IT業界への転職

30代未経験からエンジニアに転職し正社員になれる?【結論:可能】

30代で未経験からエンジニアに転職は可能?

最近注目を集めている職種であるエンジニアへ、これからエンジニアに転職をしてみたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

エンジニアと言えばPCを使って仕事をするスタイリッシュな印象や、平均以上の年収を貰うことができる印象です。

でも、IT業界に入ってみたいけど難しそうな仕事で、自分にできる自身がないと考えている方も多いのが現状です。

そこで、今回は30代の未経験でもエンジニアで正社員になれるのかどうかを紹介させていただきます。

是非、エンジニアへの転職を考えている方に参考にしていただけると幸いです。

未経験でもエンジニアに転職ができるのか?

結論からお伝えしますと、未経験からエンジニアに転職することは可能です。

しかし、間違いなく高難易度の転職となります。

未経験からエンジニアになる方法を2つの観点から考えてみます。

  1. IT業界もエンジニアも未経験の場合
  2. IT業界経験だけど、エンジニア未経験の場合

IT業界もエンジニアも未経験の場合

IT業界もエンジニアとしての職種も未経験の場合、転職はかなり難易度が高いです。

中途採用での転職の場合、「業界経験」と「職種経験」で求職者のスキルは評価されます。

つまり、IT業界もエンジニアも未経験の場合、どちらも未経験のため評価は非常に厳しいと言えます。

しかし、近年のIT業界は絶望的な人で不足のため、未経験の人材を社内で育成していく方針の企業もあります。

そのような企業を見つけることができれば、未経験転職は可能でしょう。

とはいえ、現実的ではない上、未経験でのエンジニア転職は年収が低かったり、下流工程しか任せてもらえないなどのデメリットがありますので、スキルを身につけた上で転職に臨むのが得策でしょう。

未経験者がIT業界に転職することを目的としてプログラミングスクールならほぼ確実に転職成功可能です。

詳しくは下記の記事で解説しています。

完全未経験者がIT転職を成功させる方法ランキング
IT業界への転職サービスランキング|転職保証型プログラミングスクールを比較!完全未経験OKはこれ!プログラミングスクール選びに悩むのは今日でおしまい。もう全部晒すよ。IT業界完全未経験のあなたがプログラミングを学んで一流のIT企業に転職する現実的な方法を解説!転職保証型のプログラミングスクールを使えばほぼ確実にその願いは叶います。転職で年収を上げたい・スキルアップしたい人におすすめなサービスをランキングで紹介!...

IT業界経験ありだけど、エンジニア未経験の場合

エンジニア未経験のもう一つのパターンとして、元々IT業界にはいたというケースがあります。

この場合、業界知識を持っているため、完全未経験よりはマシという感じです。

企業としては中途採用では即戦力を求めているため、エンジニアとしての実務経験がない場合、他の部署を勧められてしまう可能性があります。

エンジニアは「プログラムが作れるか否か」がすべてですので、やはりこのパターンでもスキルを事前に身につけるのが得策と言えます。

エンジニアに転職したいならスキルを身につけるのが一番

未経験からエンジニアに転職したいならスキルを身につけましょう。

エンジニアの転職はスキルがあれば、面接は難なくクリアできます。

現在はITスキルを学べるオンラインスクールや転職保証型のプログラミングスクールが豊富なので、便利なサービスを活用していくのが良いでしょう。

転職保証型スクール
  1. DMM WEBCAMP
  2. TECH EXPART

各サービスの詳細は下記の記事でどうぞ。

完全未経験者がIT転職を成功させる方法ランキング
IT業界への転職サービスランキング|転職保証型プログラミングスクールを比較!完全未経験OKはこれ!プログラミングスクール選びに悩むのは今日でおしまい。もう全部晒すよ。IT業界完全未経験のあなたがプログラミングを学んで一流のIT企業に転職する現実的な方法を解説!転職保証型のプログラミングスクールを使えばほぼ確実にその願いは叶います。転職で年収を上げたい・スキルアップしたい人におすすめなサービスをランキングで紹介!...

