IT業界への転職

エンジニアは転職で年収が上がる?ITエンジニアの給料相場を調べてみた!

あなたは「ITエンジニア」という職業についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

PCで作業をしていて楽しそうというイメージや、PCを使って仕事をしていてスタイリッシュでかっこいい、エンジニアはお金持ちが多そうなど様々なイメージをお持ちだと思います。

実際に、学生の憧れの職業ランキングの統計でも、過去に1位に輝いたことがあるなど人気の職業です。

ITエンジニアという職業に興味があるという方や、ITエンジニアにこれから転職をしてみたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ITエンジニアはどのような職業なのか、そして気になるエンジニアの給料相場を調べて、更に具体的なエンジニアの評価の方法やオススメの転職方法も紹介させて頂きます。

是非、ITエンジニアという職業に興味を持っている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

エンジニアとは?ITエンジニアとの違いを解説

それではまずはじめに、ITエンジニアとはどのような職業なのか解説させて頂きます。

エンジニアという言葉は、日本語に直訳すると「工学者」という意味です。

工学という言葉は、科学の技術を活かして物の生産する方法の事を指します。

なので、エンジニアという言葉がよく使われてITのイメージが定着していますが、土木、機械、科学など様々な物を作る技術のことを指す言葉です。

なので、正しくはITエンジニアと呼んだ方がわかりやすく、IT技術を使って物を生産する技術者のことを指します。

一般的なイメージでは、プログラム言語を使ってシステム開発をするプログラマーのような仕事をイメージされることが多いですが、IT分野は幅がかなり広くエンジニアといっても様々な働き方がある職種です。

ITエンジニアとプログラマーの違い

ITエンジニアに関連する職業で、「プログラマー」という職業があります。

エンジニアという職業とプログラマという職業は一緒に考えられることが多いですが、それぞれの職業で少し役割が変わってきます。

プログラマーの中でもweb関係の開発をする「webプログラマー」や、ゲームを制作する「ゲームプログラマー」、アプリを制作する「アプリプログラマー」など作りたいものによって膨大な数の専門職種が存在します。

プログラムをひたすら組み込む役割がプログラマーという職業ですが、運営や設計段階を構築する組織の取りまとめになると「エンジニア」と呼ばれます。

わかりやすく例えると、家を建築する際に大まかな計画を立てて指示をする役割が建築士で、実際に建築をする役割が大工です。

この例えの建築士にあたる役割がエンジニアの役割で、大工の役割がプログラマーの役割にあたります。

エンジニアは上流工程を担当するので、プログラマーとしての経験や専門的なスキルを持っていることが必須の役職です。

開発の現場では、エンジニアが組み込みの工程にも入ってプログラムを組むようなところもあります。

このようにして、エンジニアとプログラマーではそれぞれ役割が異なりますので、IT業界に転職をする際にはそれぞれの業種で注意が必要です。

エンジニアの年収相場はどれくらいなのか?

エンジニアという職種について、どのような職業であるかをご理解を頂けましたでしょうか。

導入文でお話したような楽そうなイメージとは、少しイメージが変化したのでないかと思います。

しかし、プログラムが完成した時や実際に動いているものを見ると、とてもやりがいを感じる職業です。

そして、気になるところと言えば、やはりITエンジニアの給料はどれくらい貰っているのかですよね。

エンジニアといったら、高収入というイメージや、お金持ちの職業というイメージがついている職業です。

そこで、皆様が気になっているエンジニアの給料事情についてまとめさせていただきます。

ITエンジニアの平均年収

それでは、エンジニアの平均年収を一般的な正社員の年収と比較しながら見ていきましょう。

転職サイトが統計を出している、30代男性のITエンジニアの平均年収の統計と、30代男性の会社員の平均年収の統計を比較してみます。

ITエンジニアでは、エンジニアの職種によって大きく異なりますが、30代男性の平均年収は約520万円です。

一方、賃金構造基本統計調査で発表された、日本国民の30代男性平均年収は約400万円です。

この平均年収の統計から、ITエンジニアの方が一般的な正社員よりも平均年収が100万円以上差が出てくることがわかります。

勿論、エンジニアの中でも職種や経験によって、同じ30代でも年収が大きく異なりますがITエンジニアは給料の高い職業と言えます。

エンジニアに転職をすると給料が上がると言われているのはなぜ?

