仮想通貨で稼ぐ方法

コインチェックの評判はどう?現在のセキュリティ状況も解説!

コインチェックがどんなサービスか知りた
コインチェックの評判はどうなのか知りた
コインチェックの現在のセキュリティ状況も教えてほしい

今回はこの悩みに答えていきます。

解説ポイント
  • コインチェックとはどんなサービスか
  • コインチェックの評判
  • コインチェックの現在の安全性

これについて解説しているのでコインチェックに関して知りたい人にピッタリな内容です。

コインチェックとは

コインチェックとはどんな物なのか、紹介していきます。
サービス内容や会社の情報をしることで、どんなサービスがあるのか知ることが可能です。
今回紹介するコインチェックの3つの基本的な情報は以下の通りになります。

大見出しの深堀りポイント
  • コインチェックのサービス内容
  • コインチェックの基本情報
  • コインチェックの運営会社

それぞれ、詳しく解説していきますね。

コインチェックのサービス内容

コインチェックは仮想通貨の売買や、長期的に仮想通貨をあずける銀行のような機能がります。
長期保有してくれた人に対して、一定のパーセントで金利の代わりに仮想通貨が貰えるなどかなり国内銀行に近い機能を持ち合わせた、仮想通貨の購入と貯金ができる国内仮想通貨サービスです。
仮想通貨を購入したい人や、長期的に資産として持ち続けたい方に便利なサービスといえます。

コインチェックの基本情報

コインチェックの基本情報を紹介していきます。
基本的な情報を知ることで、どのような特徴があるか知ることが可能です。
手数料などの基本情報は、以下の通りになります。

コインチェックの基本情報
  • 運営会社:株式会社コインチェック
  • 手数料:変動スプレッド
  • 取り扱い通貨:12種類

コインチェックは取引にスプレッドを導入していて、通貨を購入する際に自動で手数料が引かれる仕組みです。
また、取り扱い通貨は、12種類と国内ではトップクラスの仮想通貨の種類を取り揃えています。

スプレッドとは

仮想通貨取引や為替取引の際に、取引業者や取引所に引かれる手数料のこと。
スプレッドが0,2銭の場合は、0,2銭分の値動きの金額が手数料として取られます。

コインチェックの運営会社

コインチェックの運営会社に関して詳しく紹介していきます。
理運営会社について知ることがで、安全な取引所かどうか知ることができます。

コインチェックの会社情報
  • 会社名:株式会社コインチェック
  • 従業員:168名
  • 創立:2012年8月28日
  • 1億円

コインチェックは、国内でのサービス展開を主に活動している日本企業の1つ。
資本金は、1億円ありますが、ビットフライアー(資本金41億円)など他の国内仮想通貨取引と比べると少ない資本金です。

資本金が少ないデメリット

資本金が少ないということは、その分信頼性の高さが十分ではない可能性があります。
資本金の量は投資家からの信頼性の高さや証でもあり、数十億円の資本金がある場合、多の投資家からの信頼性が高い企業です。

ビットフライアーは、仮想通貨取引所としての資本金は少ない物の、事業として1億円の資金は高い数値になるので、信頼性は平均的になります。

コインチェックの評判

コインチェックの評判に関して、紹介していきます。
実際にコインチェックを利用している、利用者の評判を知ることで、どんなメリット・デメリットを感じるのか事前に知ることが可能です。
コインチェックの評判に関して、大きく以下の2つにまとめました。

コインチェックの評判
  • コインチェックの良い評判
  • コインチェックの悪い評判

これも詳しく解説していきます。

コインチェックの良い評判

上場したコインの価格変動が好調とう、評判がSNSや口コミサイトなどで多くみられました。
コインチェックは他の国内仮想通貨取引所にはないアルトコインが多いので、その分多くの仮想通貨に分散投資して利益を狙うことが可能です。