オンラインスクールで学びたいならテックアカデミー1択です。

>>テックアカデミーのオンラインスクール

自分がやりたいこと、身につけたいスキルに特化して講座を受けられるので、短期間で成果を出したい人におすすめです。

テックアカデミー の口コミと評判
テックアカデミーで年収爆上げ?|最悪な口コミと評判は本当なのか?【結論:評判は良い】TechAcademy(テックアカデミー)というオンラインスクールは信頼できる?評判や口コミが最悪?悪い噂があるが実際どうなのか。安心して利用できるのか、学習効果はあるのか、キャンペーンや最安値で受講する方法などを解説します。...

エンジニアという職業とは?

IT業界未経験の方のために、そもそもエンジニアという言葉自体がどういった職業なのか解説します。

エンジニアとは、直訳すると「工学」の意味を刺すエンジニアリングという言葉から来ていて、工学の特別なスキルを持った人物をエンジニアと言います。

日本では、技術者とも呼ばれていて、エンジニアの業種は多種多様に存在しています。

種類を上げるとここで紹介しきれないほどの種類がエンジニアには存在しますので、まずは人気のあるエンジニアの業種をいくつか紹介します。

こちらで紹介するエンジニアの業種も、細分化すると様々な種類が存在するので、このような種類があると認識していただけると幸いです。

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • テストエンジニア
  • WEBエンジニア
  • データベースエンジニア

順番に詳しく解説します。

システムエンジニア

最もエンジニアの業種で聞いたことがある言葉ではないでしょうか。

通称、SEとの略称で呼ばれているシステムエンジニアです。

システムエンジニアの主な業務は、顧客からどんなシステムを作成したいのかヒアリングを行い大まかな設計をする役割になります。

企業によってはシステムエンジニアも自分自身でプログラムを作成することもありますが、基本的にはシステム開発の全体管理を行うリーダーポジションです。

顧客の要望をしっかりと汲み取るヒアリング力と、全体の進捗を管理するマネジメント力が求められます。

リーダー職なので年収も高く最も人気のあるエンジニアです。

しかし、現場での経験や高いスキルが求められるので、未経験者ではあまり不向きなエンジニアになります。

プログラマー

最も認知度が高くイメージのしやすい業種なのではないでしょうか。

SEが設計した設計書にしたがって、実際にプログラムを書いていく仕事です。

プログラムには使用用途によって、様々な言語が存在します。

なので、プログラマーになるには言語を習得していることが必須です。

さらに、プログラムを書くだけではなくプログラムが設計書通りに動くかどうかのバグテストをすることもプログラムの役目になります。

未経験からでもプログラム言語を習得することで仕事ができるので、スキルさえ身に付けば誰でも目指すことが可能です。

インフラエンジニア

インフラエンジニアのインフラを和訳すると、全て元となりなくてはならない部分の「基盤」のことを指します。

IT業界においての基盤とは、主にネットワークのサーバーやPCのOSだったりのことを指し、それらの構築や運用保守を担当する業務です。

サーバー構築をするサーバーエンジニアから、構築されたサーバーの運用保守、PCのデバイスやOSを準備したりなどかなり幅広い分野になります。

スキルの必要な仕事もありますが、専門的な知識があまり必要のない業務も多いので未経験からでも入りやすいのが特徴的です。

テストエンジニア

文字通りですが、組み込まれたプログラムが正常に動作しているかどうかを確認するテストエンジニアです。

プログラムの他のも、完成したPCやタブレットの動作を行ったりなど業務内容は多種多様存在します。

テストの工程は地味なように見えますが、IT技術が進歩している現代ではテストエンジニアの需要がますます高まって来ているのが現状です。

未経験からでも入りやすい業種なので、テストエンジニアから現場に入ってIT知識を学んでいくというのも効率の良い学び方かもしれません。

Webエンジニア

webエンジニアは最近人気が急上昇してきたエンジニアです。

主に、webサイトやwebサービスなどといったweb上の画面に特化したシステム開発を行うエンジニアで、画面上に表示されるwebサイトのデザインをしたり動きを加えたりをします。

