仮想通貨

Binanceで購入できるおすすめ草コイン

悩み事
悩み事
一攫千金狙いたい!!
そもそも草コインってなに?
Binance(バイナンス)で購入できるおすすめ草コインは?
ヤコブ
ヤコブ
こんな悩みを持ってこのページを見ているならぜひ最後まで読んでください。

ここでは実際に僕が3年前から仮想通貨を購入し、バイナンスを利用し得た知識、稼いだという経験をもとにBinance(バイナンス)で購入できるおすすめ草コイン をテーマに詳しく解説していきます。

解説ポイント
  • 草コインとは
  • Binance(バイナンス)で購入できるおすすめの草コイン

これらについて詳しく解説します。
草コインとは何なのか、Binance(バイナンス)で購入できるおすすめの草コイン、などについて少しでも興味のある方は把握しておいて絶対損のない情報ばかりになっているので必見です!!

草コインとは

仮想通貨と言えば、ビットコインを思い浮かべるかもしれませんが、仮想通貨の中には草コインと呼ばれるものがあります。

一般的にビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言い、さらには草コインと呼ばれる仮想通貨も存在するのです。

では以下で、草コインについて深堀りし、メリット、購入時のポイントなどを解説していきたいと思います。

草コイン
  • 草コインの詳細
  • メリット
  • 購入時のポイント

詳しく解説していきますね。

草コインの詳細

仮想通貨の中に草コインと呼ばれる通貨が存在することは説明しました。

ではなぜ草コインと呼ばれているのでしょうか。

世界には知名度が低く取引はされていますが、安定していない仮想通貨が山ほどあり、取引の量があまりにも少なく、世間にまだあまり知られていない仮想通貨のことを草コインと呼びます。

また1通貨あたりの価格が安いのも特徴的です。

笑いを意味する「w」が草に見えること、そして笑ってしまうほど無名な仮想通貨ということから草コインという名が生まれました。

英語では「Shit coin」クソコインと呼ばれることもあります。

どちらも良い意味ではないのですが、ではなぜ草コインが注目されているのでしょうか。

草コインのメリット

価格の急騰する可能性がある

草コインの一番のメリット、魅力は短期間で価格が高騰する可能性があるということです。

流通量が少なく、保有している人が少ないために、SNSで話題になれば短期間での価格の変動が期待されます。

また大手取引所への上場などが決まったとなると、価格が値上がりかなり期待されます。

過去にも、価格が急騰した草コインが存在します。

エクスペリエンスポイント(XP)と呼ばれるコインが2017年年末から2018年年始にかけて1000倍を超える値上がりを見せました。

例えば、急騰前にXPコインを1万円分購入していると、急騰中にうまく売れば1千万円以上の利益を得ていたということです。

実際にこれがきっかけで億り人(億単位で稼いだ人)になった方も存在します。

多種類の通貨を保有することが出来る

価格が安いのも草コインの特徴の1つです。

価格が安いために、いくつもの種類の草コインを購入することが出来ます。

多種類の通貨を保有することによって、分散投機を可能とし、リスクの低減効果に繋がり、リターンの確率も高く発生するといえるでしょう。

草コイン購入時のポイント

分散投機

草コインの購入目的として、ほとんどの方が投機目的だと考えられます。

1発急騰する草コインを当てれたらな、急騰しそうだなという考えで、草コインを購入する方もいるでしょう。

むしろそのような方がほとんどだと思います。

そのような方は、1つの草コインに限られた資産を使うのではなく、できるだけ複数の草コインに限られた資産を使うことをおすすめします。
集中投機ではなく、分散投機ですね。

動きが活発な草コインを選ぶ

草コインを選ぶ際に、取引所でどれくらい流動性があるかどうかも重要になります。

流動性とは、どれだけ取引きが行われているかどうかを指します。

流動性が低いとなると取引所がその草コインの取り扱いを終了する恐れもあります。

そのためコミュニティーが活発で、できるだけ流動性の低くない草コインを選ぶことを心がけましょう。

Binance(バイナンス)おすすめ草コイン

ここからはBinance(バイナンス)で購入することが出来るおすすめ草コインを紹介していきます。

Polymath(ポリマス)

Polymathは、セキュリティートークンを利用した資金調達である、STO(※1)を行うためのプラットフォーム構築を目的としたプロジェクトです。

ICO(※2)に対する規制がますます厳しくなっていますが、そんななか国の法律条件を満たしたSTOは、投資家が十分に保護されており、さらに流動性の低い金融商品に流動性を与えるなど、今後期待されています。

ICOによる詐欺コインの増加が問題になっている以上、仮想通貨の規制が強まっていくと予想されていて、そうなったときに、STOトークンが主力となりPolymathのプラットフォームを利用する企業などが増加するでしょう。

このようなこともありPolymathは現在、かなり注目を浴びている草コインです。
※1「STO」
“セキュリティートークンオファリングの略語、主に株式などの証券(セキュリティ)をブロックチェーン上でトークンとして発行することでICOに代わる新しい資金調達方法のこと”

※2「ICO」
“イニシャルコインオファリングの略語で企業がプロフェクト遂行のために仮想通貨を使用して行う資金調達のこと”

Golem(ゴーレム)

GolemはCPUパワーのレンタルプラットフォームです。

ユーザは現在使っているパソコンの、余っているCPUパワーを有料でレンタルすることが出来ます。

Golemは世界中のPCをP2Pネットワークで結び、それぞれのPCの余力をかき集めて仮想のスーパーコンピュータを作り出すことを目指しています。

このプロジェクトが成功すれば、個人がスーパーコンピュータを持っているかのような状態にすることが可能なので、わざわざ高性能のPCを保有する必要がなくなります。

Golemのシステムの開発が完了し実用化されると、価格が急騰すると期待されています。

ICON(アイコン)

ICONは韓国を拠点とし、より発展した分散型社会を目指そうとしている分散型プラットフォームプロジェクトです。

独自のブロックチェーン「loopchain」を使って、医療、証券市場、金融などの様々な分野を一つのプラットフォームで繋げ、バラバラだったそれぞれの分野の契約や取引を、とても簡単に行うことが出来ます。

韓国版のイーサリアムと呼ばれ、期待されています。

まとめ

この記事から分かること
  • 草コインとは
  • 草コインのメリット
  • Binance(バイナンス)で購入できるおすすめ草コイン

ここまで読んでいただいた方なら、草コインとは何なのか、Binance(バイナンス)で購入できるおすすめ草コインについての情報を得たと思います。

またそれぞれの草コインにも作られた目的や特徴などがありますので、周りがこの草コインが有望だと言っているから購入するだけでなく、その草コインの役割、何のために作られたのか把握したうえで、購入することをおすすめします。

投資・投機をするうえで、自分で情報収集し急騰しそうな草コインを予測することも必須だと考えていた方が良いでしょう。

値動きに疲れたら映画でリラックス
U-NEXT

仮想通貨市場はボラティリティが高くてチャートが乱降下して精神的に疲労しますよね。

メンタルヘルスなくしてトレード成果を上げるのは難しいです。

そんな時はU-NEXTで映画でも観てリラックスしましょう。

大人の楽しい動画も見放題なので、ちょっとした息抜きにどうぞ。

31日間無料トライアル

1日1ポチの協力お願いします!
今年ガチコリ稼げるおすすめ副業17選と稼ぐコツをまとめて解説!
おすすめ副業一覧
ガチコリ稼ぎやすい副業と稼ぎ方を公開!
おすすめの副業はコチラ