通常の業界では、長く勤めることで給料が徐々に上がっていくケースが多いです。

しかし、IT業界の場合はそのパターンも勿論ありますが、転職をすることで給料があがる可能性があるといわれています。

なぜエンジニアの場合では、転職をすることによって給料が上がる可能性があるのでしょうか。

その理由を、実際のエンジニアの業界の状況を見ながら、詳しく解説していきたいと思います。

ITエンジニアの評価について

ITエンジニアが転職をして給料が上がる場合があると言われている理由には、IT業界ならではの働き方や評価の方法に理由があります。

ITエンジニアの評価は、基本的にはエンジニアとしてのスキルと経験が評価をされる職種です。

エンジニアの働き方は大きく分けて2種類で、「派遣エンジニア」と「企業エンジニア」にわけられます。

派遣エンジニアエンジニアを派遣する会社に所属して、エンジニアを必要としている企業へと派遣する働き方です。

派遣といっても、派遣社員ではなくあくまでも派遣元の正社員として、派遣先のエンジニアを必要としている企業に派遣して仕事をするケースが大半です。

企業エンジニア企業の中のエンジニア部門として正社員としての雇用で働く形を指します。

エンジニアの給与は冒頭で解説をした、スキルや経験を評価されて給与に反映されてくるケースが多いです。

派遣エンジニアでは年俸制を取り入れていることが多く、給与はエンジニアとしてのスキルや派遣先での経験や実績から決定します。

その一方企業エンジニアは、一般的な会社員と同じように月収制の雇用契約が多いですが、その給与は派遣エンジニアと同様にスキルや実績を評価されて決定します。

このようにして、エンジニアの評価は主にエンジニアとしてのスキルや経験が重視されていている業界なのです。

ITエンジニアの転職理由

もし、自分自身のスキルが正しく評価されていなかったり、スキルを十分に発揮することのできない職場で働いていた場合では、業務内容に対して給与が少ないといった現象が起きてしまいます。

そのため、スキルが評価されていないことで不満に思ったり、仕事内容に対しての給料が見合っていない場合に転職をするエンジニアが多い傾向です。

なので、転職でエンジニアのが給与が上がると言われている理由は、エンジニアとしてのスキルを再評価をしてもらう為に、ITエンジニアは転職という決断を取るケースが多い傾向にあります。

実際にIT業界は転職率が極端に高く、その多くの理由はこのように働き方や評価の面で不満に思い転職をするケースが多いです。

実際に、エンジニアで転職をして給料が上がったというパターンは非常に多く、一般企業のように勤務年数で給料が上がっていくシステムではなく、評価と経験で給料が決まってくるのでエンジニアならではの転職理由かもしれません。

エンジニアおすすめの転職サイトはレバテックキャリア

エンジニアとして転職をする際は、転職サイトを利用することがオススメです。

一般的な求人サイトでもエンジニア職の求人情報は掲載されていますが、IT業界での就職に関しては専門的なサービスを利用する方法が一般的な流れになります。

なぜIT業界専門の転職サイトがオススメなのかというと、転職希望者一人一人に対して専任のアドバイザーがついて転職までをサポートしてくれるからです。

エンジニアとしてのスキルを最大限に活かすことができる企業に入ることで、企業からもスキルを評価され転職での年収アップに繋がります。

専門サイトを利用せず、個人で転職活動をすることもできますが自分自身の判断だけで企業を決めると、思ったような企業に入ることが出来ない場合もあります。

より自分のスキルを発揮できる企業選びを、転職サイトのアドバイザーと話し合い慎重に決定することがエンジニア転職において非常に大切です。

IT業界特化エージェント
失敗したくない!IT業界特化型の転職エージェントランキングの決定版! 転職で怖いのは年収ダウンとブラック企業への入社です。 転職先を間違えてしまうと悲惨な未来しかありません。 その悲...