画面のデザインでは、HTMLやCSSといったマークアップ言語や、web開発に特化したプログラム言語を習得する必要があります。

webサイトの需要はどんどん高まっているので、将来的にもオススメされる業種です。

データベースエンジニア

データベースとは、蓄積された情報のかたまりを指す言葉で、そのデータベースの設計や構築を行うのがデータベースエンジニアです。

データベースは様々な分野にとっても精通している分野なので、その需要が無くなることはなく人気の職種です。

データベースエンジニアになるためには、データベース言語のSQLなどを学ぶ必要がありますが、データベースも構築だけでなく構築後の運用保守もあるので未経験でも入りやすい職種になります。

30代未経験からエンジニアになるためには?

どんな職種があるのかわかったところで、実際に30代からエンジニアになることが可能なのか解説していきます。

できるかできないかの二択で言うならば、30代からでもエンジニアを目指すことは可能です。

しかし、20代よりは採用される可能性が低いです。

20代などといった若者の場合は、これから企業でIT業界について教えて育てていくといった期待値での採用がありますが、30代からの転職の場合はこれからの期待値ではあまり計算されなくなります。

では、転職は不利なのかといったらそんなことは一切ありません。

最も手っ取り早いのがスキルを身に着けてしまえばいいのです。

最近では、様々なプログラム学習ソフトや商材が出回っているので、昔に比べてプログラムは学びやすい環境になりました。

学習をして個人でもいいので何かプログラムを組んでみる、その一連の流れだけで過去の実績として評価されるのでかなり転職に有利になります。

その他にも、学習をして資格を習得することもエンジニア転職には非常に有利です。

経験がなくても資格があることで、スキルを持っているとの評価に繋がるので取れそうならば目指したいキャリアで使える資格を取ることもおすすめです。

転職保証型スクール
  1. DMM WEBCAMP
  2. TECH EXPART
完全未経験者がIT転職を成功させる方法ランキング
IT業界への転職サービスランキング|転職保証型プログラミングスクールを比較!完全未経験OKはこれ!プログラミングスクール選びに悩むのは今日でおしまい。もう全部晒すよ。IT業界完全未経験のあなたがプログラミングを学んで一流のIT企業に転職する現実的な方法を解説!転職保証型のプログラミングスクールを使えばほぼ確実にその願いは叶います。転職で年収を上げたい・スキルアップしたい人におすすめなサービスをランキングで紹介!...

>>テックアカデミーのオンラインスクール

テックアカデミー の口コミと評判
テックアカデミーで年収爆上げ?|最悪な口コミと評判は本当なのか?【結論:評判は良い】TechAcademy(テックアカデミー)というオンラインスクールは信頼できる?評判や口コミが最悪?悪い噂があるが実際どうなのか。安心して利用できるのか、学習効果はあるのか、キャンペーンや最安値で受講する方法などを解説します。...

エンジニア未経験者が実際に転職する方法

それでは、実際に未経験からエンジニアへ転職をするには具体的にどうすればいいのかを一通りの流れに解説させていただきます。

エンジニア転職の方法は様々な方法があるので、一概には説明は出来ませんが当サイトのおすすめ方法なので是非、一つの参考として見ていただけると幸いです。

エンジニアとしての必要なスキルを学習をする

まずは、エンジニア転職の下準備として少しでもエンジニアの知識をつけておくことがおすすめです。

完全に未経験の状態からでも、現状では人手不足のIT業界では採用してくれる会社は存在するとは思いますが、少しでも知識を入れておいた方が入社後になって必ず役に立つ時が来ます。

現在、会社に勤めている方は仕事前後の合間時間を使って、書籍やweb学習サービスを利用して学習を進めることがオススメです。

特に、web学習サービスはスキマ時間でエンジニアに必要なスキルを学ぶことができるものが多く存在するので、それらのweb学習サービスを利用することで効率良く楽しく学べます。

>>テックアカデミーのオンラインスクール

エンジニア専門の転職サイトやエージェントを利用する

実際に転職活動を始めるとなった時に、エンジニア専門の転職サイトやエージェントを利用することがオススメです。

就職・転職活動をする際に求人誌や転職サイトを利用する方が多いとは思いますが、IT業界に転職するのであれば専門のサービスを利用した方が有利に転職活動を進めることができます。

