業のマイニングは、ビットコインでは10分に1回の頻度で行われますが、ETHは15秒に1回とスピーディーな決済が可能です。

発行上限・半減期がない

ETHには発行上限がありませんし、ビットコインのように発行枚数が増えるに従って供給量が減っていく半減期もありません。
そのため、ビットコインより安定した価格を維持しやすいというメリットがあります

信頼性の高いシステム

仮想通貨に使われているブロックチェーン技術は、データの改ざんに強く信頼性が高くなっています。
また、これにスマートコントラクト技術を組み合わせて、さらに強固なシステムを運用することができます。
イーサリアム(ETH)も、システム自体がハッキングされる可能性は低いでしょう。

イーサリアム(Ethereum)/ETHの企業連合が設立されたことは、世界中に大きな衝撃を与えましたが、こには、IT系や金融系などの数多くのグローバル企業が参加しています。
日本企業も、大手自動車メーカー、大手金融持株会社、データ通信企業が参画しています。
ブロックチェーンとイーサリアム(ETH)を各企業におけるサービスに役立てるべく、開発に着手していますので、ETHが提供するプラットフォームは、ビジネスの世界でもその将来性が大いに期待されているのです。

値動きに疲れたら映画でリラックス
U-NEXT

仮想通貨市場はボラティリティが高くてチャートが乱降下して精神的に疲労しますよね。

メンタルヘルスなくしてトレード成果を上げるのは難しいです。

そんな時はU-NEXTで映画でも観てリラックスしましょう。

大人の楽しい動画も見放題なので、ちょっとした息抜きにどうぞ。

31日間無料トライアル

1日1ポチの協力お願いします!