アルトコインとは

ビットコイン以外の、仮想通貨のことを総称してアルトコインと言います。
イーサリアムやライトコインなどもアルトコインの一種です。

具体例を上げると、「モナコイン」や「リスク」そして「ハクト」など他の国内仮想通貨取引所にはない仮想通貨が購入可能です。
様々な種類の仮想通貨を購入できると、その分値段が急上昇する仮想通貨に投資できる確立も上がるので大きなメリットになります。

コインチェックの悪い評判

コインチェックのセキュリティが心配という口コミが多いのが現状です。
理由としては過去に、580億円相当の仮想通貨流失を起こしたのが原因になrます。
現在も流失させた犯人がつかまっておらず、仮想通貨流失の事件は、ビットコインの時価総額にも大きな影響をあたえました。
仮想通貨流失による不安は、多くの人の印象に残る事件で、コインチェックの印象を悪くしているのです。

事件後のコインチェックの対応

セキュリティの強化に加えて、流失被害を受けた利用者への、資金の返金を行い事態は終息。
不正ログインの被害に対する、補償制度なども完備され、以前よりも運営状況は改善しまています。

コインチェックのメリット

コインチェックのメリットを紹介していきます。

メリット
  • 日本円で仮想通貨を購入できる
  • 仮想通貨の保有で金利が貰える
  • ビットコインの手数料は無料

日本円で仮想通貨を購入できる

日本円が使えるのはコインチェックのメリットの1つです。
海外仮想通貨取引所の場合は、日本円で仮想通貨の購入はできません。
一方で、コインチェックは国内仮想通貨取引所なので、日本円で仮想通貨が購入できます。
日本円を使って好みの仮想通貨を購入することができるので、日本で仮想通貨を購入する場合は、両替の負担が要らないのでスムーズに仮想通貨を購入可能です。

仮想通貨の保有で金利が貰える

仮想通貨を長期的に保有していると、金利のように、仮想通貨が貰えるサービスを受けることが可能です。
コインチェックは。「ステーキングサービス」といって、預けた仮想通貨の数パーセント分の仮想通貨を貰えるサービスを展開しています。

ステーキングサービス

仮想通貨を預けて、取引所がそれを貸し付けることで、その利息として仮想通貨を貰えるサービスです。
100万円の仮想通貨を預けるとその仮想通貨に対して年間数%の仮想通貨が利息として貰えます。

100万円のビットコインを預けることで、年間1万円(全体の1%分)の仮想通貨が貰えるので、仮想通貨を長期的に保有する資産としている場合に、便利なサービスです。

ビットコインの手数料は無料

コインチェックはビットコイン取引所の手数料のみ、無料に設定されています。
ビットコインの手数料は無料なので、手数料を気にせず購入することが可能です。
主流の仮想通貨であるビットコインの購入に、手数料がかからないのは大きなメリットになります。
国内仮想通貨取引所で、手数料なしでビットコインを購入したい場合は、コインチェックを選べばOKです。

コインチェックのデメリット

コインチェックのデメリットに関して紹介していきます。
デメリットを知っておくことで、利用する際に不便に感じるポイントを事前に知ることが可能です。
コインチェックの知っておくべきデメリットは以下の3つになります。

デメリット
  • 過去にハッキングを受けている
  • アルトコインの購入は取引所のみ
  • スプレッドが高い

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

過去にハッキングを受けている

過去にハッキングを受けたことがあるという、大きなデメリットがあります。
コインチェックは過去に、ハッカーの攻撃によって580億円分のネムを流失させました。
ハッカーによって世界中にばらまかれてしまい、犯人はつかまっていません。

事件後のコインチェックの対応

セキュリティの強化に加えて、流失被害を受けた利用者への、資金の返金を行い事態は終息。
不正ログインの被害に対する、補償制度なども完備され、以前よりも運営状況は改善しまています。

アルトコインの購入は取引所のみ

アルトコインの購入は取引所のみでしか行うことができません。
仮想通貨の購入には取引所と販売所の2つの種類があり、コインチェックにアルトコインの販売所の機能は搭載されていないのです。

