仮想通貨

【ビットトレント/BTT】今後、2020年の予想と注目度を解説!

今回は仮想通貨BitTorrentについて解説していきます。
購入できる取引所から、開発目的や特徴・仕組み・今後の需要・2020年の価格予想などわかりやすく解説します!

仮想通貨BitTorrent(BTT)とは?

ヤコブ
ヤコブ
仮想通貨BitTorrentの基本的な情報を10秒でわかるように解説します。

仮想通貨名BitTorrent
ひとこと解説ファイル共有ソフト会社ビットトレントが開発した独自トークン
発行枚数212,116,500,000枚
初期の1枚あたりの価格約0.052534円
最高値約0.193210円(2019年5月ごろ)
特徴
  1. ビットトレント社が開発し現在はトロン財団に買収される
  2. ファイル共有サービスや動画共有サービスなど独自サービスに特化
  3. 将来はファイルストレージサービスも展開予定
日本の取引所
  • なし(残念ながら現時点で国内取引業者はありません)
海外取引所
  • Binance
  • OKEX
  • Houbi
今後の有望度

仮想通貨BitTorrentの特徴・仕組みは?

通常の仮想通貨とは一線を画しているのが、今回の「BitTorrent」です。

そもそも、ファイル共有ソフト「BitTorrent」を開発した米サンフランシスコのソフトウェア会社「ビットトレント」が、分散型のサービスとして開発したトークンです。

現在はトロン財団に買収されている

現在はいくつもの仮想通貨の購入で有名なトロン財団に買収されましたが、技術や可能性についてはまったく問題がありません。

「BitTorrent」の特長としては、ファイル共有とダウンロード共有でこれがインターネットにおける役目を変えると期待されています。

バックボーンのビジネスが強力

一見すると仮想通貨と関係なく思えますが、何しろファイル共有ソフト「BitTorrent」からの根強いファンが世界中にいるので、その数は1億人以上とも言われています。これだけの後押しがあれば、注目度も俄然高く、2019年1月にはたった18分で500億BTT(約8億円)の資金調達を達成したほどです。

今後の需要や期待という点では、仮想通貨の代表であるビットコインやイーサリアムの次に位置するレベルではないでしょうか?

チャート的には相場全体が近年は軟調で下落傾向なので、そのあおりからピーク時の半分以下となっていますが、1億人以上の後押しがあると考えると、何かの要因一つで再び上昇する可能性を秘めているのは間違いありません。

ビットトレントの今後の価格推移の予想

現在は0.03円付近での推移ですが、2020年には倍の0.06円程度までは上がる予想がされ、これが早い段階で達成されればその後の急騰も十分あります。方向性が他の仮想通貨と違うので、そこを嫌気する人もいますが、特徴という点では抜きん出ているのは確かなので、良くも悪くも要注目の仮想通貨です。

値動きに疲れたら映画でリラックス
U-NEXT

仮想通貨市場はボラティリティが高くてチャートが乱降下して精神的に疲労しますよね。

メンタルヘルスなくしてトレード成果を上げるのは難しいです。

そんな時はU-NEXTで映画でも観てリラックスしましょう。

大人の楽しい動画も見放題なので、ちょっとした息抜きにどうぞ。

31日間無料トライアル

1日1ポチの協力お願いします!