IT業界専門転職サイトはレバテックキャリアがおすすめ

IT業界専門の転職サイトを利用する際に、様々なサービスが存在するのでどのサービスが良いのか迷ってしまいます。

エンジニア転職で年収アップを実現させたいのであれば、「レバテックキャリア」というIT業界専門転職サイトがおすすめです。

cmだったり、web広告でサービス名を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

レバテックキャリアは、エンジニア転職の年収アップに特に力を入れているサービスです。

2019年5月のデータでは、レバテックキャリアを利用してエンジニア転職を実現したエンジニアの60%が転職前より年収が上がったというデータが出ています。

更に、レバテックキャリアでのエンジニア転職は、年収アップの平均額が50万円と衝撃のデータです。

レバテックキャリア

レバテックキャリアの評判・口コミ
エンジニア転職サイトはレバテックキャリアがおすすめ?評判や口コミを集めてみた。エンジニアやIT業界での転職の際に頼りたい転職エージェントの中でも、一際存在感のあるレバテックキャリアについて解説します。口コミや評判を元に信頼できるのかどうかを検証してみます。...

レバテックキャリアの最大の強みは15年以上培った業界経験

レバテックキャリアは創業から15年以上、IT業界の転職サイトとして支えてきたサービスです。

IT業界の経験が豊富なアドバイザーが転職する際に転職希望者のサポートをしてくれるので、アドバイザーが転職希望者のスキルや知識を最も活かせる企業を紹介して貰えます。

スキルを正しく評価されることが年収アップに繋がるので、現役でエンジニアをしている方で今の会社でやりたいことが出来ていない方や、正しい評価が貰えていないと不満に思っているエンジニアにはオススメです。

アドバイザーも非常に親身になって転職希望者にキャリア設計のヒアリングを行ってサポートしてくれるので、安心して転職先の企業を探す事ができます。

レバテックキャリア

まとめ

今回は、ITエンジニアの給料相場を見ながら、エンジニアへの転職で年収が上がるのかどうか紹介させて頂きました。

ITエンジニアは人気の職業ランキングでも上位に入る人気で、平均年収も比較的高い職業です。

なので、上手くエンジニアに転職にすることで、転職で年収を上げることができる場合もあります。

しかし、年収を上げるためには自分自身が持っているスキルを、最大限に発揮することができる企業にはいることが重要です。

そこで、IT業界専門転職サイトを利用することで、より自分自身に合った企業とマッチングを行いより良い条件の企業に就職することができます。

特に、今回紹介させて頂いた「レバテックキャリア」は、年収のアップに力を入れている転職サイトなので、エンジニアに転職する際に是非利用して頂きたいサービスです。

レバテックキャリア

IT業界特化エージェント
失敗したくない!IT業界特化型の転職エージェントランキングの決定版! 転職で怖いのは年収ダウンとブラック企業への入社です。 転職先を間違えてしまうと悲惨な未来しかありません。 その悲...
\IT業界×転職で年収UP/
マイナビITエージェント

転職するならIT業界を選ぶのがおすすめです。

そして、IT業界の転職はIT特化型のエージェントを使うのが鉄則です。

人材大手のマイナビのITエージェントなら年収アップ期待度が非常に高いので、使わない理由がありません。

今すぐ無料で登録し、自分にあったキャリアプランを相談しましょう!

1日1ポチの協力お願いします!
今年ガチコリ稼げるおすすめ副業17選と稼ぐコツをまとめて解説!
おすすめ副業一覧
ガチコリ稼ぎやすい副業と稼ぎ方を公開!
おすすめの副業はコチラ