取引所と販売所の違い

仮想通貨取の取引所と販売所の違いがいあり、それぞれ、以下の通りです。

  • 取引所=すでに仮想通貨を持っている個人同士で売買する場所
  • 販売所=予め決まった価格で取引所から仮想通貨を購入できる場所

取引所は、ユーザー関で売買をすることができる一方で、まとめ買いには不向きです。
一方で、販売所はまとめて仮想通貨を購入しやすい判明価格は高く設定されています。

取引に少し時間がかかるので、まとめて数百万円分の仮想通貨を購入したい場合には不便と言えます。

スプレッドが高い

仮想通貨の購入に必要なスプレッド(手数料)が高いが高く設定されています。
取引手数料に加えて、入出金にも手数料がかかるので、その分の出費が増えるのです。
コインチェックの送金手数料や、スプレッドのイメージは以下の通りになります。

コインチェックの送金手数料
  • コンビニ入金3万円分未満=770円
  • コンビニ入金3万円以上=1018円
  • BTC送金=0.001BTC
  • アルトコイン送金=0,001~0,5

コインチェックのスプレッド幅は以下の通りです。

コインチェックのスプレッド幅
  • BTC=1.1%
  • ETH=1.6%
  • ETC=2.5%
  • XRP=0.9%
  • XEM=1.8%
  • LTC=1.9%
  • LISK=1.6%
  • FCT=1.9%
  • MONA=1.1%
  • XLM=1.3%

コインチェックの現在のセキュリティ状況

デメリットを紹介する際に、コインチェックは仮想通貨流失を起こした過去を伝えました。
では、コインチェックの現在のセキュリティ状況はどうなのでしょうか。
ここからは、コインチェックの現在のセキュリティ状況に関して紹介していきます。

コインチェックのセキュリティ状況
  • コインチェックは二段階認証がある
  • コインチェックはコールドウォレットを採用
  • 不正ログインに対する資金補償

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

コインチェックは二段階認証がある

コインチェックは二段階認証を採用しています。
二段階認証を採用することで、本人以外の人が不正ログインする確立が減らすことが可能です。

二段階認証とは

パスワードの他に一次パスワードも使って、二回のパスワード入力が必要なログインのこと。
登録したメールアドレスにとどいた一次パスワードを使うので、他社に1つ目のパスワードを知られてもログインされる心配はありません。

パスワードの他に一次パスワードを使ってログインする必要があるので、二段階認証は有効的なセキュリテ対策になります。

コインチェックはコールドウォレットを採用

コインチェックはコールドウォレットによる保管もしています。

コールドウォレットとは

オフラインで仮想通貨を保管できる、特殊な装置を使った仮想通貨の保管方法。
ハッキングでオンラインからの攻撃を受ける心配の無い、安全性の高い保管方法です。

オフラインで保管することで、ハッキングによる流失を制限可能。
特別な容器に、仮想通貨やアルトコインを保管して流失を防いでいるので、仮想通貨が全て流失するなどの致命的な被害を下げることができます。

不正ログインに対する資金補償

不正ログインや仮想通貨の流失に対する補償が、コインチェックにはあります。
100万円までの保証が設定されていて、仮に盗まれても0円になることはありません。
150万円流失した場合でも、100万円は補償でしっかりと戻ってくるので、自分の保有する全ての仮想通貨が無くなる心配はありません。
注意点としては、補償が100万円までなので、仮想通貨を長期的に保有する場合は、流失対策として100万円以内の投資にとどめるのが大切です。

値動きに疲れたら映画でリラックス
U-NEXT

仮想通貨市場はボラティリティが高くてチャートが乱降下して精神的に疲労しますよね。

メンタルヘルスなくしてトレード成果を上げるのは難しいです。

そんな時はU-NEXTで映画でも観てリラックスしましょう。

大人の楽しい動画も見放題なので、ちょっとした息抜きにどうぞ。

31日間無料トライアル

1日1ポチの協力お願いします!