なぜ専門サービスの方がおすすめかといいますとエンジニアという職種では、IT業界内でのコネクションがとても大切で専門サービスの方が求人数が多いからです。

なお、エンジニアは業種が幅広い分野なので、エンジニアそれぞれのスキル適正に合わせた仕事に就けるかどうかが非常に重要なポイントになります。

エンジニア専門のサービスは、IT業界の知識豊富なアドバイザーが転職希望者のスキルに合わせて転職先選びをサポートしてくれるので、未経験者でも安心して転職活動をすすめることが可能です。

エンジニア専門転職サイトのおすすめはレバテックキャリア

エンジニア専門の転職サービスは数多く存在しますが、一体どのサービスを利用すればいいのでしょうか。

結論からお伝えすると、転職エージェントは複数使うのが鉄則です。

その中でもレバテックキャリアは選択肢として外せません。

TVCMやweb広告でも紹介されていたサービスなので、サービス名を耳にしたことがある方もいらっしゃるのでないでしょうか。

なぜレバテックキャリアをおすすめするのか、理由を二点に分けて紹介させていただきます。

信頼と実績豊富なIT業界専門転職サイトの大手

レバテックキャリアは、IT業界専門の転職サイトとして約15年以上のサービスを展開している転職サイトの中でも歴史の長いサービスです。

転職サイトでこれだけ長く続いているサービスはあまり例がないので、この長年の経験値はレバテックキャリアの最大の魅力になります。

レバテックキャリアのシステムは、転職希望者一人一人に担当の転職アドバイザーがついて転職までをサポートするシステムです。

長年IT業界に携わっているので経験豊富なアドバイザーが、転職希望者一人一人にどのようなキャリア設計にしたいのかをヒアリングを行い、企業への内定までを完全にサポートします。

未経験者の方が転職活動をする際に、業界経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれることはかなり心強いのではないでしょうか。

アドバイザーも丁寧で親身になって転職希望者に対してヒアリングをしてくれるといい評判も多いので安心して転職活動をすることができます。

5000件以上の豊富な案件数が魅力的

レバテックキャリアの経験の長さから、人材を求めている企業とのコネクションを多く持っています。

なので、他の転職サイトでは紹介されない、レバテックキャリアが独自で取り扱っている求人が多いので、他のサービスと比較しても求人数が多いことが魅力です。

求人数が多いので募集したい企業を比較して、より魅力的な企業を選定して応募をすることができます。

未経験者でからでも入りやすい現場も紹介されているので、アドバイザーにしっかりと今後のキャリア設計を話あって決定していくことが大切です。

まとめ

今回は未経験の30代からでもエンジニアに転職する方法を紹介させていただきました。

現在も常に進歩をし続けているIT業界ですが、進歩と比例してエンジニアの数が追いついていないことが現状の問題点です。

エンジニアに転職するということはキャリアの中で大きな判断になりますが、正しい知識と手順を間違えなければ成功する可能性がぐっと上がるので、是非参考にしてみてください。

年収が上がる最強スキル
【2020年最新】年収を上げる最強スキル14選【個人で稼ぐ時代】今後年収が高い仕事ができる最強のスキルが知りたい。今から学ぶならどんなスキルを身につけたら良いの?フリーランスや副業、転職の際に強いスキルを教えて!そんな悩みに答えます。...
\IT業界×転職で年収UP/
マイナビITエージェント

転職するならIT業界を選ぶのがおすすめです。

そして、IT業界の転職はIT特化型のエージェントを使うのが鉄則です。

人材大手のマイナビのITエージェントなら年収アップ期待度が非常に高いので、使わない理由がありません。

今すぐ無料で登録し、自分にあったキャリアプランを相談しましょう!

1日1ポチの協力お願いします!
今年ガチコリ稼げるおすすめ副業17選と稼ぐコツをまとめて解説!
おすすめ副業一覧
ガチコリ稼ぎやすい副業と稼ぎ方を公開!
おすすめの副業はコチラ